【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿 Live Freak その2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿 Live Freak その2

[ Category:Leica|掲載日時:2018年10月30日 10時30分]

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

90mm F4 1/125秒 ISO8000
皆様こんにちは!Leica SL(Typ601)で撮るライブブログです。
昨年はPENTAXで撮っていましたが、今年はライカのレンズでライブを撮ってみたいという欲が出てきました。
そんな訳でライカの機材を使い始めたのがきっかけの本ブログ。
ライカと言えばM型というイメージが強いですが、動き回る被写体をレンジファインダーで撮れる気は全くしなかったので、
ファインダーが見やすいLeica SL(Typ601)を使い始めました。
最初は大きくてそれなりに重いなぁ…と思っていました。
それが今ではすっかり手に馴染んできて良い感じです。

さて、前回のブログで載せなかった別バンドの写真を公開!
合計6バンド出演でそれぞれ熱いライブでした!!

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

90mm F2 1/125秒 ISO6400
ドラムは大体奥に居るので距離感がほかの楽器と違うのもポイントですが、照明が中々当たらない…。
薄暗い中で照明が来た時に撮らないといけないので意外と難しいのです。
写真を撮る側からすると、スティックと顔が被ったらカッコ悪いなとか
ギターなどと違って動き回ることはないですが、気にする部分が多いパートです。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

90mm F4 1/125秒 ISO8000
タトゥーが印象的なベーシスト。激しいプレイで動き回ってたので追い掛け回すのが楽しかったです。
せっかく動いていたので、シャッタースピードをあえて落としてブレを出して撮っても良かったなと思います。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

90mm F2 1/125秒 ISO250
肌が白飛びしそうかなと思って露出補正をマイナスに振っていたのでISO感度は低くなりました。
大所帯のバンドで迫力ある演奏でした。声もパフォーマンスもパワフル!

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

90mm F2 1/125秒 ISO8000
逆光でパシャリ。バッチリ決まってます。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

90mm F2 1/125秒 ISO4000
横から照明が射してコントラストがクッキリ。
ダンディさが際立つような渋い感じに。結構お気に入りです。

音に身を委ねつつ、その「瞬間」を切り取るのがライブ写真の楽しいところです。
音に身を委ねていると、聞いたことがない曲でも何となくキメどころも分かるので写真が撮りやすいです。
音楽が好きで写真も好きなので自分に合ってるなと思って楽しくやっています。

今後ともLeica SL(Typ601)を相棒に色々撮りたいと思います。










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年10月30日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む
【Leica】M3と江の島散歩 【Leica】M3と江の島散歩 2018年11月12日
とある日の午後。新宿とは反対側の列車に乗り、たどりついたのは小田急線片瀬江ノ島駅。 今日の散歩のお供はライカM3ダブルストロークと沈胴ズミクロン。 レンズを引き出し準備を整えると潮の匂いを感じながら歩き始めた。 竜宮城をイメージした駅舎を背にして江の島方面に進んでいく。弁天橋を渡りながら横を見るとカヌーが一艘上流に向かってのんびりと進んでいった。 秋の東浜ビーチはぽかぽかとした気持ちがいい風が吹いている。砂浜ではカップルが海を見つめたり、子供たちがビ...
続きを読む
【Leica】秋祭りを撮る 【Leica】秋祭りを撮る 2018年11月06日
秋といえば何が思い浮かぶでしょうか? 読書?運動?はたまた食欲? 色々と思考を巡らせるのですが、毎年私の頭の片隅に必ずいるのが「お祭り」です。 お祭りというと夏のイメージが強いですが、地域によっては秋に行われているお祭りもあり 今回撮影に行ってきた「川越まつり」も秋に行われるお祭りです。 機材はLeica M10にAPO-Summicron 75mm F2 ASPH. CarlZeissのDistagon T* 35mm F1.4 ZMという組み合わせで臨みました。 それではどうぞ。 Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM ...
続きを読む
M9-P×ズミクロン M50mm F2 沈胴 【Leica】M9片手に夜の商店街を歩く。 2018年11月02日
友人との約束の時間より1時間も早く着いてしまったので、 M9にズミクロン M50mm F2沈胴を付け夜の商店街を撮影することに。 M9は高感度耐性が弱くISO400まで上げるとノイズが気になるのでモノクロで撮影しました。 ノイズのざらつきがかえって粒子のように感じられました。 テーラーショップの店先で1枚。 ライティングされ艶っぽいモノクロのトーンが印象的な仕上がりになりました。 昼も夜も関係なくつい路地に魅かれてしまうのは私だけでしょうか。 夜のスナップ撮影...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]