名古屋の歴史を歩く | THE MAP TIMES 
Select Language



名古屋の歴史を歩く

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年11月24日 08時30分]



日本全国には多くの歴史的な建物が保存されています。
その中でも人気が高いものといえばやはりお城ではないかと思います。

今回訪れた名古屋にはおなじみ名古屋城があり、その巨大な天守閣や金のしゃちほこはあまりにも有名です。

しかし、それ以外にも名古屋には多くの歴史的な建物や場所が残されていました。
今回はその一部をご紹介したいと思います。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


まず訪れたのは名古屋城、ではなく名古屋鉄道犬山駅からバスで20分ほどの所にある博物館「明治村」です。
この明治村は明治期に建てられた建築物を現在の場所に移築し、保存しているところです。
広大な「村内」には60以上の歴史的建造物があり、さらに各エリアを明治時代に実際に走行していた
SL「京都市電」に乗って移動することができます。

写真の建物は明治期に建てられた旧三重県庁舎です。
基本的な構造は西洋式に則っているものの、屋根には瓦が敷かれていたりと日本固有の特徴も併せ持っています。
館内の各部屋には真紅の絨毯が敷かれ、外からの光がうっすらと差し込んでいました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


旧県庁舎の向かいには明治天皇が実際に利用した御料車(天皇・皇后・皇太后・皇太子のための特別な車輌のこと)が保存されている小屋があり、幕の貼られた窓から差し込む光がうっすらと内部に差し込んでいました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


上の写真は明治期に三重県内で建てられた郵便局舎です。
入り口をくぐるとすぐに「公衆溜」と呼ばれるホールに出ます。
広い円形のドームは全て木造で、郵便制度の始まった当時の景観そのままで残っています。
驚いたことに、現在でも郵便業務を実際に行っているということで、記念切手も販売されています。

下の写真は「聖ザビエル天主堂」という巨大な聖堂のステンドグラスです。
外壁はレンガ造りなのに対し、内部の柱などは木造で内壁は漆喰で塗り固めているそうです。
西洋の雰囲気を放ちながらもどこか落ち着く気がするのは、そうした日本の建築技術がうまく融合しているからかもしれません。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


館内の最深部にあるのは有名な旧帝国ホテルの中央玄関部分。
アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計されたこのホテルには、入った瞬間からその独特な雰囲気に圧倒されます。
幾何学的なデザインの柱やコンクリートで出来たエントランスは薄暗く、しかしじきに目が慣れてくるとどこか安心感を感じます。
このホテルがまだ東京の日比谷にあったならぜひ一度行ってみたかったと思いました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


最後に定番の名古屋城と名古屋テレビ塔を。
名古屋城は訪れた当時は天主閣を改修中で、対する名古屋テレビ塔は2020年にリニューアルするそうです。
建てられた時代はだいぶ違いますが、時代を超えて共存していける日本の建築の素晴らしさを感じた旅になりました。




今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.












〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年11月24日 08時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]