2018年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2018年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月13日 16時49分]






新品デジカメ10月ランキング
1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
4位 Canon EOS Kiss M ミラーレス一眼カメラ
5位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ
6位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
7位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO ミラーレス一眼カメラ
8位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ
9位 Nikon D5300 デジタル一眼レフカメラ
10位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ

Canon EOS R


今回のランキングの目玉は、何といっても10月25日発売の Canon EOS R。
先月の Nikon Z7 に続き、Canon 初のフルサイズ ミラーレス一眼カメラの登場です。
2位以下を大きく引き離して、というか、なんと2位 SONY α7III と3位 α7RIII を合計した台数を上回る販売台数で大勝。
しばらく息を潜めていたCanonファンの溜飲を下げる結果となりました。

EOS Kiss M も、前回初登場で上位を占めた Nikon Z7 や FUJIFILM X-T3 といった格上機種を抑えての4位と気を吐いています。

前回初登場の Z7 は、EOS R だけでなく、SONY フルサイズミラーレス勢の後塵をも拝することになってしまいました。
永年 SONY が築き上げてきた牙城を崩すのは、二大メーカー Nikon・Canon にとってもそうそう容易なことではないようです。
次回の EOS R の順位、そして 11月23日に発売が決まった Nikon Z6 の動向が早くも気になります。

そんなふうに、どうしても新製品の話題に目がいってしまうのは致し方ないところ。 とはいえ、気が付くと7位の Panasonic DC-G9 PRO まで全てミラーレス機です。
前回は6位まででした。 そうなると、Z6 の加わるであろう次回は…
時代の流れとはいえ、この頃一気に一眼レフ機からミラーレス機への世代交代が進んでいます。 その昔、フィルムカメラからデジタルカメラへの移行も経験した身としては、一抹の寂しさも感じてしまいます。

NikonもCanonも、しばらくはミラーレス機のシステム充実に力を注ぐでしょうし、PENTAXも…

フルサイズミラーレス機の覇権争いにワクワクしつつも、一眼レフの勢いが再び盛り返すような画期的な1台の登場にも期待してしまう今日この頃です。






中古デジカメ10月ランキング
1位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
2位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
4位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
5位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
6位 Nikon D810 デジタル一眼レフカメラ
7位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
8位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
9位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
10位 SONY α7RII ミラーレス一眼カメラ

SONY α7II


1位は1ヶ月で首位奪還の SONY α7II、2位に FUJIFILM X-T2 と 後継機の売れ行きが好調なミラーレス機2台がランクイン。

前回記録的ともいえる低迷ぶりを示してしまったNikonが、かなりの盛り返しを成し遂げました。
10位以内にミドルクラス以上を4機種と、前回の不振を帳消しにする勢いがあります。
それまで謎の存在であったNikonのフルサイズミラーレス機 Z7 が白日のもととなり、買い換えが増え中古在庫が豊富になったことが原因かと思われます。

となると、次回はCanonか… いずれにせよ、中古部門ではまだまだ一眼レフ機の人気は続きそうです。

今回、Nikonの勢いに押された感のあるCanonですが、ランク外まで見ると11位に EOS 6D Mark II、13位に EOS 6D、 19位に EOS 7D Mark II と、売れ筋はしっかり名を連ねています。

また、今回名前の挙がっていないOLYMPUSも12位 OM-D E-M5 Mark II、15位 OM-D E-M1 Mark II、17位 OM-D E-M1 とランキング常連組が控えています。

一眼以外の機種となると、20位以内では FUJIFILM X100F の1台のみ。
その昔フィルムカメラ全盛の頃は、紅葉シーズンが始まるとHASSELBLADなどの中判カメラが売れ行きを伸ばしていましたが、デジタル時代になっても、やはりこの時期は本格的なカメラで紅葉を撮影したいという方が多いようです。

皆様も、この機会にワンランク上のカメラをお求めになってみては?!




[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月13日 16時49分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]