【Leica】M3と江の島散歩 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】M3と江の島散歩

[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月12日 13時00分]




とある日の午後。新宿とは反対側の列車に乗り、たどりついたのは小田急線片瀬江ノ島駅。

今日の散歩のお供はライカM3ダブルストロークと沈胴ズミクロン。
レンズを引き出し準備を整えると潮の匂いを感じながら歩き始めた。


leica M3+Summicron 50mm F2

竜宮城をイメージした駅舎を背にして江の島方面に進んでいく。弁天橋を渡りながら横を見るとカヌーが一艘上流に向かってのんびりと進んでいった。


leica M3+Summicron 50mm F2

秋の東浜ビーチはぽかぽかとした気持ちがいい風が吹いている。砂浜ではカップルが海を見つめたり、子供たちがビーチで遊んだりしながらそれぞれの時間を過ごしていた。


leica M3+Summicron 50mm F2

長い江の島弁天橋を渡り弁財天仲見世通りを進む。人混みを抜けて路地に入って振り返ると、喧騒と静寂が同時に訪れた。ファインダー越しに通りを眺めてシャッターを押す。小さなシャッター音が目の前で響いた。


leica M3+Summicron 50mm F2

いつも気になる江の島エスカーを横目に江の島神社の中津宮まで歩いて進む。神社に行くとついつい撮影してしまう狛犬。今日も一枚撮らせていただいた。


leica M3+Summicron 50mm F2

サムエルコッキング苑を過ぎ、ここまで来ると視界が開けてくる。遥か下には糸を垂れる釣り人たちが小さく見えている。
お供のM3はダブルストロークなので、写真を一枚撮るごとにシャッターチャージのため2回巻き上げレバーを巻き上げる必要がある。この少しのんびりとした独特のリズムが心地よい。


leica M3+Summicron 50mm F2

奥津宮で参拝をすますと、帰り道で小さな住人がこちらを見ていた。江の島は猫が多い。往来の人々を眺めて昼寝をしていたり、時々何かを確認するように足元に近づいて来たりする。


leica M3+Summicron 50mm F2

少し足を延ばして湘南港灯台の方まで足を延ばしてみる。こちらも多くの釣り人たちでにぎわっていた。少し離れたところには、帆を立てたヨットが並んで浮かんでいる。
観光地江の島のイメージとは違う、もう一つの顔を見せているような気がした。


leica M3+Summicron 50mm F2

帰りの駅のホームで見つけた一コマ。遠くで電車の運転士が外に出てストレッチをしている。距離は適当に合わせて、瞬間的にシャッターを切っていた。

滞在時間にして1時間半。足で歩き、ファインダー越しに目の前を切り取る。

短いけれど充実したお散歩でした。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Leica|掲載日時:2018年11月12日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む
【Leica】貴婦人と歩く鎌倉散策 【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 2019年04月02日
桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に 出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか? 当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは 大変ご好評頂き、ありがとうございます。 ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。 筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。 今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。 平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそあり...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]