名古屋の歴史を歩く | THE MAP TIMES 
Select Language



名古屋の歴史を歩く

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年11月24日 08時30分]



日本全国には多くの歴史的な建物が保存されています。
その中でも人気が高いものといえばやはりお城ではないかと思います。

今回訪れた名古屋にはおなじみ名古屋城があり、その巨大な天守閣や金のしゃちほこはあまりにも有名です。

しかし、それ以外にも名古屋には多くの歴史的な建物や場所が残されていました。
今回はその一部をご紹介したいと思います。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


まず訪れたのは名古屋城、ではなく名古屋鉄道犬山駅からバスで20分ほどの所にある博物館「明治村」です。
この明治村は明治期に建てられた建築物を現在の場所に移築し、保存しているところです。
広大な「村内」には60以上の歴史的建造物があり、さらに各エリアを明治時代に実際に走行していた
SL「京都市電」に乗って移動することができます。

写真の建物は明治期に建てられた旧三重県庁舎です。
基本的な構造は西洋式に則っているものの、屋根には瓦が敷かれていたりと日本固有の特徴も併せ持っています。
館内の各部屋には真紅の絨毯が敷かれ、外からの光がうっすらと差し込んでいました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


旧県庁舎の向かいには明治天皇が実際に利用した御料車(天皇・皇后・皇太后・皇太子のための特別な車輌のこと)が保存されている小屋があり、幕の貼られた窓から差し込む光がうっすらと内部に差し込んでいました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


上の写真は明治期に三重県内で建てられた郵便局舎です。
入り口をくぐるとすぐに「公衆溜」と呼ばれるホールに出ます。
広い円形のドームは全て木造で、郵便制度の始まった当時の景観そのままで残っています。
驚いたことに、現在でも郵便業務を実際に行っているということで、記念切手も販売されています。

下の写真は「聖ザビエル天主堂」という巨大な聖堂のステンドグラスです。
外壁はレンガ造りなのに対し、内部の柱などは木造で内壁は漆喰で塗り固めているそうです。
西洋の雰囲気を放ちながらもどこか落ち着く気がするのは、そうした日本の建築技術がうまく融合しているからかもしれません。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


館内の最深部にあるのは有名な旧帝国ホテルの中央玄関部分。
アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計されたこのホテルには、入った瞬間からその独特な雰囲気に圧倒されます。
幾何学的なデザインの柱やコンクリートで出来たエントランスは薄暗く、しかしじきに目が慣れてくるとどこか安心感を感じます。
このホテルがまだ東京の日比谷にあったならぜひ一度行ってみたかったと思いました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


最後に定番の名古屋城と名古屋テレビ塔を。
名古屋城は訪れた当時は天主閣を改修中で、対する名古屋テレビ塔は2020年にリニューアルするそうです。
建てられた時代はだいぶ違いますが、時代を超えて共存していける日本の建築の素晴らしさを感じた旅になりました。




今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.












〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年11月24日 08時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]