【Nikon】新次元のZ7 to 魅惑の35mm ~ ニコンの伝統と未来 ~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】新次元のZ7 to 魅惑の35mm ~ ニコンの伝統と未来 ~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月31日 20時30分]



Nikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S



【D850譲りの高画質 新次元のZ7】

ついに「ニコンZ7」を使うことが出来たので、その魅力をお伝えしたいと思います。
4,575万画素FXフォーマット裏面照射型CMOSセンサーの描写力には本当に驚かされます。
写りはさすがニコン!発色や濃度感などはD850とほとんど変わらず濃厚です。


Nikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S



Nikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S



【D850譲りの高感度 新次元のZ7】

高画素ながらISO 25600までを常用感度として使用できるのは裏面照射型センサーの恩恵です。
薄暗い路地でもざらざらとしたノイズがとても少ない印象で、
D850よりややシャープネスがZ 7の方がいいようにも感じられます。

Z 7はボディ内手ブレ補正も搭載しているため、むやみに感度を上げる必要はないですが、
シャッタースピードを下げなければいけない場面などでは積極的に高感度を使っていきたいと感じました。



Nikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S



ボディサイズは薄くコンパクト、大きすぎず小さすぎない扱いやすいサイズで、
グリップは深くてしっかりしてるので安定して構えられます。

ファインダーはすごく大きくて、EVFでありがちなハイコントラストでギラギラした感じがないので、非常にナチュラルで見やすいです。
カメラらしい操作系や質感を重視したニコンらしいミラーレス一眼に仕上がっています。



Nikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S


Nikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S



まさしくニコンの本気度が伝わるカメラの誕生であり、ミラーレス一眼へのシフトがこれで加速する予感がします。
ニコンの伝統と未来を感じる優れたミラーレスカメラZ7からしばらく目が離せません。

手に持ち、シャッターを切り、描き出される写真を見れば納得です。
Z7が小ささだけを追い求めたカメラではなく、写真を本気で楽しむために誕生したカメラだということが体感できました。
この素晴らしいカメラを皆様の手に!そして素晴らしいフォトライフを新次元のZ7でお楽しみください。



▼Z7徹底使用レポート▼


▼先取・下取交換なら買取見積り額15%UP▼


▼今回使用したNikon Z7 ボディ+Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 Sはコチラ▼






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月31日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR 【Nikon】桜の季節が来る前に 2019年02月13日
桜の季節が来る前に 2月、まだまだ冷え込む日々が続きます。 白い吹雪ではなく桜色の吹雪が待ち遠しい今日この頃です。 さて2月というのは 「寒桜」が見ごろを迎え始める季節でもあります。 そろそろ寒桜が見ごろを迎えるかと思っていたある日の朝、 その日は雪が降った日でした。 「雪桜」 そんな言葉が頭に浮かんだ私は、 Nikon D500と70-200mm F2.8 FL VRだけを持ち、 都内某所に向かいました。 たったこれだけの機材に絞ったのは、 手持ちの中で最も防塵・防滴へ...
続きを読む
D810で撮る旧岩崎邸 【Nikon】D810で撮る旧岩崎邸 2019年02月10日
年が明けたと思ったら、あっという間に2月。 急に写真が撮りたくなり、 前から気になっていた「旧岩崎邸」撮影してきました。 惚れ惚れするようなクリーム色の洋館。 さっそく中へ入ります。 この建物は明治29年に三菱第3社長の本宅として造られたもので、 往時は1万5千坪の土地があったそうです。 建物の造形美に惹きつけられ思わずシャッターを切ります。 次は和館へ。 洋館だからといって全てを洋風にするのではなく、 日本の心も取り入れる、という点に日本人らしさを...
続きを読む
D850 AF-S60mmF2.8G 【Nikon】Nikonの話~マイクロレンズと実効F値の話 2019年02月06日
以前よりNikon Fマウントの話をしておりますがその流れでレンズのF値に関して それもマイクロ(マクロ)レンズに関しての話を掲載していきたいと思います 今回も内容的にはNikon Fマウント初心者の方向けのものとしたいので なるべく簡易にかるーく紹介してみたいと思います まず絞りの値(F値)の基本に軽く触れてみます 現在、一般の絞り値はF1に始まり1段階絞ると露光量が半分になる国際絞りというものが採用されています つまりこんな感じ ちなみに人間の目のF値は約1.0とい...
続きを読む
アクセサリー雑感 〜マウントアダプター編〜 アクセサリー雑感 -マウントアダプター編 Vol.2- 2019年01月30日
2019年もあっという間に1ヶ月が過ぎようとしております。 寒さも一段と厳しくなり体調管理も気をつけたいところであります。 さてさて、前回のアクセサリー雑感を投稿したのが、1年ほど前... そのブログでは電子接点付きマウントアダプター、Commlite CM-ENF-E1 PROに関して書かせていただきました。 今回のアクセサリー雑感もマウントアダプター編になります。 今回の組み合わせはNikon Z7にLeica エルマー L35mm F3.5となります。 ライカMレンズをニコンZボディに取り付けられるアダプターにラ...
続きを読む
【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い 【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い 2019年01月26日
今回は「Nikon COOLPIX P1000」で撮影してみました。 発表された時から、「3000mm相当という未知の望遠域の世界はどんなものか」と気になっていました。 鏡筒部分のズームレバーの隣の「クイックバックズームボタン」を押すと、いったんワイド側に引き下がり、元の焦点距離まで再度ズームアップしてくれます。 画角が極端に狭いため、被写体を探すのにかなり役立ちました。 手振れ補正の効果は非常に強く、頼もしく感じました。通常、超望遠レンズの領域は三脚が必須となりますが、 地面に膝を付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]