【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月29日 19時40分]


カメラと旅を。第三弾。
今回はイタリアの北東部に位置するベネツィアとともにカメラの魅力をお届けいたします。
使用したカメラはSONY α5100とGoPro HERO6
長期旅行のためコンパクトで荷物にならない、軽くて一日持ち歩ける、簡単で綺麗に撮れる。この3点を重視しております。




GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200

とある漫画をきっかけに小さい頃からベネツィアに憧れをもっていた私は、大学に入り初めての国外旅行にイタリアを選びました。
a5100とGoProはとても軽くコンパクトなのでとても旅行向きです。
基本はE PZ 16-50mm F3.5-5.6 をつけ首からぶら下げて街中を歩きます。本日の紹介する写真では使っていないのですが55-210mm F4.5-6.3は鞄にいれ、GoProはポケットの中に。
基本オートモードでしか撮影をせず押したい時にすぐにシャッターを切れるようにしております。




SONYa5100+PZ16-50mm

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/25秒 ISO:6400

初の海外、夢に見た場所に大興奮。
現地に着いたのは0時近くだったのですが、街中を歩き回り永遠とシャッターを切っていました。
この写真は、夜景の難しい設定もせず、シーンモードの手持ち撮影を使っています。ぶれることなく澄んだ夜の美しさが表現できております。
常時電源を付けているため、バッテリーの減りが速いのですが、ケータイと同じ携帯用充電器が使用できるため予備のバッテリーを持たなくても済みます。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/25秒 ISO:6400

こちらはゴンドラ職人の方。外から興味津々に覗いていたら、「入っていいよ」と見学させていただきました。木のいい匂いと職人の技を写真から伝わればと思います。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:39mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200

念願のゴンドラに乗り込み、いっぱい写真を撮るぞと心に決めていたのですが、船漕ぎのお兄さんが陽気に話しかけてくれ、カンツォーネに聞き惚れ、辺りを見渡しキョロキョロ。結局写真はあまりとれませんでした。



GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1269秒 ISO:100

この写真はGoProを水面ぎりぎりまでもっていきiPhoneで操作して撮影したものです。
この時に水面にカメラを落としたのですが、なんと、浮くのですこのカメラ。ゴンドリエーネもびっくり。そのあとは器用に船を寄せてくれたので無事回収することが出来ました。
この時はアクセサリーのザ・ハンドラーを付けていたのですが、やはりストラップは大切です。実感いたしました。




GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/秒 ISO:100

こちらの写真は橋の上からでGoProの魚眼で撮影したものです。
ブラーノ島のカラフルな建物が色鮮やかに映っています。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/15秒 ISO:6400

夜景も撮影。こちらは柱に手で固定して撮影したもの。
さすがに手持ちだと失敗が多いので三脚を持ってくればよかったと後悔しましたが、空と建物が綺麗に撮れています。




SONYa5100+PZ16-50m
SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:640

イタリアに来たらジェラート。食べ物はどれも絶品です。
ジェラート好きな私は、お店を見つけるたびに店内へ吸い込まれていくのでした。

サンマルコ広場のすぐ近くにホテルをとったので深夜と日の出、日の入り寝る時間がもったいないくらいシャッターチャンスがあふれており、素敵な石畳と運河。素敵な人たちと建物。写真は撮っても撮っても撮り足りなかったです。




GoProHERO6

GoProHERO6

焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1108秒 ISO:100
















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月29日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]