【FUJIFILM】秋が誘う | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】秋が誘う

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年11月14日 10時30分]



FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
-言葉を写真に-

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/60 F5 ISO1250 ASTIA

季節は人々に"きっかけ"を与える。

いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、
季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、
毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、
好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり…

積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、
季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/250 F2.8 ISO1250 ASTIA


今回の機材はルックスにとにかく惚れてしまいましたX-Pro2に、
広く景色を写したいと考え、チョイスは広角。
単焦点Xマウントの中で一番広角なTouit12mmF2.8で撮ってきました。

35mm換算で約18mm。
写る範囲が広いため、構図を決めるのが難しい場面も出てきます。
ですが、伝えたい感動を写真の隅から隅まで撮り残すことなく写すことが出来る…
欲張りな私だからでしょうか、とても魅力的な画角でした。

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/500 F4 ISO200 ASTIA


そしてこちらのレンズ、やはりすごいです。
広角レンズであることを疑ってしまう程、自然に切り取ってくれます。
繊細な写り、逆光にも強く、周辺減光も見受けれらません。

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/60 F3.2 ISO200 Velvia


明瞭差が激しい箇所でも、しっかり写ってくれました。
画像の隅々まで見たそのままを切り取ってくれています。

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/1500 F2.8 ISO200 ASTIA


何より、歪みの少なさに驚きました。
目一杯見えた目の前の景色をそのまま自然に写してくれます。

重さも丁度よく、フォーカスの合うスピードもスムーズ。
今回の撮影は常にストレスを感じることなく、大満足でした。
ぜひ広角好きにはおすすめしたいセットです。

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/60 F6.4 ISO200 Velvia


そして、日本に住んでいると当たり前に感じてしまいますが、
四季は日本の恵みです。
春、夏、秋、冬…あなたにもきっと、心がわくわくしてしまうイベント…
好きな季節があると思います。

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8
1/4000 F2.8 ISO200 Velvia


秋の紅葉は情熱の赤色一色…
都内はこれから一気に真っ赤へ染まっていきます。

今年の秋はいつもとは違う新しい秋に出逢うため、
カメラと一緒に小さな旅をしてみてはいかがでしょうか。



▼今回使用した機材はこちら▼






〓

〓タイムズフォト〓〓〓

〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年11月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す 【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 2018年12月03日
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す  “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。 しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 2018年11月22日
レンズ・周辺機器について 50R向けとして50mmの薄型単焦点レンズをPhotokina2018で開発発表されておりましたが、50R 用にグリップや外付けのファインダーといった趣味性の高いアクセサリー類の登場・開発などは今後あるのでしょうか? 構想には上がったのですが、今のところはございません。 グリップは、あればよりしっか...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 2018年11月22日
中判センサーの優位性について フルサイズ機でも4000万画素といった高画素モデルが出てきている中、中判5000万画素の有利な点はどういったところでしょうか? 仮に同じ画素数でも、一見して画質が違うと思います。ただ、そ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 2018年11月22日
センサー開発について 今回の50Rは50Sをより外に持ち出しやすく組み替えたというコンセプトだと伺いました。開発の際にはセンサーを新規で開発するといった考えはあったのでしょうか? 基本的にはありませんでした。その最大の理由はやはりコストです。 50S はレンズ性能・画質含めて「やっぱりフルサイズと比べてもワンラン...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 1 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 1 2018年11月22日
富士フイルムより、35mmフルサイズの約1.7倍の大型センサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラの2機種目『GFX 50R』が登場しました。プロ向けの中判システムを前提に開発された『GFX 50S』に対し、『GFX 50R』は往年の『GW690』のようなレンジファインダースタイルを採用し、より小型で軽量化な中判デジタル機に仕上げてきました。今回は開発担当者へ『GFX 50R』の魅力や開発の経緯などを伺って来ました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]