【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF | THE MAP TIMES 
Select Language



【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月27日 20時00分]



SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/1250 F2.0 ISO100

CarlZeissがリリースする「Batis」シリーズから5本目となる「Batis 2/40 CF」が発売になりました。
まず目を見張るのは40mmという焦点距離。昨今では様々なメーカーからリリースされるようになった焦点距離ですが
一般的にはこの辺りの焦点距離で言うともう少しワイドに振って35mm、もしくはもう少しテレに振って50mmというのが定番どころだとは思うのです。実際使ってみると非常に使いやすい画角なのですが、恐らくは同社製レンズや純正レンズのラインナップを鑑みての40mmなのでしょう。それにしても定番どころを外すのはチャレンジングだなあと感じました。
今回はこの40mmという渋い画角にF2.0という明るさ、更には最短撮影距離24cmと数字だけ見ても魅力的なレンズ。
短時間ではありますが撮影に及んでまいりましたので、ご覧ください。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO800

型式に「CF」と入っていますが恐らく「CloseFocus」の略式なのでしょう。
前述しておりますが本レンズの最短撮影距離は24cmという事で、テーブルフォトなどでも気軽に使っていけるレンズとなっております。フローティング機構が搭載されているので近接撮影でも乱れることなく安定した描写性能を発揮してくれました。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/80 F2.0 ISO100

この日は生憎の曇り空でしたので、ローライトな環境下での撮影がメインとなっています。ご了承ください。
かなり露出を切り詰めての一枚。こういったシーンではレンズ側の性能が足りていないと濁った雰囲気になってしまうと思うのですが、Batis 2/40 CFはなんのそのといった様子。静謐な空気がその場を満たしているようなワンシーンになりました。
センサーも一助を担っていると思うのですがシャドウもとても粘っています。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/250 F2.0 ISO100

ボケの感じを見てみたくてふすまの端にピントを置いて一枚。
F2.0と大口径なレンズになりますので軽く距離を離しても宇十分なボケ量が得られますが、前後共に嫌味のないボケ味だなあと感じます。


α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/50 F2.0 ISO100


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO100

またしてもローライトなシーンですが、より明暗の描き分けの分かりやすいモノクロで。
白と黒でパターンになっていると思うのですが、よく見ると沈んでいる黒の方まで染みなどの模様もしっかりと描き込んでいます。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/60 F2.0 ISO100

ハイコントラストな一枚になっていますが、丁度中間トーンにあたる床の質感がとてもよく出たなあということで採用。
これがCarlZeissの言う「マイクロコントラスト」の高さなのでしょうか。つるんとした光沢は素足で歩くとこの時期はひんやりしていそうです。
踏み締めるとぎいぎいと鳴き、少したわむ。そんな記憶を呼び戻す質感描写は根源的な性能の高さあってこそ。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Carl Zeiss (カールツァイス) Batis 40mm F2 CF
α7RIII + Batis 2/40 CF
ss1/320 F2.0 ISO100

次回は晴れの日に撮影に臨みたいものですが、これだけ豊富なトーンを見せられてしまうとコントラストの低くなる曇りの日でも十分に楽しめてしまいます。
他のBatisシリーズ同様、防塵防滴に配慮したシーリングもありますのでこれからの時期天候が優れないシーンでも安心して使っていけるレンズです。

今回はこの辺で。


お求めはコチラから





ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラへお立ち寄りください!
mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月27日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
緑の恵み 【PENTAX】緑の恵み 2019年05月15日
『PENTAX K-1MarkⅡ +FA77mm F1.8 Limited』 1/125 f/8 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- "ひとつ、またひとつ心を優しくするために" 1/100 f/6.3 ISO800 WB AUTO 今回は新緑の緑を感じにフルサイズボディPENTAXK-1と 独特な描写で人気のLimitedレンズ・FA77mmの組み合わせでお出掛けしました。 1/160 f/5.6 ISO800 WB AUTO PENTAXは緑の発色が本当に綺麗だと、心から思います。 JPEGで撮ってだし、WBをボディ内で調整せず、 AUTOでこの緑の発色が出せ、さらにこの表現力は このメーカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]