【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III

[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月29日 19時40分]


カメラと旅を。第三弾。
今回はイタリアの北東部に位置するベネツィアとともにカメラの魅力をお届けいたします。
使用したカメラはSONY α5100とGoPro HERO6
長期旅行のためコンパクトで荷物にならない、軽くて一日持ち歩ける、簡単で綺麗に撮れる。この3点を重視しております。




GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1693秒 ISO:100

とある漫画をきっかけに小さい頃からベネツィアに憧れをもっていた私は、大学に入り初めての国外旅行にイタリアを選びました。
a5100とGoProはとても軽くコンパクトなのでとても旅行向きです。
基本はE PZ 16-50mm F3.5-5.6 をつけ首からぶら下げて街中を歩きます。本日の紹介する写真では使っていないのですが55-210mm F4.5-6.3は鞄にいれ、GoProはポケットの中に。
基本オートモードでしか撮影をせず押したい時にすぐにシャッターを切れるようにしております。




SONYa5100+PZ16-50mm

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/25秒 ISO:6400

初の海外、夢に見た場所に大興奮。
現地に着いたのは0時近くだったのですが、街中を歩き回り永遠とシャッターを切っていました。
この写真は、夜景の難しい設定もせず、シーンモードの手持ち撮影を使っています。ぶれることなく澄んだ夜の美しさが表現できております。
常時電源を付けているため、バッテリーの減りが速いのですが、ケータイと同じ携帯用充電器が使用できるため予備のバッテリーを持たなくても済みます。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/25秒 ISO:6400

こちらはゴンドラ職人の方。外から興味津々に覗いていたら、「入っていいよ」と見学させていただきました。木のいい匂いと職人の技を写真から伝わればと思います。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:39mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200

念願のゴンドラに乗り込み、いっぱい写真を撮るぞと心に決めていたのですが、船漕ぎのお兄さんが陽気に話しかけてくれ、カンツォーネに聞き惚れ、辺りを見渡しキョロキョロ。結局写真はあまりとれませんでした。



GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1269秒 ISO:100

この写真はGoProを水面ぎりぎりまでもっていきiPhoneで操作して撮影したものです。
この時に水面にカメラを落としたのですが、なんと、浮くのですこのカメラ。ゴンドリエーネもびっくり。そのあとは器用に船を寄せてくれたので無事回収することが出来ました。
この時はアクセサリーのザ・ハンドラーを付けていたのですが、やはりストラップは大切です。実感いたしました。




GoProHERO6

GoProHERO6
焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/秒 ISO:100

こちらの写真は橋の上からでGoProの魚眼で撮影したものです。
ブラーノ島のカラフルな建物が色鮮やかに映っています。




SONYa5100+PZ16-50m

SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/15秒 ISO:6400

夜景も撮影。こちらは柱に手で固定して撮影したもの。
さすがに手持ちだと失敗が多いので三脚を持ってくればよかったと後悔しましたが、空と建物が綺麗に撮れています。




SONYa5100+PZ16-50m
SONYa5100+PZ16-50m
焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:640

イタリアに来たらジェラート。食べ物はどれも絶品です。
ジェラート好きな私は、お店を見つけるたびに店内へ吸い込まれていくのでした。

サンマルコ広場のすぐ近くにホテルをとったので深夜と日の出、日の入り寝る時間がもったいないくらいシャッターチャンスがあふれており、素敵な石畳と運河。素敵な人たちと建物。写真は撮っても撮っても撮り足りなかったです。




GoProHERO6

GoProHERO6

焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1108秒 ISO:100
















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:SONY|掲載日時:2018年11月29日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

虫撮りその2 【SONY】α77II 虫撮りその2 2018年12月15日
前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。 さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。 なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。 探したのです...
続きを読む
null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。Ⅲ 【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III 2018年11月29日
カメラと旅を。第三弾。 今回はイタリアの北東部に位置するベネツィアとともにカメラの魅力をお届けいたします。 使用したカメラはSONY α5100とGoPro HERO6 長期旅行のためコンパクトで荷物にならない、軽くて一日持ち歩ける、簡単で綺麗に撮れる。この3点を重視しております。 GoProHERO6 焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1693秒 ISO:100 とある漫画をきっかけに小さい頃からベネツィアに憧れをもっていた私は、大学に入り初めての国外旅行にイタリアを選びました。 a5100...
続きを読む
null 【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF 2018年11月27日
α7RIII + Batis 2/40 CF ss1/1250 F2.0 ISO100 CarlZeissがリリースする「Batis」シリーズから5本目となる「Batis 2/40 CF」が発売になりました。 まず目を見張るのは40mmという焦点距離。昨今では様々なメーカーからリリースされるようになった焦点距離ですが 一般的にはこの辺りの焦点距離で言うともう少しワイドに振って35mm、もしくはもう少しテレに振って50mmというのが定番どころだとは思うのです。実際使ってみると非常に使いやすい画角なのですが、恐らくは同社製レンズや純正レンズのライ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]