Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 | THE MAP TIMES 
Select Language



Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM

こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。
今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。

Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM

この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。
しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので
実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM


背景を美しくボカすこのような写真は多くの人が好むところです。レンズの特徴がよく出ていると思います。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


このレンズで目の前の風景全体を撮りたいと思ったらもっと広い場所がいいですね。
良くも悪くも85mmの画角で撮った1枚になりました。
でも結構雰囲気の良い場所なのでもうちょっとチャレンジしてもよかったな、と写真を見て思いました。

さて、85mmと言えばやはりポートレートで使われる場合が多いと思われます。
今回は室内で撮ってみます。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


とはいっても被写体は人ではなくライオンのぬいぐるみです。
被写体全身を撮るのも良し、パーツを強調した撮り方も良し、距離感も取りやすいので
この手の撮影にぴったりのレンズです。
これまでのEF 85mm F1.2L Ⅱ USMと比べると今回のF1.4 IS USM
はなんといっても手振れ補正が搭載されているので(特に室内では)心強いです。
それとAFスピードが速くなっているのでよりテンポ良く
撮影できると感じました。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


ちなみにこのぬいぐるみは先日、立川市の昭和記念公園横にある有名な家具量販店に行った際に衝動買いしたものです。
すっかり気に入ってしまった私は今後、少しづつ他の動物も増やしていって我が家を動物園化するか
あるいはライオンだけを増やして、あの強豪プロ野球チームにちなんで「我が家のLIONS」とネーミングするか考え中です。





Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


これは私の部屋です。さすがにこのレンズで撮影すると、部屋の広さからしてこれが精いっぱいです。
でもこういう時、このレンズでどうやって撮ろうかと考えるのも撮影の楽しみの一つです。

ところでみなさん、現在全国で大ヒット記録を続けているあの映画はもう観ましたか?私もようやく近日中に、観に行けそうです。
「 QUEEN 」は私をハードロック音楽の世界に導いてくれた初めてのバンドでした。
初めて彼らの来日公演を観に行った時のこと、オープニングのSEが流れる中、ステージ袖から登場したフレディの輝きに満ちた姿に私はすっかり圧倒されたことを今でも覚えています。私はさらに彼らの音楽の虜になり、そしてそれはいまだに私を魅了し続けているのです、とこんな写真を見て彼らを思い出しました。映画が楽しみです。




Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


緑や花が少ない冬の花壇はちょっと寂しさを感じますが、このようにチューリップの球根を植えて春を待つという楽しみもあります。
私は毎年、これを植えるときが冬の訪れの合図と考えています。
春に花が咲くのがとても楽しみです。

85mmのレンズをファインダーからのぞくと、背景の美しいボケ味に惚れ惚れする場面あり、
目の前の景色の切り取りに苦戦したりする場面もあったりで楽しい瞬間がたくさんありました。
やはり素晴らしい道具はなんとかして使いこなせるようになりたい、とあらためて思います。



↓今回使用した機材はコチラ↓








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]