【Nikon】Z7と海外を巡る | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Z7と海外を巡る

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月25日 10時30分]



Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

以前に結婚式の写真をブログに掲載しましたが、今回は新婚旅行の写真をお届けいたします。10日間にわたる写真の記録はKasyapaにも掲載していますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください!

海外旅行に持って行った機材は、最新機種である『Nikon Z7』と『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』という組み合わせ。本当は単焦点レンズを何本か持っていこうか迷ったのですが、長旅のため途中で疲れて写真を撮る体力が無くなってしまっては本末転倒…ということで、ズームレンズ1本とライカの単焦点レンズを1本だけ持っていきました。
今回はその中から『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』で撮影した写真をご紹介いたします。

旅行の行先はチェコとオーストリア。冒頭の写真はザルツブルク城からの景色です。空の色を少し抑え、ハイライトを調整して雲の流れがより鮮明に見えるように現像しました。遠くの方に見える雲海がとても美しいです。


Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

こちらはプラハ城でのワンシーン。海外は何を撮っても画になります…。


Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

プラハ城の中にある聖ヴィート大聖堂はさすがの迫力。ゴシック建築による細かな装飾のひとつひとつも逃さず捉えてくれました。


Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

チェコの人気キャラクター「クルテク」のぬいぐるみです。プラハに着いて真っ先に買ったのがこれでした。このなんとも言えない憎めない表情がたまりません。


Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

あちらの方では薪を使用することがたくさんあるのか、いたるところで積みあがった薪を見かけました。エアコンではなく暖炉を使っているのかもしれません。
この他にも、プラハでは犬を放し飼いにしている方が多かったり、レストランやホテルでのチップ、料理の味付け、お店の閉まる早さ等々、たくさんの文化の違いを感じる場面がありました。


Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

今回の旅行で最も感動したハルシュタットの街並み。ちょうど朝日が差し込んできて光り輝く湖がとても美しくて夢中でシャッターを切りました。

職業柄、どうしてもカメラを持っている人を見かけると何の機種かをじっと見てしまうのですが、チェコ、オーストリアあたりだとライカを使っている人がたくさんいるのかなと思いきや、ほとんどがニコン・キヤノンの一眼レフユーザーだったのが意外でした。日本のカメラメーカーは世界で愛されているんだなあと嬉しい気持ちになったのを思い出します。


Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S

今回訪れた地はチェコとオーストリアだったので、チェコ語とドイツ語がメインで英語も通じるといった形だったのですが、レストランで「Water」と頼んだところウォッカが来てしまいました…。高い高い言語の壁を感じた瞬間でした。

さて、kasyapaに引き続きお届けいたしましたがいかがでしたでしょうか。Z7とNIKKOR Z 24-70mm F4 Sの組み合わせは非常に旅行向きなので、ぜひ皆さんも旅行のお供としてご検討いただければと思います。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月25日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Z 24-70mm f/2.8S 【Nikon】新標準ズームで日常にスパイス 2019年05月08日
スパイス11 皐月になって、すっかり日も延びてきました。 めまぐるしく過ぎていく季節の中で、様々なカメラ機材が新たに登場しています。 本日ご紹介するNikon Z 24-70mm f/2.8Sも、4月19日に発売したばかりの新製品です。 すべてが新しい待望の「標準ズーム」 Nikonの誇るF2.8通しのズームレンズライン、いわゆる大三元。 その中でも24-70mmという焦点距離は、様々な撮影にまず必要なもっともポピュラーなレンズと言って差し支えありません。 従来からプロが現場で多用する同レンズは...
続きを読む
D850と荒川起点 【新元号令和、平成を振り返る】D850と荒川起点 2019年04月26日
もうすっかり暖かくなり、 カメラを持ち撮影に出かけるには良い季節になりました。 さて平成がそろそろ終わろうとしています。 私がカメラに興味を持ち、初めて手にしたデジタル一眼レフカメラは Nikon D810でした。 平成26年に発売の高画素フルサイズ機です。 D850は平成29年登場。 4575万画素というさらなる高画素化と連射性能等、スペックがアップしています。 ニコン初のフルサイズカメラD3が発売されたのが平成19年。 振り返ってみると、この10年ほどで飛躍的な進化を遂げました。 D700が発...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 2019年04月14日
平成を振り返るシリーズ。 今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。 50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。 広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。 今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操...
続きを読む
Nikon S3 【新元号令和、平成を振り返る】レンジファインダーニコンで日常にスパイス【Nikon】 2019年04月03日
スパイス10 気が付けば、平成という時代もカウントダウンを迎えています。 同時に春の訪れも、往々にして、気がついた頃にはもうすぐ傍に感じるものです。 今年も今年とて、あっという間に春の景色が広がり始めました。 さて、春は新しい出会いへの期待や、別れへの不安など、様々な感情が交差する季節。 同時に、新しいことへの挑戦の可能性も秘めています。 十人十色の春の始まりですが、一つ、これから何かを始めようとする方へ、ささやかな提案です。 「平成の最後に、S型ニコン、始...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]