Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 | THE MAP TIMES 
Select Language



Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM

こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。
今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。

Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM

この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。
しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので
実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1<br />
4L IS USM


背景を美しくボカすこのような写真は多くの人が好むところです。レンズの特徴がよく出ていると思います。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


このレンズで目の前の風景全体を撮りたいと思ったらもっと広い場所がいいですね。
良くも悪くも85mmの画角で撮った1枚になりました。
でも結構雰囲気の良い場所なのでもうちょっとチャレンジしてもよかったな、と写真を見て思いました。

さて、85mmと言えばやはりポートレートで使われる場合が多いと思われます。
今回は室内で撮ってみます。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


とはいっても被写体は人ではなくライオンのぬいぐるみです。
被写体全身を撮るのも良し、パーツを強調した撮り方も良し、距離感も取りやすいので
この手の撮影にぴったりのレンズです。
これまでのEF 85mm F1.2L Ⅱ USMと比べると今回のF1.4 IS USM
はなんといっても手振れ補正が搭載されているので(特に室内では)心強いです。
それとAFスピードが速くなっているのでよりテンポ良く
撮影できると感じました。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM


ちなみにこのぬいぐるみは先日、立川市の昭和記念公園横にある有名な家具量販店に行った際に衝動買いしたものです。
すっかり気に入ってしまった私は今後、少しづつ他の動物も増やしていって我が家を動物園化するか
あるいはライオンだけを増やして、あの強豪プロ野球チームにちなんで「我が家のLIONS」とネーミングするか考え中です。





Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


これは私の部屋です。さすがにこのレンズで撮影すると、部屋の広さからしてこれが精いっぱいです。
でもこういう時、このレンズでどうやって撮ろうかと考えるのも撮影の楽しみの一つです。

ところでみなさん、現在全国で大ヒット記録を続けているあの映画はもう観ましたか?私もようやく近日中に、観に行けそうです。
「 QUEEN 」は私をハードロック音楽の世界に導いてくれた初めてのバンドでした。
初めて彼らの来日公演を観に行った時のこと、オープニングのSEが流れる中、ステージ袖から登場したフレディの輝きに満ちた姿に私はすっかり圧倒されたことを今でも覚えています。私はさらに彼らの音楽の虜になり、そしてそれはいまだに私を魅了し続けているのです、とこんな写真を見て彼らを思い出しました。映画が楽しみです。




Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM


緑や花が少ない冬の花壇はちょっと寂しさを感じますが、このようにチューリップの球根を植えて春を待つという楽しみもあります。
私は毎年、これを植えるときが冬の訪れの合図と考えています。
春に花が咲くのがとても楽しみです。

85mmのレンズをファインダーからのぞくと、背景の美しいボケ味に惚れ惚れする場面あり、
目の前の景色の切り取りに苦戦したりする場面もあったりで楽しい瞬間がたくさんありました。
やはり素晴らしい道具はなんとかして使いこなせるようになりたい、とあらためて思います。



↓今回使用した機材はコチラ↓








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月06日 21時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 【Canon】EOS R システムを充実させる新しいレンズ群 2019年02月17日
2月14日、キヤノンよりフルサイズミラーレス一眼「EOS R システム」用の交換レンズ"RFレンズ"6本の開発が発表されました。 EFマウントと同じ内径54mmの大口径マウントとショートバックフォーカスという特長を活かし、高画質・ハイスペック・コンパクトのさらなる追求を図っているというRFレンズ。今からその登場が楽しみで仕方ありません。 ■ 根強い人気の大三元レンズ RF15-35mm F2.8 L IS USM RF24-70mm F2.8 L IS USM RF70-200mm F2.8 L IS USM ズーム全域で開放F値2.8の...
続きを読む
【Canon】EOS R&RF 50mm F1.2L USM 【Canon】EOS R&RF 50mm F1.2L USM 2019年02月14日
Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM 焦点距離:50mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 気が付けば今年もあっという間にもう2月。 買い物へ行けば売られている洋服ももう春物が中心となっていて、もうすぐ冬も終わるんだなと感じさせられます。とは言ってもまだまだ寒い日が続いています。 今回はEOS RとRF 50mm F1.2L USMを使用する機会があったので写真とともにご紹介いたします。   Canon EOS R+RF 50mm F1.2L USM 焦点距離:50mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/60秒 ...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.05 【Canon】R Playing vol.05 2019年02月07日
f/2.8 シャッタースピード 1/2000 焦点距離 200mm ISO感度 100 今回は望遠レンズの定番中の定番 「EF70-200mm F2.8」の最新型「EF70-200mm F2.8L IS III USM」です。 レンズ構成:19群23枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:1.2m(最大撮影倍率:0.21※200mm時) フィルター径:77mm  重量:約1,480g 特殊コーティング「ASC」でフレアやゴーストを大幅に抑制。 逆光だけでなくさまざまな撮影環境下で高画質を実現。 このブログはまずは手に入れやすいレンズと組み合わせていこうと思っ...
続きを読む
JA773J 【Canon】EOS Rと「ヨンニッパ」 2019年01月28日
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM 400mm | F8.0 | 1/1250 | ISO320 EOS R と「ヨンニッパ」 人気のキヤノン EOS R、これまでいくつかの記事を書いてきましたが、 今回は純正の超望遠レンズとの組み合わせを試したいと思い、「EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM」を選びました。 通称「ヨンニッパ」で親しまれている同レンズですが、 IS3型が発売された今、IS2型の価格が下がってきたことから、おすすめのアイテムです。 以前所有していた事があって、久しぶりに手にした「ヨンニッパ...
続きを読む
Canon EOS Kiss X7 【Canon】ボケとキラリ 2019年01月27日
約5年前に見た目重視で新品で手に入れた『Canon EOS Kiss X7』色はホワイト。 一眼レフカメラは黒いボディのイメージだったので、白くて小さいこのカメラに一目ぼれをし、手に入れました。 それまで、写真といえば学生の頃に常に持ち歩いていた使い捨てカメラや、スマホのカメラなどシャッターを押すだけの撮影方法しかしていないため、せっかくの一眼レフなのに引き続きカメラ任せの【シーンインテリジェントオート】のみでの撮影ばかり。 とてもきれいにその時に最適な方法で撮影をしてくれ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]