【Canon】足繁く | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】足繁く

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月01日 00時00分]


足繁く。
意味:たびたび行くさま。頻繁に。

誰しも馴染みのある道や場所があると思いますが
引っ越しをしてからここ数年、
私が足繁く通っている場所がここです。
(年間パスポートを買った年もありました、、)

さすがに行き過ぎて最近は足が遠くなっていましたが
改まった視点で写真におさめたいなと思い行ってきました。

この場所を簡単に説明するならば古民家から明治の建物まで網羅した
写真好きな方なら一度は行って損はないスポットです。
知名度は確実に上がっていて、平日でも人が多くなりました。


さて今回の使用機材は Canon EF35mm F1.4L II USM
何度も何度も素晴らしい素晴らしいと言っていたのですが
今回たっぷり撮ってきました。やっぱりこのレンズは楽しいです。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


ここには建物が沢山あるのですが
「窓」がどれも好きです。
今回は陽の差し込み具合が良かったのでこれを。
網目にかかる光が綺麗です。
写真に集中していると、何撮ってるんですか?と聞かれることがありますが
「窓です、、」と我に返るあの瞬間はとてもいたたれまれなくなります。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


当時はいまほど照明の技術が発達していません。
だからこそ陽の光を取り込むことには一層気をつけていたのだと思います。
勿論どの建物も選りすぐりの建物ばかりですが
差し込んでくる光が美しいものばかりです。
ちなみにこの写真の主役はコンセントのスイッチです。
えぇ、至って真剣です。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


蛇口。です。
特にこれといった感想はないのでなぜこの写真を撮ったのかを。
ここで撮影機材の話になるのですが、今回使用した35mm
このレンズ、例えて言うなら
「何か」を感じて撮ったら自分のイメージの「二段階くらい良い写り」を見せてくれるレンズだと思っています。
つまり写真を撮りたくさせるレンズ。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


東京都。
東を抜いたら京都。
これは当時のバスなのですが、ここを撮ろうと思うと少し歩幅が狭いです。
普段もう少し長い焦点距離を持って歩いているので新鮮な撮影スポット。
「準広角」は撮影の幅が広がります。
しかしはたしてこれはアピールになっているのでしょうか。
「東京都を京都に出来る絶妙な画角」のコピーのほうが惹かれるでしょうか。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


ヤカンの立体感とか質感に感動する、って人生で何回あるでしょうか。
でも写真を撮っていると実は結構あるんです。
そう考えると写真って素晴らしいです。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


きっとこの言葉は言ってはならない言葉なんだと思います。
でも私は言いたいです。
「プロみたい、、」
この写真はシャッターを切る前からとても良く撮れる予感がありました。
それくらい信頼に足るレンズだと思っております。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


「プロみたい」と思ったと同時に
写真が上手い人は皆このレンズのように見えているのではないかと思いました。
つまり、前に言った「二段階くらい良い写り」ですね
その眼の経験を得ることが出来るのは大きなメリットではないでしょうか。

良いレンズ、という概念は好みもあり曖昧です。
ただ、自分の想像を超えてくれる。
それは間違いなく「良いレンズ」だと思います。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


この日の撮影はとても楽しかったです。
今私の焦点距離別ベスト35mmカテゴリーはこのレンズで決まりです。
もし価格の事が頭をよぎったら
それは自分への投資、、、そう思いましょう。

↓今回使用した機材はコチラ↓











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月01日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】R Playing  vol.02 【Canon】R Playing vol.02 2018年12月13日
という訳で晴れた日の撮影。 と言っても、陽がすでに落ち始め、、 秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。 さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」 どちらも本当に良いレンズです。 一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。 このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。 Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。 線が細く、丁寧な描写をします。 基本的に解像が良くなれば良くなる...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.01 【Canon】R Playing vol.01 2018年12月13日
みなさま写真、楽しんでますか。 とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。 Canonからも待望の EOS R が発売されました。 今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。 Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。 調整したのはほぼ「明るさ」のみ。 ピクチャースタイルは「ディテール重視」 EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。 撮って楽しい、撮った後も楽しい。 こちらは曇天。 枯葉で地面が埋まるこ...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む
【Canon】Kiss Mとウォーキング 【Canon】Kiss Mとウォーキング。 2018年11月23日
夏もあっという間に終わり、段々と秋らしくなってきました。 一番好きな季節です。 今回は秋といえば、食欲、運動、読書の秋ということで、ウォーキングをしに隣町まで。 今日のお供は 【Canon (キヤノン) EOS Kiss M ダブルレンズキット】 軽くて使いやすいカメラです。 歩いているとかわいいお花たちが咲いていました。 コスモスも秋を感じます。 この日は天気も良く、ウォーキングをしていてとても気持ち良い気温でした。 歩き疲れたので少し休憩してこの日は帰...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]