【Nikon】航空祭とZ7で日常にスパイス | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】航空祭とZ7で日常にスパイス

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月07日 10時30分]





日常にスパイス 08

秋も深まりつつあるこの季節。
紅葉狩りや読書、食べ物、運動、好きな事にはもってこいのこの時期に、もう一つ、風物詩的な催し物があります。
そう、航空祭です。

航空祭と言えば、僭越ながら書かせていただいた、私のスパイスシリーズの第一回航空祭編も、ちょうど去年のこのくらいの時期でした。
時間が経つのは早いもので、なんだかんだではや一周年ということです。
ニコンを愛してやまない私も、この1年で存分にニコンを堪能できたと感じています。

さて、撮影に使用したのは、フルサイズミラーレス機、Z7と、
先んじて発売されたD850という組み合わせです。
レンズは昨年に引き続きAF-S 300mm F2.8G ED VR IIを装着。
さっそく撮影に臨みます。

まず撮影に投入したのはD850。
EXPEED5搭載の動体追従はさすがといったところです。
陸上自衛隊の第一空挺団が次々と飛び降りていくところを、
速めのシャッタースピードで収めました。


Nikon D850 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon D850 SS:1/3200 F5.6 ISO400)


大きな巨体を揺らして旋回するC-1。
間近で見るとかなり迫力があります。
とはいえ、さすがにフルサイズで300mmだと少々遠い模様。
私の場合、こういったときはすかさずトリミングしてしまいます。
それなりに切り出しても、かなり情報量が残っています。
ちなみに、今年は入間基地創設60周年ということで、
記念塗装されたC-1なども飛行しました。
そのほか、C-1をも上回る巨大な輸送機C-2も姿を見せました。



(Nikon D850 SS:1/5000 F5.6 ISO400)


編隊を組んで飛行する練習機T-4。
前の写真と同じくトリミングしています。
C-1と同じく、60周年記念塗装が施された機体もありました。



(Nikon D850 SS:1/4000 F5.6 ISO400)


そして午前の部も終わり、いよいよ午後の部が始まります。
そう、お待ちかねのブルーインパルスの登場です。
ここで私も主力をZ7に切り替えます。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/3200 F2.8 ISO100)


秋の空をのびのびと飛行するブルーインパルス。
気持ちよさそうな飛行ではありますが、非常に高度な訓練を積んで、一体感のある動きをしているのです。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/2500 F2.8 ISO100)


宙返りだってお手の物です。
と、思いきや、私のピントが甘い様子。
写真の腕は、まだまだ精進が必要です。


Nikon Z7 + AF-S 300mm F2.8G ED VR II
(Nikon Z7 SS:1/2500 F2.8 ISO100)


大空を舞う青き衝動。
大胆な演技を、なんとか写真におさめることが出来ました。

今回の様に、FTZを介して行うZ7での動体撮影は、D850のものと比較すると、ワンテンポ遅れる感覚がありました。
しかし、コツさえわかればそこまで臆するほどのこともなく、撮影を行うことも可能です。
静物・動画性能特化と思われがちなZ7ですが、
感度性能も実用的に高く、オールラウンドな使用ができます。
これから進化し続けるZマウントを、ぜひその手に。

▼先取・下取交換なら買取見積り額15%UP▼
新品Z7下取交換15%UP!




↓今回使用した機材はこちら↓
ただいま、新品Z7へのお買い換えで下取査定15%UP実施中!











↓MapCameraなら、あの中古が見つかる!↓













〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Z 24-70mm f/2.8S 【Nikon】新標準ズームで日常にスパイス 2019年05月08日
スパイス11 皐月になって、すっかり日も延びてきました。 めまぐるしく過ぎていく季節の中で、様々なカメラ機材が新たに登場しています。 本日ご紹介するNikon Z 24-70mm f/2.8Sも、4月19日に発売したばかりの新製品です。 すべてが新しい待望の「標準ズーム」 Nikonの誇るF2.8通しのズームレンズライン、いわゆる大三元。 その中でも24-70mmという焦点距離は、様々な撮影にまず必要なもっともポピュラーなレンズと言って差し支えありません。 従来からプロが現場で多用する同レンズは...
続きを読む
D850と荒川起点 【新元号令和、平成を振り返る】D850と荒川起点 2019年04月26日
もうすっかり暖かくなり、 カメラを持ち撮影に出かけるには良い季節になりました。 さて平成がそろそろ終わろうとしています。 私がカメラに興味を持ち、初めて手にしたデジタル一眼レフカメラは Nikon D810でした。 平成26年に発売の高画素フルサイズ機です。 D850は平成29年登場。 4575万画素というさらなる高画素化と連射性能等、スペックがアップしています。 ニコン初のフルサイズカメラD3が発売されたのが平成19年。 振り返ってみると、この10年ほどで飛躍的な進化を遂げました。 D700が発...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 2019年04月14日
平成を振り返るシリーズ。 今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。 50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。 広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。 今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操...
続きを読む
Nikon S3 【新元号令和、平成を振り返る】レンジファインダーニコンで日常にスパイス【Nikon】 2019年04月03日
スパイス10 気が付けば、平成という時代もカウントダウンを迎えています。 同時に春の訪れも、往々にして、気がついた頃にはもうすぐ傍に感じるものです。 今年も今年とて、あっという間に春の景色が広がり始めました。 さて、春は新しい出会いへの期待や、別れへの不安など、様々な感情が交差する季節。 同時に、新しいことへの挑戦の可能性も秘めています。 十人十色の春の始まりですが、一つ、これから何かを始めようとする方へ、ささやかな提案です。 「平成の最後に、S型ニコン、始...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]