スーパースローモーションで捉えるカメラ機構「メカシャッター編」 | THE MAP TIMES 
Select Language



スーパースローモーションで捉えるカメラ機構「メカシャッター編」

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月31日 11時00分]


SONY RX100シリーズでは、RX100M4以降から最大960fps(40倍)のスーパースローモーションが可能となっています。
今回はこの撮影機能を使って普段、目では捉えることの難しいシャッターの動きを撮影してみました。
今回使用したカメラはCanon EOS-1D X Mark II
このカメラはファインダー撮影時、最高約14コマ/秒となっており、RX100M6の960fps(40倍)のスーパースローモーションで撮影しました。

どのように撮影できたかは、動画でご確認ください


使用機材:DSC-RX100M6
撮影設定:960fps 画質優先/24p

一眼レフの場合、シャッターを切ると・・・
1.ミラーボックス内のミラーが上がり、光の光路がファインダーからイメージセンサーへ切り変わります
2.イメージセンサーの前に設置されているシャッター幕が動く事でセンサーに露光され、撮影が行われます

撮影をすると上記の動作が行われますが、Canon 「EOS-1D X Mark II」の高速連写(ファインダー撮影時、最高約14コマ/秒)では、一秒間にこの動作が14回繰り返し行われています。
960fpsで撮影する事で1秒を40倍のスロー再生することが可能なので、肉眼ではどの様に動いているかわからなかったメカニカルの動きを見る事ができました。

※スーパースローモーションの動画撮影は、以下の機種に対応しています
DSC-RX0
DSC-RX100M4, DSC-RX100M5, DSC-RX100M5A, DSC-RX100M6
DSC-RX10M2, DSC-RX10M3, DSC-RX10M4

広告業界では食品をよりおいしそうに見せる表現を「シズル感」と呼びますが、その表現にはスローモーションを取り入れて撮影されることが多く、日常で目にする機会も多いのではないでしょうか。
CMやMVで目にするスローモーション撮影には業務用のカメラが多く使用されていますが、対応機種のRXシリーズを使う事で自宅でも気軽に「シズル感」のある撮影も楽しめます。

皆様もぜひスーパースローモーションを使っていろいろな被写体を撮影してみてはいかがでしょうか。

▼スーパースローモーションにオススメの機材▼





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月31日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】 α9 &  Planar T* FE 50mm F1.4  最高の解像力とボケ味 【SONY】 α9 & Planar T* FE 50mm F1.4 極上の解像力とボケ味 2019年03月04日
SONY α9 + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA F1.4 1/320 ISO-100 いよいよ3月にアップデートが実施されるα9。 アップデートに先立ち、α9を使用したポートレートを紹介します。 今回使用したレンズはPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA SONYとCarlZeissの共同開発された素晴らしいレンズです。 Zeissならではの美しいコントラスト、シャープな解像力に加え、SONY独自の素晴らしい光学性能がつまっています。 F1.4 1/800 ISO-100 F1.4 1/10000 ISO-100 地面においてチルト液晶を使用して撮影...
続きを読む
【SONY】影を求めて Light and Shadow 【SONY】影を求めて Light and Shadow 2019年02月25日
SONY α7RⅢ+Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount 焦点距離:110mm 絞り:F2.5 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100 『影を求めて~Light and Shadow~』 『撮影』    「光」あるところには必ず「影」があります。「影」という言葉はネガティブなイメージを抱きやすいこともあり、ついつい「光」の方に注目しがちではありますが、今回は「影」に注目して、「影」を追い求めて、品川駅周辺を歩きました。 使用機材は「SONY α7RⅢ」 「Voigtlander MACRO APO-...
続きを読む
寒い冬はみんなで囲えるものを 【SONY】寒い冬はみんなで囲えるものを 2019年02月23日
年も明けて、もうすぐ3月になってしまいます。 まだまだ寒いですが桜が咲くのが待ち遠しいです。 今回は毎度同じく食べ物シリーズです。 おなかに入れる前の撮影は勝手に期待値があがります。 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5A】 が今回のお供です。 まずは馬刺し。 シーンセレクションの料理を選択して撮影してみました。 そして、鍋料理で一番好きなもつ鍋。 もつがプリプリで、にんにくと出汁のマッチング具合がたまりません…。 どうしてこんなに九州料理っておいしいんでしょう。 ...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
【SONY 】 カメラと旅を。 Ⅳ 【SONY】 カメラと旅を。 Ⅳ 2019年01月31日
カメラと旅を。第四弾。 今回は学生時代に研究で訪れたとある猫島と呼ばれる離島の風景とともにカメラの魅力をお届けいたします。 使用したカメラはSONYα5100ズームレンズキット。 設定は コントラスト・露出・鮮度:標準  鮮明度:ハード ホワイトバランス:自動 SONYα5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6OSS 焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200 この島は猫島と呼ばれているように、人口80人前後に対してその倍、猫がいます。 港からフェリーで約45分。チケットの判子...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]