【Leica】秋祭りを撮る | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】秋祭りを撮る

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月06日 16時30分]



秋といえば何が思い浮かぶでしょうか?
読書?運動?はたまた食欲?
色々と思考を巡らせるのですが、毎年私の頭の片隅に必ずいるのが「お祭り」です。

お祭りというと夏のイメージが強いですが、地域によっては秋に行われているお祭りもあり
今回撮影に行ってきた「川越まつり」も秋に行われるお祭りです。

機材はLeica M10にAPO-Summicron 75mm F2 ASPH.
CarlZeissのDistagon T* 35mm F1.4 ZMという組み合わせで臨みました。

それではどうぞ。


Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM

というわけでまずは一枚。
Summilux 35mm F1.4 ASPH(FLE)も素晴らしいと思うのですが、
私は35mmと言われればコシナツァイスのDistagon T* 35mm F1.4 ZMを挙げます。
非常にキレのある描写で、中距離での立体感がたまりません。
この写りをシャドウの豊かなLeicaのトーンで使えるという点がある意味ズルい組み合わせだなと思います。

Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)
Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)

アポズミクロンの方は50mmかそれ以外かで描写の傾向が異なるように感じます。
75mm/90mmに関してもトーンの出方やボケのなだらかさは50mmに近しいものを持っているのですが
解像に関してはカリカリというわけではなく、細かい線を描きつつもどこか柔らかい印象です。


Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM

せっかくなのでお祭りのご紹介も。2日間に渡って行われ、街中にはなんと20台近い山車が練り歩きます!
昼間から出店も多く出て街がより一層賑やかになりますが、なんといっても夜に行われる「ひっかわせ」が最大のイベントでしょう。

nLeica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

さて「ひっかわせ」とはなんなのか?という話をするにあたって重要なのが練り歩いている山車なのですが
この山車を各町内ごとに持ち、その山車の最上段には1体ずつ人形(御神像)が備わっていて、山車を移動式の神座と見立てています。

Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)
Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)

練り歩く山車と山車が対面した時に御神像が向き合う形となり、互いに囃し立てる事で山車と囃子の勝負の場としているそうです。
町同士で対抗意識を燃やしていて、お囃子という形式で上の写真でも行燈を掲げてやいのやいのしています。

Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

「くわっ!」と擬音が聞こえてきそうな瞬間を収められました。
良い表情ごちそうさまです。

Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

せっかくなのでお祭りが行われているメイン通りからは少し外れて菓子屋横丁という路地へ。
20件ほどの菓子屋が立ち並び、昼間は賑わいを魅せる通りも夜は静まり返っています。


Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

店の引き戸越しに一枚。
少しガラスが曇っていたのでしょうか、いい塩梅のフレアも相まってどこかノスタルジーな雰囲気になりました。

Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM


Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

そしてまた祭りの夜へ繰り出します。
まだまだ宴は終わりませんが、今回はこの辺りで。


今回お求めはコチラから








mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月06日 16時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]