【Canon】フィッシュアイを楽しむ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】フィッシュアイを楽しむ

[ Category:Canon|掲載日時:2018年10月25日 10時30分]



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

はじめてのフィッシュアイレンズ。
広大な風景だったり、動物の顔のアップだったり、迫力のある画やおもしろい演出をしてくれるのが印象深い特殊なレンズです。
当然の如く、ぐわんと歪むので癖の強さに慣れるまで時間が掛かりそうだなあ、と感じながらも使うのを楽しみにしていました。
さっそく秋桜を撮りに行くと、そこの一帯はだいぶ摘まれたあとで、わたしが想像していた華やかな印象とは違い、すこしノスタルジックな雰囲気に包まれていました。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:200



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/6400秒 ISO:160

フレアやゴースト耐性に強いレンズなので、空の方角にカメラを向けて撮影をしても、高いレベルで補正されているのがわかります。
解像力とコントラストの高さがモニター越しでも伝わってきて、撮影がとても気持ちよかったです。
影の部分もしっかりと締まっていて、このレンズの表現力の高さを感じました。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/8000秒 ISO:2500

ちょうど太陽の光が程よく差し込む時間帯でした。
木々が聳え立つ空間の足元には、松ぼっくりがたくさん転がっています。
すこし離れたところにはきのこも生えていて、なんとなく秋の匂いを感じます。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/800秒 ISO:160

夕方のような雰囲気ですが、このときはまだ午後2~3時ごろ。
周辺の光量落ちが、写真に雰囲気を演出してくれます。
人どおりが少ない、平日の昼間。この時期の涼しい空気感が好きです。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/8000秒 ISO:160

このフィッシュアイレンズは1本で円周魚眼から対角魚眼までカバーできます。(APH-C/Hは対角魚眼に対応しています)
ここまでは対角魚眼で撮影したものです。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:8mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/8000秒 ISO:160

こちらは円周魚眼で撮影してます。
中央部分だけ丸く切り抜かれたような画になります。
カメラを真上に向けて空を撮影すると、360°周辺が写りこみ、地球のような画が撮れたりもします。
方向によっては自分の腕や足なんかが写りこんでしまったりもして、最初は驚きと難しさを感じましたが、
それ以上に自分の視界では絶対に見られない光景をファインダー越しに覗けることに、ただ感動してしまいました。

とても魅力に溢れたフィッシュアイの世界でした。


▼今回撮影した機材はこちら▼









▼本日発売!話題のフルサイズミラーレスカメラはこちら▼
今回ご紹介したフィッシュアイレンズも、専用のマウントアダプターを介してご使用いただけます。



【EOS R SYSTEM誕生キャンペーン】

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:Canon|掲載日時:2018年10月25日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]