【Canon】足繁く | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】足繁く

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月01日 00時00分]


足繁く。
意味:たびたび行くさま。頻繁に。

誰しも馴染みのある道や場所があると思いますが
引っ越しをしてからここ数年、
私が足繁く通っている場所がここです。
(年間パスポートを買った年もありました、、)

さすがに行き過ぎて最近は足が遠くなっていましたが
改まった視点で写真におさめたいなと思い行ってきました。

この場所を簡単に説明するならば古民家から明治の建物まで網羅した
写真好きな方なら一度は行って損はないスポットです。
知名度は確実に上がっていて、平日でも人が多くなりました。


さて今回の使用機材は Canon EF35mm F1.4L II USM
何度も何度も素晴らしい素晴らしいと言っていたのですが
今回たっぷり撮ってきました。やっぱりこのレンズは楽しいです。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


ここには建物が沢山あるのですが
「窓」がどれも好きです。
今回は陽の差し込み具合が良かったのでこれを。
網目にかかる光が綺麗です。
写真に集中していると、何撮ってるんですか?と聞かれることがありますが
「窓です、、」と我に返るあの瞬間はとてもいたたれまれなくなります。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


当時はいまほど照明の技術が発達していません。
だからこそ陽の光を取り込むことには一層気をつけていたのだと思います。
勿論どの建物も選りすぐりの建物ばかりですが
差し込んでくる光が美しいものばかりです。
ちなみにこの写真の主役はコンセントのスイッチです。
えぇ、至って真剣です。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


蛇口。です。
特にこれといった感想はないのでなぜこの写真を撮ったのかを。
ここで撮影機材の話になるのですが、今回使用した35mm
このレンズ、例えて言うなら
「何か」を感じて撮ったら自分のイメージの「二段階くらい良い写り」を見せてくれるレンズだと思っています。
つまり写真を撮りたくさせるレンズ。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


東京都。
東を抜いたら京都。
これは当時のバスなのですが、ここを撮ろうと思うと少し歩幅が狭いです。
普段もう少し長い焦点距離を持って歩いているので新鮮な撮影スポット。
「準広角」は撮影の幅が広がります。
しかしはたしてこれはアピールになっているのでしょうか。
「東京都を京都に出来る絶妙な画角」のコピーのほうが惹かれるでしょうか。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


ヤカンの立体感とか質感に感動する、って人生で何回あるでしょうか。
でも写真を撮っていると実は結構あるんです。
そう考えると写真って素晴らしいです。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


きっとこの言葉は言ってはならない言葉なんだと思います。
でも私は言いたいです。
「プロみたい、、」
この写真はシャッターを切る前からとても良く撮れる予感がありました。
それくらい信頼に足るレンズだと思っております。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


「プロみたい」と思ったと同時に
写真が上手い人は皆このレンズのように見えているのではないかと思いました。
つまり、前に言った「二段階くらい良い写り」ですね
その眼の経験を得ることが出来るのは大きなメリットではないでしょうか。

良いレンズ、という概念は好みもあり曖昧です。
ただ、自分の想像を超えてくれる。
それは間違いなく「良いレンズ」だと思います。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


この日の撮影はとても楽しかったです。
今私の焦点距離別ベスト35mmカテゴリーはこのレンズで決まりです。
もし価格の事が頭をよぎったら
それは自分への投資、、、そう思いましょう。

↓今回使用した機材はコチラ↓











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月01日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 2019年02月17日
2月14日、キヤノンよりフルサイズミラーレス一眼「EOS R システム」用の交換レンズ"RFレンズ"6本の開発が発表されました。 EFマウントと同じ内径54mmの大口径マウントとショートバックフォーカスという特長を活かし、高画質・ハイスペック・コンパクトのさらなる追求を図っているというRFレンズ。今からその登場が楽しみで仕方ありません。 ■ 根強い人気の大三元レンズ RF15-35mm F2.8 L IS USM RF24-70mm F2.8 L IS USM RF70-200mm F2.8 L IS USM ズーム全域で開放F値2.8の...
続きを読む
【Canon】EOS R&RF 50mm F1.2L USM 【Canon】EOS R&RF 50mm F1.2L USM 2019年02月14日
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM 焦点距離:50mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 気が付けば今年もあっという間にもう2月。 買い物へ行けば売られている洋服ももう春物が中心となっていて、もうすぐ冬も終わるんだなと感じさせられます。とは言ってもまだまだ寒い日が続いています。 今回はEOS RとRF 50mm F1.2L USMを使用する機会があったので写真とともにご紹介いたします。   Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM 焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/60秒 ...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.05 【Canon】R Playing vol.05 2019年02月07日
f/2.8 シャッタースピード 1/2000 焦点距離 200mm ISO感度 100 今回は望遠レンズの定番中の定番 「EF70-200mm F2.8」の最新型「EF70-200mm F2.8L IS III USM」です。 レンズ構成:19群23枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:1.2m(最大撮影倍率:0.21※200mm時) フィルター径:77mm  重量:約1,480g 特殊コーティング「ASC」でフレアやゴーストを大幅に抑制。 逆光だけでなくさまざまな撮影環境下で高画質を実現。 このブログはまずは手に入れやすいレンズと組み合わせていこうと思っ...
続きを読む
JA773J 【Canon】EOS Rと「ヨンニッパ」 2019年01月28日
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM 400mm | F8.0 | 1/1250 | ISO320 EOS R と「ヨンニッパ」 人気のキヤノン EOS R、これまでいくつかの記事を書いてきましたが、 今回は純正の超望遠レンズとの組み合わせを試したいと思い、「EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM」を選びました。 通称「ヨンニッパ」で親しまれている同レンズですが、 IS3型が発売された今、IS2型の価格が下がってきたことから、おすすめのアイテムです。 以前所有していた事があって、久しぶりに手にした「ヨンニッパ...
続きを読む
Canon EOS Kiss X7 【Canon】ボケとキラリ 2019年01月27日
約5年前に見た目重視で新品で手に入れた『Canon EOS Kiss X7』色はホワイト。 一眼レフカメラは黒いボディのイメージだったので、白くて小さいこのカメラに一目ぼれをし、手に入れました。 それまで、写真といえば学生の頃に常に持ち歩いていた使い捨てカメラや、スマホのカメラなどシャッターを押すだけの撮影方法しかしていないため、せっかくの一眼レフなのに引き続きカメラ任せの【シーンインテリジェントオート】のみでの撮影ばかり。 とてもきれいにその時に最適な方法で撮影をしてくれ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]