気分もライトに薄型レンズ | THE MAP TIMES 
Select Language



気分もライトに薄型レンズ

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年12月01日 08時00分]



11月も終わり、今年も残すところあと一月となりました。
毎年この時期に一年を振り返るイベントとして「新語・流行語大賞」がありますが、
今年の映像業界では「ミラーレス」という言葉が最も盛り上がった一年だったのではないでしょうか。

そしてその渦中にいるパナソニック。
フルサイズミラーレスの開発状況が気になるところですが、マイクロフォーサーズ規格の製品も引き続き開発していってほしいものです。


今回は現行のパナソニックレンズの中でも特にコンパクトな「LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.」をご紹介します。

本レンズの特徴は何といってもそのコンパクトさ。
F1.7という明るさを持ちながら長さ約25.5mm(レンズ先端より、レンズマウント基準面まで)と、
小柄なラインナップが多いマイクロフォーサーズレンズの中でも特に小さくまとまっています。
さらに本モデルでは外装に金属が使用されているので高級感も申し分なしです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


高架下の鉄骨と、上から差し入る光と影。
このレンズは解放からくっきりと写りますが、一段ほど絞るとより質感が際立ちます。
コントラストははっきりとしていますがハイライト、シャドウはきつくなりすぎることはなく、
そのまま撮って出しでも見苦しくなることはほとんどありませんでした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


皇居内の石垣とマンション。
コントラストがはっきりしているのもありますが、立体感はなかなかのものです。
線が少し強めに出るので風景や物を撮影するのに適していると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ+Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.


ではボケの具合はどうなのかというと、個人的にはそこまできつくなりすぎることはないと思います。
ボケの量を増やすにはセンサーサイズの都合である程度被写体に近づく必要がありますが、
30㎝ほどまで近づけば十分にボケてくれるはずです。


パナソニックのレンズと言えばLEICA DGシリーズがすっかり定番となっていますが、
それ以外のレンズもなかなか侮れない実力を持っています。
本気で撮りたい時と散歩がてらカメラを持ち出したい時。
気分に合わせてレンズを選ぶようにすれば、写真がより身近になるのではないでしょうか。




今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. ブラック











〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年12月01日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Spacial partner One 【Panasonic】Spacial partner One 2019年05月29日
Specialな新しいパートナー Panasonicから発売された渾身のフルサイズミラーレス、 Panasonic Sシリーズ 各所で高い評価を得ていて、 DC-S1Rはカメラグランプリ2019で大賞を受賞したりと期待高まる本シリーズ、 興味を持たれている方もいらっしゃると思います。 今回は3本のレンズでDC-S1を試したものをご紹介いたします。 よくレビューされている標準ズームやS-X50以外で撮影したものです。 どんなカメラなのか、ぜひご覧いただければと思います。 フルサイズミラーレスを所有するにあたっ...
続きを読む
【Panasonic】青い丘であいましょう 【Panasonic】青い丘であいましょう 2019年05月02日
令和目前、平成最後に茨城の青い丘を観に行ってきました。 場所はひたち海浜公園。青の花の名前はネモフィラ。 SNSで知名度が一気に上がった青い丘。 想定した混み具合を軽く上回る人の数でした。 前日に茨城に着き一般道から向かったのですが着いた時には駐車場待ちの行列。 公園から少し歩く臨時の駐車場に止めることが出来ましたがそこもすぐに満車状態に。 ちなみに今は期間限定で朝7:30開園なのですが(着いたのは8時前くらい) 朝四時から五時に開園待ちをしている人もいたという人気っ...
続きを読む
null 【Touch&Try The Mapcamera】Panasonic DC-S1 & S1R 2019年03月22日
遂にこの日がやってきました。 今最も注目を浴びていると言っても過言ではないしょう。 三社協同による「L」マウントのミラーレス一眼カメラ 「Panasonic DC-S1&S1R」の発売日です。 cp+(シーピープラス)も多くの方で Touch&Try コーナーが賑わっていました。 中には長蛇の列を待ちきれずに触らずじまい、という方もいらっしゃったのではないでしょうか。 そこで今回マップカメラでは なるべく多くの方に実機を触っていただき魅力を感じていただきたいと思い 本館4FとB1Fにそれぞれ触って...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
通勤のち旅路 通勤という旅路 2019年02月09日
「通勤時間を楽しいものにしたい」 それが最近の私のテーマです。 通勤時間というのは一年で換算するとかなりの割合を占めていることに驚かされます。 毎日というわけにはいかなくとも、せめて休日前の帰りの時間だけでも有意義にすることは出来ないでしょうか。 そこである日、私はある試みをしてみました。 休日前の仕事終わりに家には帰らず、あえて一泊してみたのです。 はたして結果はどうなったのでしょうか。 市ヶ谷のホテルを出てすぐ、中央線の走る線路上から見下ろすところに釣り...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]