スーパースローモーションで捉えるカメラ機構「メカシャッター編」 | THE MAP TIMES 
Select Language



スーパースローモーションで捉えるカメラ機構「メカシャッター編」

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月31日 11時00分]


SONY RX100シリーズでは、RX100M4以降から最大960fps(40倍)のスーパースローモーションが可能となっています。
今回はこの撮影機能を使って普段、目では捉えることの難しいシャッターの動きを撮影してみました。
今回使用したカメラはCanon EOS-1D X Mark II
このカメラはファインダー撮影時、最高約14コマ/秒となっており、RX100M6の960fps(40倍)のスーパースローモーションで撮影しました。

どのように撮影できたかは、動画でご確認ください


使用機材:DSC-RX100M6
撮影設定:960fps 画質優先/24p

一眼レフの場合、シャッターを切ると・・・
1.ミラーボックス内のミラーが上がり、光の光路がファインダーからイメージセンサーへ切り変わります
2.イメージセンサーの前に設置されているシャッター幕が動く事でセンサーに露光され、撮影が行われます

撮影をすると上記の動作が行われますが、Canon 「EOS-1D X Mark II」の高速連写(ファインダー撮影時、最高約14コマ/秒)では、一秒間にこの動作が14回繰り返し行われています。
960fpsで撮影する事で1秒を40倍のスロー再生することが可能なので、肉眼ではどの様に動いているかわからなかったメカニカルの動きを見る事ができました。

※スーパースローモーションの動画撮影は、以下の機種に対応しています
DSC-RX0
DSC-RX100M4, DSC-RX100M5, DSC-RX100M5A, DSC-RX100M6
DSC-RX10M2, DSC-RX10M3, DSC-RX10M4

広告業界では食品をよりおいしそうに見せる表現を「シズル感」と呼びますが、その表現にはスローモーションを取り入れて撮影されることが多く、日常で目にする機会も多いのではないでしょうか。
CMやMVで目にするスローモーション撮影には業務用のカメラが多く使用されていますが、対応機種のRXシリーズを使う事で自宅でも気軽に「シズル感」のある撮影も楽しめます。

皆様もぜひスーパースローモーションを使っていろいろな被写体を撮影してみてはいかがでしょうか。

▼スーパースローモーションにオススメの機材▼





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月31日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む
【SONY】強くてニューゲーム 【SONY】強くてニューゲーム 2019年05月14日
愛らしい容姿と、美しい囀り…。 被写体として、小鳥ほど魅力のあるものはなかなか無いのではないでしょうか。 とはいえ撮影難易度は非常に高く、「作品」を撮ろうとすると多大な努力を要します。情報収集から始まり、なわばりの位置特定、さらには目当ての鳥が現れるまで何時間も粘ったり…。 どちらかというと筆者は「歩きながら小鳥を探し、見つけたら撮る」というお手軽撮影派です。なので今までは愛機の一眼レフに70-300mmのズームを装着し、ライトに野鳥撮影を楽しんでおりました。 ですが、そ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]