【Leica】M3と江の島散歩 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】M3と江の島散歩

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月12日 13時00分]




とある日の午後。新宿とは反対側の列車に乗り、たどりついたのは小田急線片瀬江ノ島駅。

今日の散歩のお供はライカM3ダブルストロークと沈胴ズミクロン。
レンズを引き出し準備を整えると潮の匂いを感じながら歩き始めた。


leica M3+Summicron 50mm F2

竜宮城をイメージした駅舎を背にして江の島方面に進んでいく。弁天橋を渡りながら横を見るとカヌーが一艘上流に向かってのんびりと進んでいった。


leica M3+Summicron 50mm F2

秋の東浜ビーチはぽかぽかとした気持ちがいい風が吹いている。砂浜ではカップルが海を見つめたり、子供たちがビーチで遊んだりしながらそれぞれの時間を過ごしていた。


leica M3+Summicron 50mm F2

長い江の島弁天橋を渡り弁財天仲見世通りを進む。人混みを抜けて路地に入って振り返ると、喧騒と静寂が同時に訪れた。ファインダー越しに通りを眺めてシャッターを押す。小さなシャッター音が目の前で響いた。


leica M3+Summicron 50mm F2

いつも気になる江の島エスカーを横目に江の島神社の中津宮まで歩いて進む。神社に行くとついつい撮影してしまう狛犬。今日も一枚撮らせていただいた。


leica M3+Summicron 50mm F2

サムエルコッキング苑を過ぎ、ここまで来ると視界が開けてくる。遥か下には糸を垂れる釣り人たちが小さく見えている。
お供のM3はダブルストロークなので、写真を一枚撮るごとにシャッターチャージのため2回巻き上げレバーを巻き上げる必要がある。この少しのんびりとした独特のリズムが心地よい。


leica M3+Summicron 50mm F2

奥津宮で参拝をすますと、帰り道で小さな住人がこちらを見ていた。江の島は猫が多い。往来の人々を眺めて昼寝をしていたり、時々何かを確認するように足元に近づいて来たりする。


leica M3+Summicron 50mm F2

少し足を延ばして湘南港灯台の方まで足を延ばしてみる。こちらも多くの釣り人たちでにぎわっていた。少し離れたところには、帆を立てたヨットが並んで浮かんでいる。
観光地江の島のイメージとは違う、もう一つの顔を見せているような気がした。


leica M3+Summicron 50mm F2

帰りの駅のホームで見つけた一コマ。遠くで電車の運転士が外に出てストレッチをしている。距離は適当に合わせて、瞬間的にシャッターを切っていた。

滞在時間にして1時間半。足で歩き、ファインダー越しに目の前を切り取る。

短いけれど充実したお散歩でした。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月12日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]