【Leica】ライカと往く | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】ライカと往く

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月13日 20時20分]




Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

皆さんこんにちは。
日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。

Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。
SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

深大寺には初めて訪れたのですが、本当に蕎麦屋が多いなあと。
元々米の生産に向かなかった土地だったため代わりに蕎麦を作り
それが深大寺に献上されて寺側が来客にふるまったところから「深大寺そば」の歴史は始まったそうです。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

そのまま深大寺を抜け、神代植物公園へ。
「秋のバラフェスタ」が行われており、色とりどりのバラを見ることができました。
曇り空だったのもあって少しアンダー気味な露出でまとめましたが、やはり中距離で撮った時の立体感がとても良いです。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd


Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd


Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

花を被写体に3枚ほど。
Leica M10自体もかなり解像力のあるセンサーだとは思うのですがレンズの描写特性と相まってどこか柔らかい印象です。
しっとりとした質感がとても良いです。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

他メーカーだともう少しソリッドに描きそうなシーンですが
ミッドレンジからシャドウにかけてのトーンが豊富なLeicaだと独特の雰囲気になります。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

良い光が。いただきます。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd


Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

コントラストも決して高くはないのですが、必要十分な量を感じます。
Leicaらしい、ウェットな絵作りが楽しめました。
今回はこの辺りで。

今回使用した機材はコチラから






mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月13日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]