【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF | THE MAP TIMES 
Select Language



【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月27日 20時00分]



SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/1250 F2.0 ISO100

CarlZeissがリリースする「Batis」シリーズから5本目となる「Batis 2/40 CF」が発売になりました。
まず目を見張るのは40mmという焦点距離。昨今では様々なメーカーからリリースされるようになった焦点距離ですが
一般的にはこの辺りの焦点距離で言うともう少しワイドに振って35mm、もしくはもう少しテレに振って50mmというのが定番どころだとは思うのです。実際使ってみると非常に使いやすい画角なのですが、恐らくは同社製レンズや純正レンズのラインナップを鑑みての40mmなのでしょう。それにしても定番どころを外すのはチャレンジングだなあと感じました。
今回はこの40mmという渋い画角にF2.0という明るさ、更には最短撮影距離24cmと数字だけ見ても魅力的なレンズ。
短時間ではありますが撮影に及んでまいりましたので、ご覧ください。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO800

型式に「CF」と入っていますが恐らく「CloseFocus」の略式なのでしょう。
前述しておりますが本レンズの最短撮影距離は24cmという事で、テーブルフォトなどでも気軽に使っていけるレンズとなっております。フローティング機構が搭載されているので近接撮影でも乱れることなく安定した描写性能を発揮してくれました。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/80 F2.0 ISO100

この日は生憎の曇り空でしたので、ローライトな環境下での撮影がメインとなっています。ご了承ください。
かなり露出を切り詰めての一枚。こういったシーンではレンズ側の性能が足りていないと濁った雰囲気になってしまうと思うのですが、Batis 2/40 CFはなんのそのといった様子。静謐な空気がその場を満たしているようなワンシーンになりました。
センサーも一助を担っていると思うのですがシャドウもとても粘っています。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/250 F2.0 ISO100

ボケの感じを見てみたくてふすまの端にピントを置いて一枚。
F2.0と大口径なレンズになりますので軽く距離を離しても宇十分なボケ量が得られますが、前後共に嫌味のないボケ味だなあと感じます。


α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/50 F2.0 ISO100


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO100

またしてもローライトなシーンですが、より明暗の描き分けの分かりやすいモノクロで。
白と黒でパターンになっていると思うのですが、よく見ると沈んでいる黒の方まで染みなどの模様もしっかりと描き込んでいます。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO100

ハイコントラストな一枚になっていますが、丁度中間トーンにあたる床の質感がとてもよく出たなあということで採用。
これがCarlZeissの言う「マイクロコントラスト」の高さなのでしょうか。つるんとした光沢は素足で歩くとこの時期はひんやりしていそうです。
踏み締めるとぎいぎいと鳴き、少したわむ。そんな記憶を呼び戻す質感描写は根源的な性能の高さあってこそ。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/320 F2.0 ISO100

次回は晴れの日に撮影に臨みたいものですが、これだけ豊富なトーンを見せられてしまうとコントラストの低くなる曇りの日でも十分に楽しめてしまいます。
他のBatisシリーズ同様、防塵防滴に配慮したシーリングもありますのでこれからの時期天候が優れないシーンでも安心して使っていけるレンズです。

今回はこの辺で。


お求めはコチラから





ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラへお立ち寄りください!
mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月27日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]