【PENTAX】続・K-1と行く養老渓谷 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【PENTAX】続・K-1と行く養老渓谷 | THE MAP TIMES
Select Language

【PENTAX】続・K-1と行く養老渓谷

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2018年11月11日 14時00分]
PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


皆様こんにちは!
先日の「K-1と行く養老渓谷」の続きです。
2日目は朝早くに宿を出て、ハイキングコースと登山コースを行くハードスケジュール!
普段は遅起きでインドア派な私もやるときはやるんです。
きれいに晴れてくれたので、赤い葉っぱと青空のコントラストに期待大です。
機材は前回と同じくPENTAX K-1HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
そしてCarl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZKです。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


快晴で日差しが強く、パープルフリンジ(輪郭が紫になる現象)が目立ちますがご容赦を…。
まずはちょっとしたハイキングコースを散策。コースを1周すると約2時間くらいだったかと思います。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK


きれいな紅葉を発見したので85mmに変えてパシャリ!
日の差し方もいい感じです。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


養老渓谷に来ると毎回撮っている「弘文洞跡」です。
道を外れて川の方に降りてパシャリ。
防塵・防滴なので「汚れたら、水をかぶったらどうしよう」などと機材を気にすることなく、アクティブに動けます。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


簡単なハイキングコースを終えて、次は今回の目的であった「梅ヶ瀬渓谷」です。
普段から山登りをしていれば大したことないのかもしれませんが、片道3時間は私にとってはハード。
特に道らしい道はなく、何となく歩けるところを歩いて奥に進む感じです。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


地層がクッキリとして見事です。
自然の芸術です。全く詳しくないので語れませんが。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR

へとへとになって最奥までたどり着いた結果がこれです。
木に葉っぱが1枚も付いていません!
地面は見事な紅葉の絨毯ですが、目当ての大木が…何という事でしょうか。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


「行き止まり」の看板に何だか心を折られたような気分になりつつ
自然は人間の思うようにはいかないということを改めて思い知ったのでした。
ここから帰りも3時間かけて戻るのですが、普段何もしていないもやしっ子なので体がバキバキです。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK


やっとの思いで駅前までたどり着き、また例のわんこにバイバイを言って養老渓谷を出たのでした。
電車に乗る前に駅の足湯に浸かって疲れを癒しつつ帰りました。

今年の紅葉はいつが見ごろでしょうか。もう少しだけ楽しみに待ちたいと思います。







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2018年11月11日 14時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む