Select Language

気分もライトに薄型レンズ

[ Category: Panasonic|掲載日時:2018年12月01日 08時00分]


11月も終わり、今年も残すところあと一月となりました。
毎年この時期に一年を振り返るイベントとして「新語・流行語大賞」がありますが、
今年の映像業界では「ミラーレス」という言葉が最も盛り上がった一年だったのではないでしょうか。

そしてその渦中にいるパナソニック。
フルサイズミラーレスの開発状況が気になるところですが、マイクロフォーサーズ規格の製品も引き続き開発していってほしいものです。


今回は現行のパナソニックレンズの中でも特にコンパクトな「LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.」をご紹介します。

本レンズの特徴は何といってもそのコンパクトさ。
F1.7という明るさを持ちながら長さ約25.5mm(レンズ先端より、レンズマウント基準面まで)と、
小柄なラインナップが多いマイクロフォーサーズレンズの中でも特に小さくまとまっています。
さらに本モデルでは外装に金属が使用されているので高級感も申し分なしです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


高架下の鉄骨と、上から差し入る光と影。
このレンズは解放からくっきりと写りますが、一段ほど絞るとより質感が際立ちます。
コントラストははっきりとしていますがハイライト、シャドウはきつくなりすぎることはなく、
そのまま撮って出しでも見苦しくなることはほとんどありませんでした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


皇居内の石垣とマンション。
コントラストがはっきりしているのもありますが、立体感はなかなかのものです。
線が少し強めに出るので風景や物を撮影するのに適していると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


ではボケの具合はどうなのかというと、個人的にはそこまできつくなりすぎることはないと思います。
ボケの量を増やすにはセンサーサイズの都合である程度被写体に近づく必要がありますが、
30㎝ほどまで近づけば十分にボケてくれるはずです。


パナソニックのレンズと言えばLEICA DGシリーズがすっかり定番となっていますが、
それ以外のレンズもなかなか侮れない実力を持っています。
本気で撮りたい時と散歩がてらカメラを持ち出したい時。
気分に合わせてレンズを選ぶようにすれば、写真がより身近になるのではないでしょうか。




今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. ブラック











〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2018年12月01日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『Abox Photo Club Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む