【CONTAX】理想の50mm | THE MAP TIMES 
Select Language



【CONTAX】理想の50mm

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月04日 23時59分]





カメラ好きの間で語られるヤシコン(CONTAX)プラナーの評判の良さ。3~40年前の当時は最高性能と評された“標準レンズの帝王”ですが、近年はミラーレス機とアダプターの組み合わせで使用出来る事から、今もなお人気の高いレンズです。
そんなメジャー級のオールドレンズ『CONTAX Planar 50mm F1.4』。数年前に私も友人から借りて使用したことがあったのですが、その時は「普通に良く写る」くらいの感想しか持たず、「帝王とか言ってるけど、似たような構成のレンズは世界中にゴマンとある」など、少し斜め上から見ていました。まぁ、今思うと若さというやつです。少し知識を身につけると、全部分かった気になっていたという。







そんな私が半年ほど前、衝動的に『CONTAX Planar 50mm F1.4』を買ってしましました。
なぜかというと、ずっと理想の50mmレンズを探す旅をしていまして、「ヤシコンPlanarを一度ちゃんと使ってみよう」と思ったのが発端です。
そんな時に安価な初期のAE玉に出会ってしまい、気付いたらポチッとしていました。中古は全て一点もの。これも出会いでしょう。

『CONTAX Planar 50mm F1.4』にはAEとMMという2種類のレンズが存在します。ざっくり言うと、AEは1975年〜作られたレンズで、絞りが“手裏剣ボケ”と呼ばれる特殊な形をしています。次に登場したMMは1985年〜。絞りの形状がより真円に近く、PモードやAvモードに対応しているレンズです。まぁ、アダプターで使う場合でしたら絞り形状の違いが大きなポイントと言えます。







このレンズの開放で撮った一枚。写真を見た瞬間に「当たり玉だ!」と喜びました。柔らかな描写の中にある、確かなピントの芯。シリアルが581万番台から始まった『CONTAX Planar 50mm F1.4』は初期のレンズに凄い当たり玉があるという都市伝説があります。恐らくは当時の品質に多少のムラがあったためだと思いますが、オールドレンズファンの中には自分好みの描写を見つけるために何本も同じレンズ購入するツワモノも居ます。かく言う私も、その都市伝説を信じて初期玉を探していたのですが、この582万番台は私好みの描写でした。







子供の成長記録写真がメインになった私にとって、F1.4開放から使えるオールドレンズは非常にありがたいです。オールドレンズは開放のクセが強い個体も多いですから。かと言ってクセなく良く写る最新AFレンズはあまり好みではない性分。ワガママな大人に育ってしまいました。







マニュアルレンズの良いところはピントが合ってなくてもシャッターが切れること。変な事を言ってますが、シャッターのタイミングをカメラに依存したくないのです。自分がシャッターを切りたい時に切れる。ピンボケでもいい写真は沢山あると思っています。







3~40年前のレンズですが少し絞ればしっかりした色乗りとコントラストを見せてくれます。そういう所は流石ツァイス、そして旧富岡光学の技術の高さと言えるでしょう。
しかし、子供達が寝間着姿で変な格好なのが少し気になります…。







『CONTAX Planar 50mm F1.4』AE初期玉のウィークポイントは逆光にすこぶる弱いこと。もう息子が神々しいくらいの光に包まれています。AE初期玉はレンズ内の反射防止塗装が無いのに加え、T*コーティングと言っても当時のマルチコートですから逆光耐性の限界は低いです。
とはいえ、このフレア・ゴーストも本レンズの魅了の一つ。オールドレンズの面白さです。







この時はちょうどいいフレアの効果を見つけるために絞りとカメラの角度を微妙に変えながら撮影をしました。いい感じのフワッと加減です。







「これはこのレンズじゃないと撮れない」と感じた一枚。ふわりと被るフレアと程よい解像感。そしてキラキラした光のボケ味。やっとこのレンズの旨味を出せた写真が撮れたと思いました。今まで数えきれないくらい息子の写真を撮ってきましたが、これはお気に入りの一枚です。







約半年間使用してきて銘玉と言われる理由が分かった気がします。順光では色乗りの良さと高コントラストで立体感のある表現を得意としつつ、開放付近でたまに見せる奇跡的な光の拾い方。おそらく逆光に弱いが故に起きたフレアによるものですが、時折想像以上の写真を生み出してくれます。オールドレンズとしては使いやすく、現代のレンズと比べるとクセがある絶妙なポジションなのも◎。優秀だけど面白みのあるレンズです。まだまだ興味のある50mmはたくさんありますが、しばらくはこの『CONTAX Planar 50mm F1.4』で落ち着きそうです











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月04日 23時59分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]