【Nikon】Nikonの話~ Fマウントをかるーく振り返ってみる話(ボディ編) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Nikonの話~ Fマウントをかるーく振り返ってみる話(ボディ編)

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月28日 22時05分]


NikonのミラーレスカメラZ7に続きZ6が発売されました
Zマウントは口径55mm、フランジバック16mm
システムとしてレンズの設計に大幅に余裕のできたZシステムの将来性は本当に大きなものがあると思います

Zマウント Fマウント


とはいえ59年の歴史を積み重ねてきたFマウントは今の高画素時代にも対応する素晴らしいシステムとなっています
現行で一眼レフカメラを利用される方にも高いレベルでその性能を約束しているものですので
今からカメラをはじめるかたでも不安なく使用いただけると思います
ただ、以前、Fマウントシステムのレンズ側からの紹介をさせていただいたときにも書きましたが
マウントの基本構造は変えずにいろいろと機能を追加しており
物理的に装着できなかったり、機能制限があったりと複雑な経緯をたどっているので知らない人にはかなりわかりにくくなっています。

今回は紹介の第二弾としてそのFマウントシステムをボディ側から簡単に紹介していきたいと思います
こちらも以前と同じく現行のNikonデジタル一眼レフカメラを前提でなるべく見た目にわかりやすく大雑把にわけて掲載してみようと思います。
内容的にはNikon Fマウント初心者の方向けのものとしたいので可能な限り簡素にかるーく紹介してみたいと思います

まずは現行のカテゴライズから大きく3種類に分けて紹介します
いわゆるフラッグシップ~ミドルクラス・ミドルクラス(APS-C機・DX)・エントリークラスを言われる機体では同じFマウントでも機能・機構に違いが生じています

ここで大きく注目すべき点は3箇所になります
露出計連動レバー・AFカップリング・最小絞り設定警告レバーこの部分がそれぞれ異なった個所となります

まずミドルクラス以上でフラッグシップ機に代表されるマウントには露出計連動レバー・AFカップリングがマウントに搭載されています

D4s


露出計連動レバーはマウントを正面から見て右上の部分に可動式のレバーが見えるのがそれにあたります
この部分にレンズ側の露出計連動ガイドと言われる場所が露出計連動レバーに引っかかるようになっており
レンズの絞りを機械的・物理的に伝えるようになっています
だから現行のデジタル一眼レフカメラでもフィルム時代のAiとAi-s形式のMFレンズを使用することができるのです
ただし、非Aiと呼ばれるさらに古いレンズではおなじFマウントでも物理的に破壊してしまうので装着してはいけません
D90・D300sの頃までは比較的明確にクラスごとに分かれていたのですがそれ以降だとAPS-C機フラッグシップ機の不在等がありクラスによる判別があいまいになっていましたがD500(APS-C機フラッグシップ)の登場により現行のAPS-C機(DX)ではクラスごとにはっきりと分かれるようになっています。
フルサイズ機はすべてこのタイプです。

D4s


さらにAFカップリングが搭載されている(ボディ側にモーターを搭載していることも意味します。)のでレンズにモーターを搭載していないAFのみの表記のレンズでもAFが作動します。

D4s


これらを平たく言うとフィルム時代のAiとAi-s形式のMFレンズから現行のAF-Pまでの型式のレンズは全て作動することになります。
最もレンズの受容の幅が広い形式といえます。


次にミドルクラス(APS-C機・DX)の型式についているものです。
現行ではD7500 ただ一機となっています

D4s


AFカップリング・最小絞り設定警告レバーが搭載されたものです。
ちなみに最小絞り設定警告レバーはボディ側から絞りをコントロールする場合、レンズが最小絞りにセットされていなければならない為、それを識別するのに必要な機構です。

最小警告レバー


AFレンズで絞り管のついたレンズの絞りを動かすとErr表示が出るのもこれがあるからです。

この組み合わせだとフィルム時代のAiとAi-s形式のMFレンズは露出連動できないので装着できても絞りの情報が伝わらないのですが
AFのレンズならば全部対応する型式ということになります。
以前のミドルクラスのD90以前では最小絞り設定警告レバーが円周方向スライド式(レバーは倒れない)なのでAiとAi-s形式のMFレンズの装着は問題ありませんが非Aiのレンズを装着すると物理的に壊してしますので装着できません。
ところがD7500は押し込む型式になっているので装着するだけならば問題ありません。
隠れた改善点ではないかと思います。

そして、最後のエントリークラス 現行のD5000・D3000系統にあるものです。
最小絞り設定警告レバーのみが搭載されたものです。
但し最新のD3400等ではそれも省略されています。

D4s
D3400


こちらはレンズにモーターが搭載されたものしか作動しないという限定された型式になります。
機能制限がもっとも大きい型式ではありますがD7500と同じく最小絞り設定警告レバーが押し込む型式になっているので露出の連動を考えなければ非Aiのレンズを装着できる点は魅力かもしれません。

そして現行のデジタルでは唯一非Aiのレンズを装着できて露出も手動ながら連動できるのがDfになります。

D4s
D4s


露出計連動レバーが可倒式になっているので非Aiレンズを装着しても破損せず絞り管で絞りを決定した後、ボディに手動で絞りを入力することによって露出を反映することができます。

マウントの機能を3つに絞って文章に起こしてみたのですがそれだけでも細かくなってしまいます。

Nikon Fマウントの性能を十全に楽しみたいと思われる方は上記の点を注意してお楽しみください。
ややこしくてわからないと思われる方はとりあえずAF-S・AF-Pレンズをデジタル一眼レフで使用していたければ運用には何の問題もありません。

Nikonのレンズを新旧含めて幅広く楽しみたい方は上記の特徴を踏まえて、ボディの運用をしてみてください。


▼ただいま、新品Z7へお買い替えなら買取見積り額15%UP▼ 新品Z7へのお買い替えで下取り15%UP!



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年11月28日 22時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR 【Nikon】桜の季節が来る前に 2019年02月13日
桜の季節が来る前に 2月、まだまだ冷え込む日々が続きます。 白い吹雪ではなく桜色の吹雪が待ち遠しい今日この頃です。 さて2月というのは 「寒桜」が見ごろを迎え始める季節でもあります。 そろそろ寒桜が見ごろを迎えるかと思っていたある日の朝、 その日は雪が降った日でした。 「雪桜」 そんな言葉が頭に浮かんだ私は、 Nikon D500と70-200mm F2.8 FL VRだけを持ち、 都内某所に向かいました。 たったこれだけの機材に絞ったのは、 手持ちの中で最も防塵・防滴へ...
続きを読む
D810で撮る旧岩崎邸 【Nikon】D810で撮る旧岩崎邸 2019年02月10日
年が明けたと思ったら、あっという間に2月。 急に写真が撮りたくなり、 前から気になっていた「旧岩崎邸」撮影してきました。 惚れ惚れするようなクリーム色の洋館。 さっそく中へ入ります。 この建物は明治29年に三菱第3社長の本宅として造られたもので、 往時は1万5千坪の土地があったそうです。 建物の造形美に惹きつけられ思わずシャッターを切ります。 次は和館へ。 洋館だからといって全てを洋風にするのではなく、 日本の心も取り入れる、という点に日本人らしさを...
続きを読む
D850 AF-S60mmF2.8G 【Nikon】Nikonの話~マイクロレンズと実効F値の話 2019年02月06日
以前よりNikon Fマウントの話をしておりますがその流れでレンズのF値に関して それもマイクロ(マクロ)レンズに関しての話を掲載していきたいと思います 今回も内容的にはNikon Fマウント初心者の方向けのものとしたいので なるべく簡易にかるーく紹介してみたいと思います まず絞りの値(F値)の基本に軽く触れてみます 現在、一般の絞り値はF1に始まり1段階絞ると露光量が半分になる国際絞りというものが採用されています つまりこんな感じ ちなみに人間の目のF値は約1.0とい...
続きを読む
アクセサリー雑感 〜マウントアダプター編〜 アクセサリー雑感 -マウントアダプター編 Vol.2- 2019年01月30日
2019年もあっという間に1ヶ月が過ぎようとしております。 寒さも一段と厳しくなり体調管理も気をつけたいところであります。 さてさて、前回のアクセサリー雑感を投稿したのが、1年ほど前... そのブログでは電子接点付きマウントアダプター、Commlite CM-ENF-E1 PROに関して書かせていただきました。 今回のアクセサリー雑感もマウントアダプター編になります。 今回の組み合わせはNikon Z7にLeica エルマー L35mm F3.5となります。 ライカMレンズをニコンZボディに取り付けられるアダプターにラ...
続きを読む
【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い 【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い 2019年01月26日
今回は「Nikon COOLPIX P1000」で撮影してみました。 発表された時から、「3000mm相当という未知の望遠域の世界はどんなものか」と気になっていました。 鏡筒部分のズームレバーの隣の「クイックバックズームボタン」を押すと、いったんワイド側に引き下がり、元の焦点距離まで再度ズームアップしてくれます。 画角が極端に狭いため、被写体を探すのにかなり役立ちました。 手振れ補正の効果は非常に強く、頼もしく感じました。通常、超望遠レンズの領域は三脚が必須となりますが、 地面に膝を付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]