【Canon】足繁く | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】足繁く

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月01日 00時00分]


足繁く。
意味:たびたび行くさま。頻繁に。

誰しも馴染みのある道や場所があると思いますが
引っ越しをしてからここ数年、
私が足繁く通っている場所がここです。
(年間パスポートを買った年もありました、、)

さすがに行き過ぎて最近は足が遠くなっていましたが
改まった視点で写真におさめたいなと思い行ってきました。

この場所を簡単に説明するならば古民家から明治の建物まで網羅した
写真好きな方なら一度は行って損はないスポットです。
知名度は確実に上がっていて、平日でも人が多くなりました。


さて今回の使用機材は Canon EF35mm F1.4L II USM
何度も何度も素晴らしい素晴らしいと言っていたのですが
今回たっぷり撮ってきました。やっぱりこのレンズは楽しいです。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


ここには建物が沢山あるのですが
「窓」がどれも好きです。
今回は陽の差し込み具合が良かったのでこれを。
網目にかかる光が綺麗です。
写真に集中していると、何撮ってるんですか?と聞かれることがありますが
「窓です、、」と我に返るあの瞬間はとてもいたたれまれなくなります。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


当時はいまほど照明の技術が発達していません。
だからこそ陽の光を取り込むことには一層気をつけていたのだと思います。
勿論どの建物も選りすぐりの建物ばかりですが
差し込んでくる光が美しいものばかりです。
ちなみにこの写真の主役はコンセントのスイッチです。
えぇ、至って真剣です。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


蛇口。です。
特にこれといった感想はないのでなぜこの写真を撮ったのかを。
ここで撮影機材の話になるのですが、今回使用した35mm
このレンズ、例えて言うなら
「何か」を感じて撮ったら自分のイメージの「二段階くらい良い写り」を見せてくれるレンズだと思っています。
つまり写真を撮りたくさせるレンズ。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


東京都。
東を抜いたら京都。
これは当時のバスなのですが、ここを撮ろうと思うと少し歩幅が狭いです。
普段もう少し長い焦点距離を持って歩いているので新鮮な撮影スポット。
「準広角」は撮影の幅が広がります。
しかしはたしてこれはアピールになっているのでしょうか。
「東京都を京都に出来る絶妙な画角」のコピーのほうが惹かれるでしょうか。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


ヤカンの立体感とか質感に感動する、って人生で何回あるでしょうか。
でも写真を撮っていると実は結構あるんです。
そう考えると写真って素晴らしいです。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


きっとこの言葉は言ってはならない言葉なんだと思います。
でも私は言いたいです。
「プロみたい、、」
この写真はシャッターを切る前からとても良く撮れる予感がありました。
それくらい信頼に足るレンズだと思っております。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


「プロみたい」と思ったと同時に
写真が上手い人は皆このレンズのように見えているのではないかと思いました。
つまり、前に言った「二段階くらい良い写り」ですね
その眼の経験を得ることが出来るのは大きなメリットではないでしょうか。

良いレンズ、という概念は好みもあり曖昧です。
ただ、自分の想像を超えてくれる。
それは間違いなく「良いレンズ」だと思います。

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm F1.4L II USM


この日の撮影はとても楽しかったです。
今私の焦点距離別ベスト35mmカテゴリーはこのレンズで決まりです。
もし価格の事が頭をよぎったら
それは自分への投資、、、そう思いましょう。

↓今回使用した機材はコチラ↓











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月01日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]