【PENTAX】続・K-1と行く養老渓谷 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】続・K-1と行く養老渓谷

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年11月11日 14時00分]

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


皆様こんにちは!
先日の「K-1と行く養老渓谷」の続きです。
2日目は朝早くに宿を出て、ハイキングコースと登山コースを行くハードスケジュール!
普段は遅起きでインドア派な私もやるときはやるんです。
きれいに晴れてくれたので、赤い葉っぱと青空のコントラストに期待大です。
機材は前回と同じくPENTAX K-1HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
そしてCarl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZKです。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


快晴で日差しが強く、パープルフリンジ(輪郭が紫になる現象)が目立ちますがご容赦を…。
まずはちょっとしたハイキングコースを散策。コースを1周すると約2時間くらいだったかと思います。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK


きれいな紅葉を発見したので85mmに変えてパシャリ!
日の差し方もいい感じです。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


養老渓谷に来ると毎回撮っている「弘文洞跡」です。
道を外れて川の方に降りてパシャリ。
防塵・防滴なので「汚れたら、水をかぶったらどうしよう」などと機材を気にすることなく、アクティブに動けます。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


簡単なハイキングコースを終えて、次は今回の目的であった「梅ヶ瀬渓谷」です。
普段から山登りをしていれば大したことないのかもしれませんが、片道3時間は私にとってはハード。
特に道らしい道はなく、何となく歩けるところを歩いて奥に進む感じです。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


地層がクッキリとして見事です。
自然の芸術です。全く詳しくないので語れませんが。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR

へとへとになって最奥までたどり着いた結果がこれです。
木に葉っぱが1枚も付いていません!
地面は見事な紅葉の絨毯ですが、目当ての大木が…何という事でしょうか。

PENTAX K-1 + HD D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR


「行き止まり」の看板に何だか心を折られたような気分になりつつ
自然は人間の思うようにはいかないということを改めて思い知ったのでした。
ここから帰りも3時間かけて戻るのですが、普段何もしていないもやしっ子なので体がバキバキです。

PENTAX K-1 + Carl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK


やっとの思いで駅前までたどり着き、また例のわんこにバイバイを言って養老渓谷を出たのでした。
電車に乗る前に駅の足湯に浸かって疲れを癒しつつ帰りました。

今年の紅葉はいつが見ごろでしょうか。もう少しだけ楽しみに待ちたいと思います。







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年11月11日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]