【Nikon】航空祭とZ7で日常にスパイス | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】航空祭とZ7で日常にスパイス

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月07日 10時30分]





日常にスパイス 08

秋も深まりつつあるこの季節。
紅葉狩りや読書、食べ物、運動、好きな事にはもってこいのこの時期に、もう一つ、風物詩的な催し物があります。
そう、航空祭です。

航空祭と言えば、僭越ながら書かせていただいた、私のスパイスシリーズの第一回航空祭編も、ちょうど去年のこのくらいの時期でした。
時間が経つのは早いもので、なんだかんだではや一周年ということです。
ニコンを愛してやまない私も、この1年で存分にニコンを堪能できたと感じています。

さて、撮影に使用したのは、フルサイズミラーレス機、Z7と、
先んじて発売されたD850という組み合わせです。
レンズは昨年に引き続きAF-S 300mm F2.8G ED VR IIを装着。
さっそく撮影に臨みます。

まず撮影に投入したのはD850。
EXPEED5搭載の動体追従はさすがといったところです。
陸上自衛隊の第一空挺団が次々と飛び降りていくところを、
速めのシャッタースピードで収めました。


Nikon D850 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon D850 SS:1/3200 F5.6 ISO400)


大きな巨体を揺らして旋回するC-1。
間近で見るとかなり迫力があります。
とはいえ、さすがにフルサイズで300mmだと少々遠い模様。
私の場合、こういったときはすかさずトリミングしてしまいます。
それなりに切り出しても、かなり情報量が残っています。
ちなみに、今年は入間基地創設60周年ということで、
記念塗装されたC-1なども飛行しました。
そのほか、C-1をも上回る巨大な輸送機C-2も姿を見せました。



(Nikon D850 SS:1/5000 F5.6 ISO400)


編隊を組んで飛行する練習機T-4。
前の写真と同じくトリミングしています。
C-1と同じく、60周年記念塗装が施された機体もありました。



(Nikon D850 SS:1/4000 F5.6 ISO400)


そして午前の部も終わり、いよいよ午後の部が始まります。
そう、お待ちかねのブルーインパルスの登場です。
ここで私も主力をZ7に切り替えます。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/3200 F2.8 ISO100)


秋の空をのびのびと飛行するブルーインパルス。
気持ちよさそうな飛行ではありますが、非常に高度な訓練を積んで、一体感のある動きをしているのです。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/2500 F2.8 ISO100)


宙返りだってお手の物です。
と、思いきや、私のピントが甘い様子。
写真の腕は、まだまだ精進が必要です。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/2500 F2.8 ISO100)


大空を舞う青き衝動。
大胆な演技を、なんとか写真におさめることが出来ました。

今回の様に、FTZを介して行うZ7での動体撮影は、D850のものと比較すると、ワンテンポ遅れる感覚がありました。
しかし、コツさえわかればそこまで臆するほどのこともなく、撮影を行うことも可能です。
静物・動画性能特化と思われがちなZ7ですが、
感度性能も実用的に高く、オールラウンドな使用ができます。
これから進化し続けるZマウントを、ぜひその手に。

▼先取・下取交換なら買取見積り額15%UP▼
新品Z7下取交換15%UP!




↓今回使用した機材はこちら↓
ただいま、新品Z7へのお買い換えで下取査定15%UP実施中!











↓MapCameraなら、あの中古が見つかる!↓













〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon Z6 【Nikon】Z6、アダプターとアポズミクロン75mmのスウィーツ 2018年12月12日
スウィーツ 02 師走になり、寒い日もちらほらある様子のこの頃。 Nikon Z6が発売してから、早くも二週間ほど経ちつつあります。 見やすいEVFや、特化した動画機能などを搭載し、 オールラウンド機種として大変ご好評をいただいております。 そんな中、Zマウントに対応するマウントアダプターも徐々に各社から発売され始めました。 とりわけ、Zマウントは後述する理由で、様々なメーカーのレンズを使用することができます。 今回は、そんなアダプターを介して撮影した写真をお披露目し...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~ Fマウントをかるーく振り返ってみる話(ボディ編) 【Nikon】Nikonの話~ Fマウントをかるーく振り返ってみる話(ボディ編) 2018年11月28日
NikonのミラーレスカメラZ7に続きZ6が発売されました Zマウントは口径55mm、フランジバック16mm システムとしてレンズの設計に大幅に余裕のできたZシステムの将来性は本当に大きなものがあると思います とはいえ59年の歴史を積み重ねてきたFマウントは今の高画素時代にも対応する素晴らしいシステムとなっています 現行で一眼レフカメラを利用される方にも高いレベルでその性能を約束しているものですので 今からカメラをはじめるかたでも不安なく使用いただけると思います ただ、以前、Fマウント...
続きを読む
【Nikon】Z7と海外を巡る 【Nikon】Z7と海外を巡る 2018年11月25日
以前に結婚式の写真をブログに掲載しましたが、今回は新婚旅行の写真をお届けいたします。10日間にわたる写真の記録はKasyapaにも掲載していますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください! 海外旅行に持って行った機材は、最新機種である『Nikon Z7』と『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』という組み合わせ。本当は単焦点レンズを何本か持っていこうか迷ったのですが、長旅のため途中で疲れて写真を撮る体力が無くなってしまっては本末転倒…ということで、ズームレンズ1本とライカの単焦点...
続きを読む
Motorsports photo #5 Motorsports photo #5 2018年11月21日
「Z7でMotorsportsを撮る」 前回の『Motorsports photo #4』ではFUJIFILM X-H1を使用した撮影を紹介しましたが、同時にZ7も使用し撮影していたので、ご紹介したいと思います。 Z7で動きもの!?と驚かれる方も多いのではないでしょうか。確かに難しさがあるように撮影していて感じました。こちらのブログ『航空祭とZ7で日常にスパイス』にもあるようにコツさえつかんでしまえば、撮影できるなと感じました。 筆者、今回の撮影ではシグマレンズにテレコンという組み合わせで撮影を行っております。 Nik...
続きを読む
【Nikon】先行展示中! Z6 オールラウンドミラーレス! 【Nikon】先行展示中! Z6 オールラウンドミラーレス! 2018年11月10日
皆様、お待たせいたしました! Z7に続き、ついにZ6、先行展示開始です! 約2400万画素裏面照射型CMOSセンサー搭載、 4Kフルフレーム読み出し動画対応、 AF-S時最大12コマ/秒連写対応のオールラウンド機種です。 約4500万画素のZ7やD850と比較すると、画素数はより少ないですが、 その分高感度性能は高く、また、測光範囲も、 Z7が-3~17EVなのに対し、Z6は-4~17EVに対応しております。 話題の最新機種が大集合!あなたはどの機種を買いますか!? Z7譲りの369万ドットのEVFは非...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]