Motorsports photo #4 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #4

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]


「10月サーキット撮影-FUJI FILMで撮る-」


前回のサーキット撮影から2ヶ月たち、久しぶりに富士スピードウェイに行ってまいりました。
今回の撮影は「WEC世界耐久選手権 第4戦富士6時間レース」。予選から雨が降るコンディションということもあり、レインカバーをカメラに装着し機材を保護しながら撮影しておりました。
今回のレースは世界選手権ということもあり、海外から観戦に来ている方が多く、加えてピットやパドックエリアも普段のレースの雰囲気とは違い、海上コンテナがずらりと並び、とても新鮮でした。
レース結果としてはトヨタ7号車が今季初優勝。2位にはトヨタ8号車と続きワン・ツーフィニッシュとなり母国レースで最高の結果となりました。

さてさて、今回の撮影機材は「FUJIFILM X-H1にXF100-400mm・XF1.4X TC」になります。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/100)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/125)

今回はテレコンバーターを使用しましたが、そこまでAFも迷わずに撮影できました。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/60)

連写で撮影するのではなく、シングル撮影をしてみました。これもまた楽しい。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/320)

少しシャッタースピードを早くして撮影してみました。ピタッと止まっている写真もたまにはいいかもしれません。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)

サーキットでFUJIFILMを使用するのは初めてでした。第一印象は「コンパクトで軽い」機動力抜群でした。
様々な撮影ポイントに動き回る際に、この軽さは武器になります。
周りで撮影されている方たちは、「バシャバシャ」といい音を鳴らしている中、無音で撮っていると、本当に撮れているのか不安でしたが、その感覚を味わえるのもミラーレスカメラの楽しさなのかもしれません。
実は筆者、今回の撮影ではNikonの機材も使用し撮影してきております。話題のミラーレスカメラ「Z7」を使用したものもありますので、後日公開できればと思います。それまでしばらくお待ちください!


↓使用した機材です↓










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

X-Pro2 +ズームレンズ 【FUJIFILM】X-Pro2 +ズームレンズで動物を撮る 2019年02月16日
X-Pro2にズームレンズは邪道だと言われるかもしれませんが、今回3本のズームレンズで街中にいる動物を撮ってきました。 使用したレンズはこちらの3本です。 「フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」 「フジノン XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS」 「フジノン XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」 まずは「フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS」から。 非常に軽く、個人的には一番使用するレンズです。 自宅近くで綺麗な野良猫を発見。 こちらを警戒しつつも、やはりお腹が空いているの...
続きを読む
【ATOMOS】FUJIFILM X-T3でF-Log・10bit外部収録を試す 【ATOMOS】FUJIFILM X-T3でF-Log・10bit外部収録を試す 2019年02月11日
今回はATOMOS 「NINJA FLAME」とFUJIFILM 「X-T3」を使い動画の外部収録テストを行いました。 使用機材:FUJIFILM X-T3+XF16-55mm F2.8 R LM WR/ATOMOS NINJA FLAME 撮影設定:4:2:2 10bit ProRes HQ F-Logでの収録自体は前モデル「X-T2」「X-H1」でも対応していましたが、8bitではどうしても階調表現に限界があり、今回10bit記録に対応した事でよりLog収録を活用しやすい環境が整いました。 ~撮影~ 4KやLOG収録が浸透し、映像撮影では多機能モニターは必需品となっています。 この分野には様々...
続きを読む
【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで 【FUJIFILM】X100とちょっとそこまで 2019年02月04日
FUJIFILM X100が発売されたのが、2011年3月のことでした。APS-Cサイズのセンサーと35mmF2相当のレンズ。そしてハイブリットビューファインダーを搭載したクラシカルなデザインは人々を魅了しました。 今ではX100S・X100T・X100Fとそのデザインとコンセプトを活かしながら世代を重ねて、多くの人に愛されるカメラとなっております。 今回は、初代X100を持って江の島まで行ってきました。登場から約8年。デジカメとしては古い世代となりますが、まだまだ、現役のカメラです。 新宿駅から1時間と少し...
続きを読む
GFX50S×GF45F28 【FUJIFILM】GFXでスナップ撮影 2018年12月16日
F8 1/125秒 ISO100 GFX50SにGF45mm F2.8 R WRを付けて京急線の新子安から子安の区間を撮影しました。 F8 1/80秒 ISO100 露出補正-0.7 新子安駅に着く直前、車内から線路脇にある寺院を見つけ早速来た道を戻る事にしました。 燈籠、踏み切り、門という見慣れない光景に思わず撮影しました。 参道を電車が横切るなんて珍しい場所でした。 F2.8 1/680秒 ISO100 露出補正-0.7 中判カメラの開放とはいかほどのものか試してみたく燈籠を撮影しました。 ピント面の緻密な描写とアウト...
続きを読む
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す 【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 2018年12月03日
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す  “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。 しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]