【Canon】 EOS R で遊んでみた! その1 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Canon】 EOS R で遊んでみた! その1 | THE MAP TIMES
Select Language

【Canon】 EOS R で遊んでみた! その1

[ Category: Canon|掲載日時:2018年11月08日 21時00分]


その1 ライカMレンズで新宿御苑を通勤してみた

イメージです

発売以来2週間あまり、Canon EOS R 大変な人気です。

Canon 初のフルサイズ ミラーレス一眼カメラ。

まだまだ専用の RFマウントレンズの種類が少ないので、多くの方は Canon 製アダプターを用いて、一眼レフ用 EFマウントレンズで撮影を楽しんでいることでしょう。

でも、ミラーレスカメラの楽しみ方の1つに、様々なレンズマウントアダプターを用いた他社マウントレンズでの撮影法があります。

今までの EOS 一眼レフカメラでは、フランジバックの問題で使用できなかった レンジファインダーカメラ Leica Mマウントのレンズが使えるのも大きな魅力の1つ。

今回は、EOS R 発売後すぐに登場した KIPON製のレンズマウントアダプターで、Leica Mマウントレンズでの撮影を楽しんでみました。

使用したのは、「ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.」と、「ズマリット M50mm F1.5」、広角の「エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)」の3本です。


まずは、「ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.」 現行 Leica M型デジタルカメラの標準レンズ中の標準レンズとも称される逸品レンズです。

早速、装着。

イメージです


うん、格好いい!

EOS R のマウント口径に較べ、Leica Mマウントの口径はかなり小さいので装着したときのバランスがどうなるかと思いましたが、これはこれでなかなか。


で、撮影。 まだ慣れていないので、いたってオーソドックスな設定での撮影にしました。

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.
上2枚、絞り開放で。 前ボケ・後ろボケとも、とても自然な感じ。

お店のシフトが遅番の日に通常の通勤時間に家を出て、JR千駄ヶ谷駅で下車、千駄ヶ谷門から朝の新宿御苑に入場。
えぇ、通勤時間にお仕事(?)です。

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.
ピント面の浮き上がり方は、目で見ている以上。 劇的です。


ここで、広角の「エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)」に交換。

イメージです



千駄ヶ谷門入ってすぐの広場で撮影してみました。

EOS R + エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)

EOS R + エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)
すると、周辺減光と若干の色かぶりが…
やはり、フランジバックの短いレンジファインダー用レンズ、しかも古い設計のレンズではいたし方ないところか…
他の広角レンズも、次の機会に試してみます。

EOS R + エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)

EOS R + エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)
こういう条件なら色かぶりも目立ちません。 エルマリート特有の奥行き感が出ています。

マニュアルフォーカスの合焦確認に「ピーキング(強)」を用いていましたが、広角で絞っての撮影では画面表示が少しうるさい感じに…
AF ONボタンに「ピント拡大」を割り当て撮影。
ファインダー EVF の見えがとても鮮鋭で、ピント合わせの際も全くストレスなく撮影に集中できました。

再び、「ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.」で。

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

さすが現行レンズ。 解像力があって、紅葉前の葉1枚1枚が浮き立っています。

ここで、レンズ交換。 装着するのは現行ズミルックスと対局をなすような、”クセ玉”「ズマリット M50㎜ F1.5」。

イメージです


EOS R + ズマリット M50mm F1.5

EOS R + ズマリット M50mm F1.5

やはり60年くらい前のレンズ。 解像力を比較するのは、酷です。

EOS R + ズマリット M50mm F1.5

EOS R + ズマリット M50mm F1.5
でも、この感じは逆に現行レンズでは出せないかも。 オールドレンズならではの楽しみです。

EOS R + エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)

EOS R + エルマリート M28mm F2.8 3rd(E49)
さっきよりもはっきり色かぶりが出てしまいました、残念…
私の家族…… 嘘です、見知らぬ外国人の母子。 絵葉書にもなりそうな情景でした。


天気が良く、朝の時間で人も少なめ、手には最新鋭のカメラ… どんどん撮影が楽しくなってきました。 通勤途中ですが…

折角なので、もうちょっと遊んでみましょう。

EOS R + ズマリット M50mm F1.5

EOS R + ズマリット M50mm F1.5
はい、ズマリット特有のグルグルボケ。 バックのボケが円を描くように流れています。
さすが、”クセ玉”。

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.
対して、現行ズミルックスではバックのボケは流れていません。 どんなシーンでも、安心して高画質な画像が得られる優秀なレンズです。


さてさて、こんなふうに何度もレンズ交換を繰り返しての撮影で気を付けなければいけないのは、センサーへのホコリの付着。
特にレンズ後玉とセンサーの間にミラーの存在しないミラーレス機では、ホコリの侵入防止には人一倍神経を使うところ…
…と思っていたら、この EOS R はなんと電源OFFでセンサーの前にシャッターが下りる機構を装備。

素晴らしい


これは、大変うれしい機能。 特に大きなフルサイズセンサー搭載機を使用している方は、このありがたさがよくわかってくださることでしょう。
レンズ交換時の不安が少なからず解消され、撮影をより楽しめました。

と、そろそろ、時間が… (そう、通勤途中です。)
あぁ、でも本当に天気いいなぁ… もっと、このカメラで写真撮りたいなぁ…
ゴホゴホッ… あ、急に体調が… なんか熱も出てきたみたい、めまいが…  …というわけにはいかないか……
しかたない、出口の新宿門を目指しますか…
あ、でも、あっちのほうで人だかりが… なんか花咲いてる!

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.

EOS R + ズミルックス M50mm F1.4 ASPH.
カンザクラでした。 あ、あっちにも…

……ゴホゴホッ…

日向ぼっこ











〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category: Canon|掲載日時:2018年11月08日 21時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!43票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む