【Leica】ライカと往く | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】ライカと往く

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月13日 20時20分]




Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

皆さんこんにちは。
日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。

Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。
SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

深大寺には初めて訪れたのですが、本当に蕎麦屋が多いなあと。
元々米の生産に向かなかった土地だったため代わりに蕎麦を作り
それが深大寺に献上されて寺側が来客にふるまったところから「深大寺そば」の歴史は始まったそうです。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

そのまま深大寺を抜け、神代植物公園へ。
「秋のバラフェスタ」が行われており、色とりどりのバラを見ることができました。
曇り空だったのもあって少しアンダー気味な露出でまとめましたが、やはり中距離で撮った時の立体感がとても良いです。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd


Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd


Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

花を被写体に3枚ほど。
Leica M10自体もかなり解像力のあるセンサーだとは思うのですがレンズの描写特性と相まってどこか柔らかい印象です。
しっとりとした質感がとても良いです。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

他メーカーだともう少しソリッドに描きそうなシーンですが
ミッドレンジからシャドウにかけてのトーンが豊富なLeicaだと独特の雰囲気になります。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

良い光が。いただきます。

Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd


Leica (ライカ) M10+ズミクロン M50mm F2 3rd ブラック
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd

コントラストも決して高くはないのですが、必要十分な量を感じます。
Leicaらしい、ウェットな絵作りが楽しめました。
今回はこの辺りで。

今回使用した機材はコチラから






mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月13日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む
【Leica】貴婦人と歩く鎌倉散策 【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 2019年04月02日
桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に 出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか? 当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは 大変ご好評頂き、ありがとうございます。 ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。 筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。 今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。 平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそあり...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]