2018年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2018年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月13日 16時49分]






新品デジカメ10月ランキング
1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
4位 Canon EOS Kiss M ミラーレス一眼カメラ
5位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ
6位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
7位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO ミラーレス一眼カメラ
8位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ
9位 Nikon D5300 デジタル一眼レフカメラ
10位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ

Canon EOS R


今回のランキングの目玉は、何といっても10月25日発売の Canon EOS R。
先月の Nikon Z7 に続き、Canon 初のフルサイズ ミラーレス一眼カメラの登場です。
2位以下を大きく引き離して、というか、なんと2位 SONY α7III と3位 α7RIII を合計した台数を上回る販売台数で大勝。
しばらく息を潜めていたCanonファンの溜飲を下げる結果となりました。

EOS Kiss M も、前回初登場で上位を占めた Nikon Z7 や FUJIFILM X-T3 といった格上機種を抑えての4位と気を吐いています。

前回初登場の Z7 は、EOS R だけでなく、SONY フルサイズミラーレス勢の後塵をも拝することになってしまいました。
永年 SONY が築き上げてきた牙城を崩すのは、二大メーカー Nikon・Canon にとってもそうそう容易なことではないようです。
次回の EOS R の順位、そして 11月23日に発売が決まった Nikon Z6 の動向が早くも気になります。

そんなふうに、どうしても新製品の話題に目がいってしまうのは致し方ないところ。 とはいえ、気が付くと7位の Panasonic DC-G9 PRO まで全てミラーレス機です。
前回は6位まででした。 そうなると、Z6 の加わるであろう次回は…
時代の流れとはいえ、この頃一気に一眼レフ機からミラーレス機への世代交代が進んでいます。 その昔、フィルムカメラからデジタルカメラへの移行も経験した身としては、一抹の寂しさも感じてしまいます。

NikonもCanonも、しばらくはミラーレス機のシステム充実に力を注ぐでしょうし、PENTAXも…

フルサイズミラーレス機の覇権争いにワクワクしつつも、一眼レフの勢いが再び盛り返すような画期的な1台の登場にも期待してしまう今日この頃です。






中古デジカメ10月ランキング
1位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
2位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
4位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
5位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
6位 Nikon D810 デジタル一眼レフカメラ
7位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
8位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
9位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
10位 SONY α7RII ミラーレス一眼カメラ

SONY α7II


1位は1ヶ月で首位奪還の SONY α7II、2位に FUJIFILM X-T2 と 後継機の売れ行きが好調なミラーレス機2台がランクイン。

前回記録的ともいえる低迷ぶりを示してしまったNikonが、かなりの盛り返しを成し遂げました。
10位以内にミドルクラス以上を4機種と、前回の不振を帳消しにする勢いがあります。
それまで謎の存在であったNikonのフルサイズミラーレス機 Z7 が白日のもととなり、買い換えが増え中古在庫が豊富になったことが原因かと思われます。

となると、次回はCanonか… いずれにせよ、中古部門ではまだまだ一眼レフ機の人気は続きそうです。

今回、Nikonの勢いに押された感のあるCanonですが、ランク外まで見ると11位に EOS 6D Mark II、13位に EOS 6D、 19位に EOS 7D Mark II と、売れ筋はしっかり名を連ねています。

また、今回名前の挙がっていないOLYMPUSも12位 OM-D E-M5 Mark II、15位 OM-D E-M1 Mark II、17位 OM-D E-M1 とランキング常連組が控えています。

一眼以外の機種となると、20位以内では FUJIFILM X100F の1台のみ。
その昔フィルムカメラ全盛の頃は、紅葉シーズンが始まるとHASSELBLADなどの中判カメラが売れ行きを伸ばしていましたが、デジタル時代になっても、やはりこの時期は本格的なカメラで紅葉を撮影したいという方が多いようです。

皆様も、この機会にワンランク上のカメラをお求めになってみては?!




[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月13日 16時49分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

南極観測船しらせ 【Nikon】一眼レフで社会科見学 2019年03月24日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D700 + AF-S 17-35mm F2.8D ED 翌年の東京五輪の準備が進み、東京湾周辺の景色にも変化が見られるようになったと聞きます。 そこで以前撮影した写真を見返してみると、ハードディスクの中から出てきたのは2011年夏に台場の船の科学館の展望台から撮影した写真でした。 初代南極観測船の「宗谷」や青函連絡船の「羊蹄丸」など、昭和に活躍した船たちを見ることができます。 8年前は「Nikon D700」を使っていた...
続きを読む
UTC-53 II AS 【Velbon】UTC-53 II AS 2019年03月23日
先月末に発売開始となったVelbon 『UTC-53 II AS』をご紹介いたします。 ベルボンのトラベラー三脚である「UTシリーズ」のUTC-63に次ぐカーボンファイバーモデル。 カーボンファイバー製ということで強度に優れているのはもちろんのこと、 本体の重さが約1.3kgと軽量で、脚部を反転し折りたたんだ際の長さは35cmと携帯性にも優れております。 【ウルトラロック機能】 脚部先端をひねるだけで、スピーディーに脚を広げられロックすることができ、設置からの撮影までスムーズに行えます。 収納も...
続きを読む
null 【Touch&Try The Mapcamera】Panasonic DC-S1 & S1R 2019年03月22日
遂にこの日がやってきました。 今最も注目を浴びていると言っても過言ではないしょう。 三社協同による「L」マウントのミラーレス一眼カメラ 「Panasonic DC-S1&S1R」の発売日です。 cp+(シーピープラス)も多くの方で Touch&Try コーナーが賑わっていました。 中には長蛇の列を待ちきれずに触らずじまい、という方もいらっしゃったのではないでしょうか。 そこで今回マップカメラでは なるべく多くの方に実機を触っていただき魅力を感じていただきたいと思い 本館4FとB1Fにそれぞれ触って...
続きを読む
冬の街 ポートラ編 冬の街 ポートラ編 2019年03月22日
厳しい寒さも過ぎ、徐々に温かくなってまいりました。 所により桜が見ごろを迎えていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。 今回は時期を少し遡り、いつも使っているフィルムと違うものを試してみようと思い立ってKODAKはPORTRAのISO160で今年の冬の街を 振り返ってみました。 またお付き合いいただけると幸いです。 スキャンの段階で極力ニュートラルに近づけようと試みましたがその時の私の技術ではこれが限界でした。 上の2枚は寒々しい反面どこか温かみのある風景です...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]