Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 | THE MAP TIMES 
Select Language



Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM

こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。
今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。

Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM

この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。
しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので
実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM


背景を美しくボカすこのような写真は多くの人が好むところです。レンズの特徴がよく出ていると思います。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


このレンズで目の前の風景全体を撮りたいと思ったらもっと広い場所がいいですね。
良くも悪くも85mmの画角で撮った1枚になりました。
でも結構雰囲気の良い場所なのでもうちょっとチャレンジしてもよかったな、と写真を見て思いました。

さて、85mmと言えばやはりポートレートで使われる場合が多いと思われます。
今回は室内で撮ってみます。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


とはいっても被写体は人ではなくライオンのぬいぐるみです。
被写体全身を撮るのも良し、パーツを強調した撮り方も良し、距離感も取りやすいので
この手の撮影にぴったりのレンズです。
これまでのEF 85mm F1.2L Ⅱ USMと比べると今回のF1.4 IS USM
はなんといっても手振れ補正が搭載されているので(特に室内では)心強いです。
それとAFスピードが速くなっているのでよりテンポ良く
撮影できると感じました。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


ちなみにこのぬいぐるみは先日、立川市の昭和記念公園横にある有名な家具量販店に行った際に衝動買いしたものです。
すっかり気に入ってしまった私は今後、少しづつ他の動物も増やしていって我が家を動物園化するか
あるいはライオンだけを増やして、あの強豪プロ野球チームにちなんで「我が家のLIONS」とネーミングするか考え中です。





Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


これは私の部屋です。さすがにこのレンズで撮影すると、部屋の広さからしてこれが精いっぱいです。
でもこういう時、このレンズでどうやって撮ろうかと考えるのも撮影の楽しみの一つです。

ところでみなさん、現在全国で大ヒット記録を続けているあの映画はもう観ましたか?私もようやく近日中に、観に行けそうです。
「 QUEEN 」は私をハードロック音楽の世界に導いてくれた初めてのバンドでした。
初めて彼らの来日公演を観に行った時のこと、オープニングのSEが流れる中、ステージ袖から登場したフレディの輝きに満ちた姿に私はすっかり圧倒されたことを今でも覚えています。私はさらに彼らの音楽の虜になり、そしてそれはいまだに私を魅了し続けているのです、とこんな写真を見て彼らを思い出しました。映画が楽しみです。




Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


緑や花が少ない冬の花壇はちょっと寂しさを感じますが、このようにチューリップの球根を植えて春を待つという楽しみもあります。
私は毎年、これを植えるときが冬の訪れの合図と考えています。
春に花が咲くのがとても楽しみです。

85mmのレンズをファインダーからのぞくと、背景の美しいボケ味に惚れ惚れする場面あり、
目の前の景色の切り取りに苦戦したりする場面もあったりで楽しい瞬間がたくさんありました。
やはり素晴らしい道具はなんとかして使いこなせるようになりたい、とあらためて思います。



↓今回使用した機材はコチラ↓








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]