【Nikon】航空祭とZ7で日常にスパイス | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】航空祭とZ7で日常にスパイス

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月07日 10時30分]





日常にスパイス 08

秋も深まりつつあるこの季節。
紅葉狩りや読書、食べ物、運動、好きな事にはもってこいのこの時期に、もう一つ、風物詩的な催し物があります。
そう、航空祭です。

航空祭と言えば、僭越ながら書かせていただいた、私のスパイスシリーズの第一回航空祭編も、ちょうど去年のこのくらいの時期でした。
時間が経つのは早いもので、なんだかんだではや一周年ということです。
ニコンを愛してやまない私も、この1年で存分にニコンを堪能できたと感じています。

さて、撮影に使用したのは、フルサイズミラーレス機、Z7と、
先んじて発売されたD850という組み合わせです。
レンズは昨年に引き続きAF-S 300mm F2.8G ED VR IIを装着。
さっそく撮影に臨みます。

まず撮影に投入したのはD850。
EXPEED5搭載の動体追従はさすがといったところです。
陸上自衛隊の第一空挺団が次々と飛び降りていくところを、
速めのシャッタースピードで収めました。


Nikon D850 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon D850 SS:1/3200 F5.6 ISO400)


大きな巨体を揺らして旋回するC-1。
間近で見るとかなり迫力があります。
とはいえ、さすがにフルサイズで300mmだと少々遠い模様。
私の場合、こういったときはすかさずトリミングしてしまいます。
それなりに切り出しても、かなり情報量が残っています。
ちなみに、今年は入間基地創設60周年ということで、
記念塗装されたC-1なども飛行しました。
そのほか、C-1をも上回る巨大な輸送機C-2も姿を見せました。



(Nikon D850 SS:1/5000 F5.6 ISO400)


編隊を組んで飛行する練習機T-4。
前の写真と同じくトリミングしています。
C-1と同じく、60周年記念塗装が施された機体もありました。



(Nikon D850 SS:1/4000 F5.6 ISO400)


そして午前の部も終わり、いよいよ午後の部が始まります。
そう、お待ちかねのブルーインパルスの登場です。
ここで私も主力をZ7に切り替えます。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/3200 F2.8 ISO100)


秋の空をのびのびと飛行するブルーインパルス。
気持ちよさそうな飛行ではありますが、非常に高度な訓練を積んで、一体感のある動きをしているのです。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/2500 F2.8 ISO100)


宙返りだってお手の物です。
と、思いきや、私のピントが甘い様子。
写真の腕は、まだまだ精進が必要です。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/2500 F2.8 ISO100)


大空を舞う青き衝動。
大胆な演技を、なんとか写真におさめることが出来ました。

今回の様に、FTZを介して行うZ7での動体撮影は、D850のものと比較すると、ワンテンポ遅れる感覚がありました。
しかし、コツさえわかればそこまで臆するほどのこともなく、撮影を行うことも可能です。
静物・動画性能特化と思われがちなZ7ですが、
感度性能も実用的に高く、オールラウンドな使用ができます。
これから進化し続けるZマウントを、ぜひその手に。

▼先取・下取交換なら買取見積り額15%UP▼
新品Z7下取交換15%UP!




↓今回使用した機材はこちら↓
ただいま、新品Z7へのお買い換えで下取査定15%UP実施中!











↓MapCameraなら、あの中古が見つかる!↓













〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]