【Leica】秋祭りを撮る | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】秋祭りを撮る

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月06日 16時30分]



秋といえば何が思い浮かぶでしょうか?
読書?運動?はたまた食欲?
色々と思考を巡らせるのですが、毎年私の頭の片隅に必ずいるのが「お祭り」です。

お祭りというと夏のイメージが強いですが、地域によっては秋に行われているお祭りもあり
今回撮影に行ってきた「川越まつり」も秋に行われるお祭りです。

機材はLeica M10にAPO-Summicron 75mm F2 ASPH.
CarlZeissのDistagon T* 35mm F1.4 ZMという組み合わせで臨みました。

それではどうぞ。


Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM

というわけでまずは一枚。
Summilux 35mm F1.4 ASPH(FLE)も素晴らしいと思うのですが、
私は35mmと言われればコシナツァイスのDistagon T* 35mm F1.4 ZMを挙げます。
非常にキレのある描写で、中距離での立体感がたまりません。
この写りをシャドウの豊かなLeicaのトーンで使えるという点がある意味ズルい組み合わせだなと思います。

Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)
Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)

アポズミクロンの方は50mmかそれ以外かで描写の傾向が異なるように感じます。
75mm/90mmに関してもトーンの出方やボケのなだらかさは50mmに近しいものを持っているのですが
解像に関してはカリカリというわけではなく、細かい線を描きつつもどこか柔らかい印象です。


Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM

せっかくなのでお祭りのご紹介も。2日間に渡って行われ、街中にはなんと20台近い山車が練り歩きます!
昼間から出店も多く出て街がより一層賑やかになりますが、なんといっても夜に行われる「ひっかわせ」が最大のイベントでしょう。

nLeica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

さて「ひっかわせ」とはなんなのか?という話をするにあたって重要なのが練り歩いている山車なのですが
この山車を各町内ごとに持ち、その山車の最上段には1体ずつ人形(御神像)が備わっていて、山車を移動式の神座と見立てています。

Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)
Leica M10+アポズミクロン M75mm F2.0 ASPH. (6bit)

練り歩く山車と山車が対面した時に御神像が向き合う形となり、互いに囃し立てる事で山車と囃子の勝負の場としているそうです。
町同士で対抗意識を燃やしていて、お囃子という形式で上の写真でも行燈を掲げてやいのやいのしています。

Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

「くわっ!」と擬音が聞こえてきそうな瞬間を収められました。
良い表情ごちそうさまです。

Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

せっかくなのでお祭りが行われているメイン通りからは少し外れて菓子屋横丁という路地へ。
20件ほどの菓子屋が立ち並び、昼間は賑わいを魅せる通りも夜は静まり返っています。


Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

店の引き戸越しに一枚。
少しガラスが曇っていたのでしょうか、いい塩梅のフレアも相まってどこかノスタルジーな雰囲気になりました。

Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM


Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM
Leica M10+Distagon T* 35mm F1.4 ZM

そしてまた祭りの夜へ繰り出します。
まだまだ宴は終わりませんが、今回はこの辺りで。


今回お求めはコチラから








mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月06日 16時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

虫撮りその2 【SONY】α77II 虫撮りその2 2018年12月15日
前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。 さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。 なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。 探したのです...
続きを読む
null ネガフィルム撮り比べしてみました 2018年12月14日
現在デジタルカメラが主流になっていますが、フィルムで撮るとデジタルとはかなり違った印象になります。 今回はいろいろなフィルムで撮影した写真をご紹介していきます。 ちなみに個人的にはいかにもフィルム、というような粒子感が好きです。 なおすべて現像と一緒にスキャンしてもらったため、自動補正が掛かっています。 Canon EF35mm F2 IS USM FUJICOLOR 100 Canon EF35mm F2 IS USM Kodak UltraMAX 400 Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8 ZF Kodak PORTRA160...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.02 【Canon】R Playing vol.02 2018年12月13日
という訳で晴れた日の撮影。 と言っても、陽がすでに落ち始め、、 秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。 さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」 どちらも本当に良いレンズです。 一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。 このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。 Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。 線が細く、丁寧な描写をします。 基本的に解像が良くなれば良くなる...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.01 【Canon】R Playing vol.01 2018年12月13日
みなさま写真、楽しんでますか。 とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。 Canonからも待望の EOS R が発売されました。 今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。 Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。 調整したのはほぼ「明るさ」のみ。 ピクチャースタイルは「ディテール重視」 EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。 撮って楽しい、撮った後も楽しい。 こちらは曇天。 枯葉で地面が埋まるこ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 8位 OLYMPU...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]