Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 | THE MAP TIMES 
Select Language



Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM

こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。
今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。

Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM

この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。
しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので
実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM


背景を美しくボカすこのような写真は多くの人が好むところです。レンズの特徴がよく出ていると思います。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


このレンズで目の前の風景全体を撮りたいと思ったらもっと広い場所がいいですね。
良くも悪くも85mmの画角で撮った1枚になりました。
でも結構雰囲気の良い場所なのでもうちょっとチャレンジしてもよかったな、と写真を見て思いました。

さて、85mmと言えばやはりポートレートで使われる場合が多いと思われます。
今回は室内で撮ってみます。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


とはいっても被写体は人ではなくライオンのぬいぐるみです。
被写体全身を撮るのも良し、パーツを強調した撮り方も良し、距離感も取りやすいので
この手の撮影にぴったりのレンズです。
これまでのEF 85mm F1.2L Ⅱ USMと比べると今回のF1.4 IS USM
はなんといっても手振れ補正が搭載されているので(特に室内では)心強いです。
それとAFスピードが速くなっているのでよりテンポ良く
撮影できると感じました。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


ちなみにこのぬいぐるみは先日、立川市の昭和記念公園横にある有名な家具量販店に行った際に衝動買いしたものです。
すっかり気に入ってしまった私は今後、少しづつ他の動物も増やしていって我が家を動物園化するか
あるいはライオンだけを増やして、あの強豪プロ野球チームにちなんで「我が家のLIONS」とネーミングするか考え中です。





Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


これは私の部屋です。さすがにこのレンズで撮影すると、部屋の広さからしてこれが精いっぱいです。
でもこういう時、このレンズでどうやって撮ろうかと考えるのも撮影の楽しみの一つです。

ところでみなさん、現在全国で大ヒット記録を続けているあの映画はもう観ましたか?私もようやく近日中に、観に行けそうです。
「 QUEEN 」は私をハードロック音楽の世界に導いてくれた初めてのバンドでした。
初めて彼らの来日公演を観に行った時のこと、オープニングのSEが流れる中、ステージ袖から登場したフレディの輝きに満ちた姿に私はすっかり圧倒されたことを今でも覚えています。私はさらに彼らの音楽の虜になり、そしてそれはいまだに私を魅了し続けているのです、とこんな写真を見て彼らを思い出しました。映画が楽しみです。




Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


緑や花が少ない冬の花壇はちょっと寂しさを感じますが、このようにチューリップの球根を植えて春を待つという楽しみもあります。
私は毎年、これを植えるときが冬の訪れの合図と考えています。
春に花が咲くのがとても楽しみです。

85mmのレンズをファインダーからのぞくと、背景の美しいボケ味に惚れ惚れする場面あり、
目の前の景色の切り取りに苦戦したりする場面もあったりで楽しい瞬間がたくさんありました。
やはり素晴らしい道具はなんとかして使いこなせるようになりたい、とあらためて思います。



↓今回使用した機材はコチラ↓








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]