【Kodak】復活のリバーサル-Ektachrome E100- | THE MAP TIMES 
Select Language



【Kodak】復活のリバーサル-Ektachrome E100-

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月20日 21時50分]





Kodak Ektachrome E100


発表から待っていた人も多く、初回入荷分があっという間に完売した
Kodak Ektachrome E100
デジタルカメラの主流化に伴い縮小傾向になり、展開されているラインナップも限られていた中、
今回の復活は驚きと感動で迎えられました。


Kodak Ektachrome E100


今回使用したカメラはCONTAX RTSII、レンズは”標準レンズの帝王”と称された
Planar 50mm F1.4 MMでの撮影。
CONTAXは、カラー撮影でも特にリバーサルフィルムで
色彩を非常に美しく表現してくれます。


Kodak Ektachrome E100


パッケージカラーの黄色と青。
象徴的な色彩の組み合わせが気になり撮影。E100の良さは
「色再現性の高さ」と称している通り、素直な発色です。


Kodak Ektachrome E100


このカットはCONTAX Planar 100mm F2 MMでの撮影。
CONTAXの望遠レンズと言えば85mm F1.4やMakro-Planar 100mm F2.8等
名玉と呼ばれるものが多く、その中でも実はピントの立ち方やボケの美しさを両立した
Planar 100mm F2は「玄人向け」ともいわれていたレンズ。

このピント部分とボケの美しさ。個人的にも大好きな1本です。
勿論E100ともマッチしており、程良いコントラストとシャープネスが美しい1枚。


Kodak Ektachrome E100


シャドーを少し切り詰め、アンダーに振った1枚。
暗部の湿度を感じる描写は、リバーサルフィルムならでは。


Kodak Ektachrome E100


東京の空気をしっかり捉えるE100、リバーサルフィルム独自の表現が
普段見ている光景を映画のワンシーンの様に変化させてくれます。


Kodak Ektachrome E100


Kodakから発表されたサンプル画像の中でも取り分け美しかったのがネオンの描写。
街中で見つけたネオンをすぐに撮影してしまう程、E100はネオンの色を鮮やかに残します。
ISO100のフィルムですが夜にも積極的に使って行きたくなる1本。


Kodak Ektachrome


T-MAX3200に続き、今回のEktachrome
「現代にフィルムを復活させる」事、
それは改めて「写真とは何なのか?」という問いを投げかけられている様な気がします。

初回入荷はあっという間に完売。まるで復活を祝福する様な大きな反響を頂きました。
もしも今回の記事をご覧になって「使って見たい!」と思った方、
そして「前回買えなかった!」とお嘆きの方も多かったと思います。

次回入荷分はお早めにご注文下さい!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月20日 21時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】Motorsports photo #8 2019年09月23日
「ミラーレスカメラでモータースポーツデビュー」 筆者は6年ほどNikon D4でモータースポーツを撮影しておりましたが、ここ1年ほどはミラーレスカメラで撮ることが多くなっています。 筆者がミラーレスカメラに移行し始めた理由は、機材の軽量化とファインダーが見やすいという点から。 サーキットでは1日中、様々なコーナーから撮影をするので、ボディが軽くなることはとても助かります。ですが筆者が移行を決めた1番の理由は小型軽量よりも、ファインダーの見やすさなのです。このことだけでミラーレスカ...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]