青は続くよ今日もまた | THE MAP TIMES 
Select Language



青は続くよ今日もまた

[ Category:etc.|掲載日時:2018年12月02日 10時30分]


Voigtlander



すがすがしいお天気が続き、芯から冷え込む季節になってまいりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はといいますと、夜から朝までの冷え込みで早く起きすぎたり二度寝で寝坊しかけたりと毎日乱れきっております。
ひとりでに大変参っております。季節外れのアマリリスが沁みますね。

と、余談はさておき、この澄み切ったお天気を撮らないわけにはいかいでか、と思いましたので今回は青い散歩道、
第二弾といかせていただきます。またお付き合いいただけたら幸いです。




Voigtlander




目に映った順に。憧れのしゅうまつ。
ローマで映える大好きなあの子もこの街じゃ置物にもなりきれていないなんとも、な光景でした。
「いつかは乗りたい」が「いつかは捨てなきゃ」になってしまうのでしょうか。







Voigtlander




ファインダー。目に入った瞬間おもわずふふっとなってしまいました。
何ミリ画角なんだろうな、とか考えながら撮りました。こういう写真もどんどん撮っていきたいですね。






Voigtlander




ベンチ。ただただベンチ。
好きなんですよね。ベンチ。よく見ると金具にきれいな飾りがあったり、つくった方の意匠がにじんでたり、
ひとつとして同じじゃないと思うんです。ジオンリーベンチ。









Voigtlander


Voigtlander



Voigtlander





街の心臓達。
時計っていいですよね。それぞれのリズムではありながらもそれぞれが平等に時を刻むあの音が
まるで世界の心音のようで、健やかなる時も病める時も耳を傾けるたびにああ、生きてるなあと感じてしまうのは私だけでしょうか。





Voigtlander




まなざし。まっすぐに。


さて、いかがでしたでしょうか。
毎度毎度ぱっと出しの拙い写真に言葉ばかりで大変申し訳が立たないのですが、
もしほんの少しでもお楽しみいただけていればとても幸いでございます。
では本日は、いいえおそらく御年はここまで、ですね。
カメラを手に取ってからあと少しで半年。
いろんなところやいろんなもの、たくさんの方々に変わっていくもの変わらないもの、
そのどれもが美しく、切ったシャッターの数だけ自分の世界が広がっていく感覚で勝手に楽しませていただいております。
抱負というほどではございませんが、
今までもこれからも、謳うような一枚を撮っていきたいなと思っております。

この度も長いことお付き合いいただき、まことにありがとうございました。
これを以て一足お先に総括とさせていただきます。
お別れは橋の下の空で。ではまたいつか。


Voigtlander


今回使用したのはこのレンズ
【NOKTON Classic 35mm F1.4 SC VM】
【Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM】












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:etc.|掲載日時:2018年12月02日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む
RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]