Select Language

【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年12月03日 10時30分]

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR


【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す


 “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。
しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシミュレーションとして、ミラーレスカメラに搭載され、一般ユーザーにも広く使えるようになったのです。
いずれ、この「エテルナ」を使用して、映像作品を作りたいと考える筆者は、まず手始めにスチルでテストをしてみようと思い立ちました。今回は「時の鐘と蔵のまち」川越を散策し、「エテルナ」の表現力を探って行きたいと思います。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

街のシンボルともいえる「時の鐘」です。空を大きく入れ込み、ダイナミックな構図をとりました。シャドーからハイライトまで安定した階調バランスを持つエテルナのおかげで、どちらも破綻せずに表現できていると感じます。左手前の蔵の壁は一面真っ白で、かつ鐘楼向かって右側面のシャドーもあるというかなり意地悪な条件ですが、エテルナのトーンが両方をしっかりと表現してくれています。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

座席の赤が良く発色されていると感じます。ビビッドになりすぎない表現が非常に好みです。手前のシャドーをもう少し持ち上げたいとも思いましたが、ハイコントラスト感が気に入ったのでそのままとしました。人力車のフレームの艶感が黒に沈むことなく良好に表現されていると感じます。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF35mm F2 R WR

「単色しかない食べ物って美味しそうに撮れない!」と常々私は思うのですが、エテルナのトーンで撮影するとグッときました。単色の中にある細かい諧調の違いを表現できているからだと思います。基本広角16mmで撮り続けていたのですが、立体感を持たせたくこのカットは35mmを使用しました。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

グレーや黒が多く、非常にモノトーンな被写体です。単調になりがちな気がしますが、軒下のシャドー部があることも相まって非常に立体感が感じられます。影の中に入ってしまっている暖簾もうっすらと浮かび上がって良く表現されています。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

おみくじを結んだその影の出かたに非常に興味をそそられました。ハイライトが多少飛び気味ですが、満遍なく表現できているあたりがエテルナの優秀さを伺えます。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

手前の被写体は単色、ボケた背景にカラフルなものがある構図。奥の色がうるさく感じることが多いのですが、フラットな表現でまとまりが良いと思いました。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

看板に使われている木材の経年変化した佇まいが気に入りました。空のブルーも落ち着いた発色で、この街のトーンとも非常に相性が良いと感じました。
如何でしたでしょうか?ハイライトからシャドー部まで、広い諧調表現が得意なエテルナの特性を見ることができたかと思います。動画においてはLog撮影でグレーディング処理を施さないとできないような表現が撮って出しでも表現ができる。映画用フィルムを長く扱ってきたFUJIFILMならではの強みだと言えます。




↓今回の使用機材はコチラ↓






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年12月03日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!39票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6.5段...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む