【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月29日 19時40分]


カメラと旅を。第三弾。
今回はイタリアの北東部に位置するベネツィアとともにカメラの魅力をお届けいたします。
使用したカメラはSONY α5100とGoPro HERO6
長期旅行のためコンパクトで荷物にならない、軽くて一日持ち歩ける、簡単で綺麗に撮れる。この3点を重視しております。




GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200

とある漫画をきっかけに小さい頃からベネツィアに憧れをもっていた私は、大学に入り初めての国外旅行にイタリアを選びました。
a5100とGoProはとても軽くコンパクトなのでとても旅行向きです。
基本はE PZ 16-50mm F3.5-5.6 をつけ首からぶら下げて街中を歩きます。本日の紹介する写真では使っていないのですが55-210mm F4.5-6.3は鞄にいれ、GoProはポケットの中に。
基本オートモードでしか撮影をせず押したい時にすぐにシャッターを切れるようにしております。




SONYa5100+PZ16-50mm

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/25秒 ISO:6400

初の海外、夢に見た場所に大興奮。
現地に着いたのは0時近くだったのですが、街中を歩き回り永遠とシャッターを切っていました。
この写真は、夜景の難しい設定もせず、シーンモードの手持ち撮影を使っています。ぶれることなく澄んだ夜の美しさが表現できております。
常時電源を付けているため、バッテリーの減りが速いのですが、ケータイと同じ携帯用充電器が使用できるため予備のバッテリーを持たなくても済みます。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/25秒 ISO:6400

こちらはゴンドラ職人の方。外から興味津々に覗いていたら、「入っていいよ」と見学させていただきました。木のいい匂いと職人の技を写真から伝わればと思います。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:39mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200

念願のゴンドラに乗り込み、いっぱい写真を撮るぞと心に決めていたのですが、船漕ぎのお兄さんが陽気に話しかけてくれ、カンツォーネに聞き惚れ、辺りを見渡しキョロキョロ。結局写真はあまりとれませんでした。



GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1269秒 ISO:100

この写真はGoProを水面ぎりぎりまでもっていきiPhoneで操作して撮影したものです。
この時に水面にカメラを落としたのですが、なんと、浮くのですこのカメラ。ゴンドリエーネもびっくり。そのあとは器用に船を寄せてくれたので無事回収することが出来ました。
この時はアクセサリーのザ・ハンドラーを付けていたのですが、やはりストラップは大切です。実感いたしました。




GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/秒 ISO:100

こちらの写真は橋の上からでGoProの魚眼で撮影したものです。
ブラーノ島のカラフルな建物が色鮮やかに映っています。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/15秒 ISO:6400

夜景も撮影。こちらは柱に手で固定して撮影したもの。
さすがに手持ちだと失敗が多いので三脚を持ってくればよかったと後悔しましたが、空と建物が綺麗に撮れています。




SONYa5100+PZ16-50m
SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:640

イタリアに来たらジェラート。食べ物はどれも絶品です。
ジェラート好きな私は、お店を見つけるたびに店内へ吸い込まれていくのでした。

サンマルコ広場のすぐ近くにホテルをとったので深夜と日の出、日の入り寝る時間がもったいないくらいシャッターチャンスがあふれており、素敵な石畳と運河。素敵な人たちと建物。写真は撮っても撮っても撮り足りなかったです。




GoProHERO6

GoProHERO6

焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1108秒 ISO:100
















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月29日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 2019年04月09日
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 1/2000 F2.5 ISO100 マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか? やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。 どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなとこ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 2019年04月08日
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100 あと、数週間で平成が終わる。 約31年間、数多のカメラが登場しました。 その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」 小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。 解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。 有効約2430万画素。 カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。 フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]