【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年12月03日 10時30分]


FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR


【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す


 “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。
しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレスカメラに搭載され、一般ユーザーにも広く使えるようになったのです。
いずれ、この「エテルナ」を使用して、映像作品を作りたいと考える筆者は、まず手始めにスチルでテストをしてみようと思い立ちました。今回は「時の鐘と蔵のまち」川越を散策し、「エテルナ」の表現力を探って行きたいと思います。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

街のシンボルともいえる「時の鐘」です。空を大きく入れ込み、ダイナミックな構図をとりました。シャドーからハイライトまで安定した階調バランスを持つエテルナのおかげで、どちらも破綻せずに表現できていると感じます。左手前の蔵の壁は一面真っ白で、かつ鐘楼向かって右側面のシャドーもあるというかなり意地悪な条件ですが、エテルナのトーンが両方をしっかりと表現してくれています。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

座席の赤が良く発色されていると感じます。ビビッドになりすぎない表現が非常に好みです。手前のシャドーをもう少し持ち上げたいとも思いましたが、ハイコントラスト感が気に入ったのでそのままとしました。人力車のフレームの艶感が黒に沈むことなく良好に表現されていると感じます。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF35mm F2 R WR

「単色しかない食べ物って美味しそうに撮れない!」と常々私は思うのですが、エテルナのトーンで撮影するとグッときました。単色の中にある細かい諧調の違いを表現できているからだと思います。基本広角16mmで撮り続けていたのですが、立体感を持たせたくこのカットは35mmを使用しました。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

グレーや黒が多く、非常にモノトーンな被写体です。単調になりがちな気がしますが、軒下のシャドー部があることも相まって非常に立体感が感じられます。影の中に入ってしまっている暖簾もうっすらと浮かび上がって良く表現されています。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

おみくじを結んだその影の出かたに非常に興味をそそられました。ハイライトが多少飛び気味ですが、満遍なく表現できているあたりがエテルナの優秀さを伺えます。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

手前の被写体は単色、ボケた背景にカラフルなものがある構図。奥の色がうるさく感じることが多いのですが、フラットな表現でまとまりが良いと思いました。




FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR

看板に使われている木材の経年変化した佇まいが気に入りました。空のブルーも落ち着いた発色で、この街のトーンとも非常に相性が良いと感じました。
如何でしたでしょうか?ハイライトからシャドー部まで、広い諧調表現が得意なエテルナの特性を見ることができたかと思います。動画においてはLog撮影でグレーディング処理を施さないとできないような表現が撮って出しでも表現ができる。映画用フィルムを長く扱ってきたFUJIFILMならではの強みだと言えます。




↓今回の使用機材はコチラ↓






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年12月03日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す 【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 2018年12月03日
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す  “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。 しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 2018年11月22日
レンズ・周辺機器について 50R向けとして50mmの薄型単焦点レンズをPhotokina2018で開発発表されておりましたが、50R 用にグリップや外付けのファインダーといった趣味性の高いアクセサリー類の登場・開発などは今後あるのでしょうか? 構想には上がったのですが、今のところはございません。 グリップは、あればよりしっか...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 2018年11月22日
中判センサーの優位性について フルサイズ機でも4000万画素といった高画素モデルが出てきている中、中判5000万画素の有利な点はどういったところでしょうか? 仮に同じ画素数でも、一見して画質が違うと思います。ただ、そ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 2018年11月22日
センサー開発について 今回の50Rは50Sをより外に持ち出しやすく組み替えたというコンセプトだと伺いました。開発の際にはセンサーを新規で開発するといった考えはあったのでしょうか? 基本的にはありませんでした。その最大の理由はやはりコストです。 50S はレンズ性能・画質含めて「やっぱりフルサイズと比べてもワンラン...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 1 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 1 2018年11月22日
富士フイルムより、35mmフルサイズの約1.7倍の大型センサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラの2機種目『GFX 50R』が登場しました。プロ向けの中判システムを前提に開発された『GFX 50S』に対し、『GFX 50R』は往年の『GW690』のようなレンジファインダースタイルを採用し、より小型で軽量化な中判デジタル機に仕上げてきました。今回は開発担当者へ『GFX 50R』の魅力や開発の経緯などを伺って来ました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]