【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年12月03日 10時30分]


FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR


【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す


 “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。
しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレスカメラに搭載され、一般ユーザーにも広く使えるようになったのです。
いずれ、この「エテルナ」を使用して、映像作品を作りたいと考える筆者は、まず手始めにスチルでテストをしてみようと思い立ちました。今回は「時の鐘と蔵のまち」川越を散策し、「エテルナ」の表現力を探って行きたいと思います。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

街のシンボルともいえる「時の鐘」です。空を大きく入れ込み、ダイナミックな構図をとりました。シャドーからハイライトまで安定した階調バランスを持つエテルナのおかげで、どちらも破綻せずに表現できていると感じます。左手前の蔵の壁は一面真っ白で、かつ鐘楼向かって右側面のシャドーもあるというかなり意地悪な条件ですが、エテルナのトーンが両方をしっかりと表現してくれています。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

座席の赤が良く発色されていると感じます。ビビッドになりすぎない表現が非常に好みです。手前のシャドーをもう少し持ち上げたいとも思いましたが、ハイコントラスト感が気に入ったのでそのままとしました。人力車のフレームの艶感が黒に沈むことなく良好に表現されていると感じます。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF35mm F2 R WR

「単色しかない食べ物って美味しそうに撮れない!」と常々私は思うのですが、エテルナのトーンで撮影するとグッときました。単色の中にある細かい諧調の違いを表現できているからだと思います。基本広角16mmで撮り続けていたのですが、立体感を持たせたくこのカットは35mmを使用しました。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

グレーや黒が多く、非常にモノトーンな被写体です。単調になりがちな気がしますが、軒下のシャドー部があることも相まって非常に立体感が感じられます。影の中に入ってしまっている暖簾もうっすらと浮かび上がって良く表現されています。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

おみくじを結んだその影の出かたに非常に興味をそそられました。ハイライトが多少飛び気味ですが、満遍なく表現できているあたりがエテルナの優秀さを伺えます。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

手前の被写体は単色、ボケた背景にカラフルなものがある構図。奥の色がうるさく感じることが多いのですが、フラットな表現でまとまりが良いと思いました。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

看板に使われている木材の経年変化した佇まいが気に入りました。空のブルーも落ち着いた発色で、この街のトーンとも非常に相性が良いと感じました。
如何でしたでしょうか?ハイライトからシャドー部まで、広い諧調表現が得意なエテルナの特性を見ることができたかと思います。動画においてはLog撮影でグレーディング処理を施さないとできないような表現が撮って出しでも表現ができる。映画用フィルムを長く扱ってきたFUJIFILMならではの強みだと言えます。




↓今回の使用機材はコチラ↓






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年12月03日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]