【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月21日 10時00分]



COOLPIX P1000の"3000mm"の世界


2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現
したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。

重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト
を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した
P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。

このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった
(並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』のすべての性能を凌駕し、
欠点を言えば重くてデカいというぐらいなのですが、実際に触ってみると
やはり進化が実感できます。とくに感動を覚えたのは電子ビューファインダー
でP900のころに比べるとずいぶんと見やすくなり、使い勝手もよくなりました。
そしてP1000といえば公式で題材にもしていた月です。最初に撮るのはこれだろう
ということで今回はお月様を撮ってきました。

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界

昨月中は雨や曇り続きで十五夜の9月24日に撮影したかったのですが、
結局雲が晴れて撮れたのは9月27日でした。
そんなわけで完全な満月ではありませんでしたが、綺麗なお月様が
撮れました。
なお、上の焦点距離は2400mmで、光学最大望遠の3000mmで撮影した
場合は下記のように上下が切れてしまいました。

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界


さすがにこの超望遠だとわずかでも動く星を追うのは大変なので三脚は
あった方がスムーズに撮影ができると思います。
さらに電子ズームで拡大するとクレーターの詳細もハッキリと見えて
きます。

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界


月の撮影以外にも山登りで望遠鏡代わりに遠くの光景を眺めたりするの
にも利用している人がいると聞きますし、動物撮影も下記のように相当
離れた距離からでもドアップで映すことが可能です。

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界


どうでしょうか。P1000ならば、私のように普段あまり撮影する機会もない
人間でも今まで撮ったことのない世界をフレームに収めることも可能です。
この感動は実際使ってみればすぐさま実感できるでしょう。

土星の輪っかなどの撮影も可能だそうで、次に晴れて夜空が見えた時には
挑戦してみようかなと思います。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月21日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Z 24-70mm f/2.8S 【Nikon】新標準ズームで日常にスパイス 2019年05月08日
スパイス11 皐月になって、すっかり日も延びてきました。 めまぐるしく過ぎていく季節の中で、様々なカメラ機材が新たに登場しています。 本日ご紹介するNikon Z 24-70mm f/2.8Sも、4月19日に発売したばかりの新製品です。 すべてが新しい待望の「標準ズーム」 Nikonの誇るF2.8通しのズームレンズライン、いわゆる大三元。 その中でも24-70mmという焦点距離は、様々な撮影にまず必要なもっともポピュラーなレンズと言って差し支えありません。 従来からプロが現場で多用する同レンズは...
続きを読む
D850と荒川起点 【新元号令和、平成を振り返る】D850と荒川起点 2019年04月26日
もうすっかり暖かくなり、 カメラを持ち撮影に出かけるには良い季節になりました。 さて平成がそろそろ終わろうとしています。 私がカメラに興味を持ち、初めて手にしたデジタル一眼レフカメラは Nikon D810でした。 平成26年に発売の高画素フルサイズ機です。 D850は平成29年登場。 4575万画素というさらなる高画素化と連射性能等、スペックがアップしています。 ニコン初のフルサイズカメラD3が発売されたのが平成19年。 振り返ってみると、この10年ほどで飛躍的な進化を遂げました。 D700が発...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 2019年04月14日
平成を振り返るシリーズ。 今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。 50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。 広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。 今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操...
続きを読む
Nikon S3 【新元号令和、平成を振り返る】レンジファインダーニコンで日常にスパイス【Nikon】 2019年04月03日
スパイス10 気が付けば、平成という時代もカウントダウンを迎えています。 同時に春の訪れも、往々にして、気がついた頃にはもうすぐ傍に感じるものです。 今年も今年とて、あっという間に春の景色が広がり始めました。 さて、春は新しい出会いへの期待や、別れへの不安など、様々な感情が交差する季節。 同時に、新しいことへの挑戦の可能性も秘めています。 十人十色の春の始まりですが、一つ、これから何かを始めようとする方へ、ささやかな提案です。 「平成の最後に、S型ニコン、始...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]