Motorsports photo #4 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #4

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]


「10月サーキット撮影-FUJI FILMで撮る-」


前回のサーキット撮影から2ヶ月たち、久しぶりに富士スピードウェイに行ってまいりました。
今回の撮影は「WEC世界耐久選手権 第4戦富士6時間レース」。予選から雨が降るコンディションということもあり、レインカバーをカメラに装着し機材を保護しながら撮影しておりました。
今回のレースは世界選手権ということもあり、海外から観戦に来ている方が多く、加えてピットやパドックエリアも普段のレースの雰囲気とは違い、海上コンテナがずらりと並び、とても新鮮でした。
レース結果としてはトヨタ7号車が今季初優勝。2位にはトヨタ8号車と続きワン・ツーフィニッシュとなり母国レースで最高の結果となりました。

さてさて、今回の撮影機材は「FUJIFILM X-H1にXF100-400mm・XF1.4X TC」になります。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/100)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/125)

今回はテレコンバーターを使用しましたが、そこまでAFも迷わずに撮影できました。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/60)

連写で撮影するのではなく、シングル撮影をしてみました。これもまた楽しい。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/320)

少しシャッタースピードを早くして撮影してみました。ピタッと止まっている写真もたまにはいいかもしれません。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)

サーキットでFUJIFILMを使用するのは初めてでした。第一印象は「コンパクトで軽い」機動力抜群でした。
様々な撮影ポイントに動き回る際に、この軽さは武器になります。
周りで撮影されている方たちは、「バシャバシャ」といい音を鳴らしている中、無音で撮っていると、本当に撮れているのか不安でしたが、その感覚を味わえるのもミラーレスカメラの楽しさなのかもしれません。
実は筆者、今回の撮影ではNikonの機材も使用し撮影してきております。話題のミラーレスカメラ「Z7」を使用したものもありますので、後日公開できればと思います。それまでしばらくお待ちください!


↓使用した機材です↓










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す 【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 2018年12月03日
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す  “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。 しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 2018年11月22日
レンズ・周辺機器について 50R向けとして50mmの薄型単焦点レンズをPhotokina2018で開発発表されておりましたが、50R 用にグリップや外付けのファインダーといった趣味性の高いアクセサリー類の登場・開発などは今後あるのでしょうか? 構想には上がったのですが、今のところはございません。 グリップは、あればよりしっか...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 2018年11月22日
中判センサーの優位性について フルサイズ機でも4000万画素といった高画素モデルが出てきている中、中判5000万画素の有利な点はどういったところでしょうか? 仮に同じ画素数でも、一見して画質が違うと思います。ただ、そ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 2018年11月22日
センサー開発について 今回の50Rは50Sをより外に持ち出しやすく組み替えたというコンセプトだと伺いました。開発の際にはセンサーを新規で開発するといった考えはあったのでしょうか? 基本的にはありませんでした。その最大の理由はやはりコストです。 50S はレンズ性能・画質含めて「やっぱりフルサイズと比べてもワンラン...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 1 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 1 2018年11月22日
富士フイルムより、35mmフルサイズの約1.7倍の大型センサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラの2機種目『GFX 50R』が登場しました。プロ向けの中判システムを前提に開発された『GFX 50S』に対し、『GFX 50R』は往年の『GW690』のようなレンジファインダースタイルを採用し、より小型で軽量化な中判デジタル機に仕上げてきました。今回は開発担当者へ『GFX 50R』の魅力や開発の経緯などを伺って来ました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]