【Canon】EOS Rと新しい35mm | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】EOS Rと新しい35mm

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月17日 23時00分]





南房総市富浦にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F5.6 | 1/320 | ISO100

EOS Rと新しい35mm




キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」の発売から、はや2ヶ月。
11月15日に「RF35mm F1.8 マクロ IS STM」が発売になりました。
「RF35mm F1.8 マクロ IS STM」は最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影が行えるスナップ撮影向きのレンズです。
小型軽量かつ最短撮影距離17cmということもあってテーブルフォトにも最適です。
今回はその「RF35mm F1.8 マクロ IS STM」を携えて撮影に出かけました。


南房総市富浦にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F5.6 | 1/800 | ISO100


穏やかに晴れた冬の日、海を求めて房総半島の南房総市へ足を運びました。
筆者は昔から35mmの単焦点レンズが好みなので、この画角を覗くと安心感があります。


南房総市富浦にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F5.6 | 1/640 | ISO100


旅先では車も立派な被写体。黒系色の車は表現をするのが難しいです。
しかしながら黒系色のボディは磨くと鏡面さながらの美しさで綺麗な映り込みを得られます。
35mm、車両と風景を絡めて撮るのに最適で、
ファインダーの先には普段より凛々しい表情のMercedes-AMG C43 4MATICがいました。


館山市見物にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F5.6 | 1/640 | ISO100


房総半島は冬季でも暖かく過ごしやすい気候です。海を眺めたい時によく訪れるお気に入りポイントです。
平日か、休日も早朝であれば道路が空いていてアクセスも良好でお勧めです。
このあと漁協直営の地魚料理が楽しめる、知る人ぞ知る「おさかな倶楽部」にて昼食を頂いて帰路へつきました。


港区六本木にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F1.8 | 1/40 | ISO100


日を改め、テーブルフォトにも挑戦しました。最短撮影距離0.17mを誇るこのレンズは、
椅子で仰け反ることなくこのような画を撮影する事が可能です。
また、鏡筒が短い為、人目を気にすることなく料理の撮影が楽しめます。


港区六本木にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F2.0 | 1/50 | ISO100


更に被写体に寄ってみます。解像度良好です。


中央区銀座にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F5.6 | 1/200 | ISO100


強力な手振れ補正機構をもつレンズと軽量な「EOS R」との組み合わせで、
手持ちの多重露光も楽々こなし、それなりの仕上がりになります。三脚が使えない状況でも嬉しいです。


中央区銀座にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F1.8 | 1/6 | ISO250


開放時のボケ味は周辺部まで良好です。口径食は発生するものの、
ミラーボックスを持つ従来の一眼レフに比べそれが大きくケラレる(米粒の様に端が欠ける)事はありません。
筆者の体験ではいくつかのRFレンズで同じ結果を得られたので、
後玉が大きくフランジバックの短いRFレンズとEOS Rの組み合わせは総じて光学性能が素晴らしいと言えます。
詮ずるところ、ミラーレスカメラはサイズ感や軽量化だけでなく、この様な優位性があると、筆者は思います。
※キヤノン EOS5D MarkⅣ比 比較時使用レンズはEF35mm F2 IS USM


渋谷区猿楽町にて
Canon EOS R + RF35mm F1.8 マクロ IS STM
35mm | F2.0 | 1/125 | ISO200


数日間に渡り「RF35mm F1.8 マクロ IS STM」を使い、
EOS Rとの組み合わせで素晴らしい描写力を持っているという印象を受けました。
「RF50mm F1.2L USM」は高いけれど、このレンズは価格、サイズ感、描写力も申し分なく、普段から携行したいレンズです。
これからEOS Rでシステムを組む予定の方には中核的存在のレンズになるのではないでしょうか。




▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月17日 23時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]