【Kodak】復活のリバーサル-Ektachrome E100- | THE MAP TIMES 
Select Language



【Kodak】復活のリバーサル-Ektachrome E100-

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月20日 21時50分]





Kodak Ektachrome E100


発表から待っていた人も多く、初回入荷分があっという間に完売した
Kodak Ektachrome E100
デジタルカメラの主流化に伴い縮小傾向になり、展開されているラインナップも限られていた中、
今回の復活は驚きと感動で迎えられました。


Kodak Ektachrome E100


今回使用したカメラはCONTAX RTSII、レンズは”標準レンズの帝王”と称された
Planar 50mm F1.4 MMでの撮影。
CONTAXは、カラー撮影でも特にリバーサルフィルムで
色彩を非常に美しく表現してくれます。


Kodak Ektachrome E100


パッケージカラーの黄色と青。
象徴的な色彩の組み合わせが気になり撮影。E100の良さは
「色再現性の高さ」と称している通り、素直な発色です。


Kodak Ektachrome E100


このカットはCONTAX Planar 100mm F2 MMでの撮影。
CONTAXの望遠レンズと言えば85mm F1.4やMakro-Planar 100mm F2.8等
名玉と呼ばれるものが多く、その中でも実はピントの立ち方やボケの美しさを両立した
Planar 100mm F2は「玄人向け」ともいわれていたレンズ。

このピント部分とボケの美しさ。個人的にも大好きな1本です。
勿論E100ともマッチしており、程良いコントラストとシャープネスが美しい1枚。


Kodak Ektachrome E100


シャドーを少し切り詰め、アンダーに振った1枚。
暗部の湿度を感じる描写は、リバーサルフィルムならでは。


Kodak Ektachrome E100


東京の空気をしっかり捉えるE100、リバーサルフィルム独自の表現が
普段見ている光景を映画のワンシーンの様に変化させてくれます。


Kodak Ektachrome E100


Kodakから発表されたサンプル画像の中でも取り分け美しかったのがネオンの描写。
街中で見つけたネオンをすぐに撮影してしまう程、E100はネオンの色を鮮やかに残します。
ISO100のフィルムですが夜にも積極的に使って行きたくなる1本。


Kodak Ektachrome


T-MAX3200に続き、今回のEktachrome
「現代にフィルムを復活させる」事、
それは改めて「写真とは何なのか?」という問いを投げかけられている様な気がします。

初回入荷はあっという間に完売。まるで復活を祝福する様な大きな反響を頂きました。
もしも今回の記事をご覧になって「使って見たい!」と思った方、
そして「前回買えなかった!」とお嘆きの方も多かったと思います。

次回入荷分はお早めにご注文下さい!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年11月20日 21時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]