【OLYMPUS】玉ボケ見つけた | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】玉ボケ見つけた

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年12月07日 10時00分]



null
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
アートフィルター:ポップアートI
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200


カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。
無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。

この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。
イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。
映画のワンシーンのような表現ができる面白い撮影方法です。
ただこの方法、オーソドックスな方法で撮ろうとすると案外大変です。
1枚目に主題、2枚目に玉ボケを重ね...カメラが出す最終結果を見ると、明るさのバランスが崩れているなど、
イメージとは異なる結果に至ることが頻繁に生じます。
そして撮り直しは、1枚目の主題切り取りから...と思うと、正直気が遠くなります。

こんなズボラ派の私を納得させてくれる、オリンパスの多重露光。
1枚目をRAWデータで保存していれば、2枚目の副題のみを撮り直せば良いという優れモノです。
副題だけが異なる同じ構図の写真を量産できるので、納得の一枚を見つけやすくなります。

null

メニューを押して、番号2が降られたカメラのマークへ入ると、
「多重露光撮影」の項目が出てくるので、これを選択。


null

「多重露光撮影」の項目に入ると、上から「コマ数」「自動ゲイン補正」「再生画+多重」の3項目があります。
「自動ゲイン補正」をOnにすると、明るさをオートで調整してくれます。
厳密に明るさを調整したい場合はOffが良いものの、Onでも良好な補正となるので、私はOn派。


null

「コマ数」で2コマを選びます。


null

「再生画+多重」をOnに設定。
これを設定すると、保存されているRAW画像を選べるようになります。


null

ベースとなるRAW画像を選択。
ここでは左上の画像を選択しました。


null

実際の撮影画面は、このような表示となっています。
モニター上には先ほど選択した画像が半透明に表示されます。
上面には、多重露光が有効であることを示すマーク(長方形が二つ重なったもの)が表示されるので、これで準備完了です。


null
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1秒 / ISO:200



null
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1秒 / ISO:200


夕暮れの豊洲を歩いた際に撮影した一コマに、玉ボケを足した画像がこちら。
レンズはマウントアダプターを介して、ボケ味に定評のあるNikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IFを取り付け、大きな玉ボケを作ってみました。
ボケを撮影する際にホワイトバランスをアンバーに補正したため、画像全体のブルーが薄まったものの、オレンジの玉ボケが良いアクセントに。


null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
絞り:F6.3 / シャッタースピード:13秒 / ISO:200



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
絞り:F6.3 / シャッタースピード:13秒 / ISO:200


レンズをM.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PROに取り換えて、
ピント位置を最短付近に持ってきたときに出る玉ボケを配置してみた例。
F2.8という明るさは単焦点レンズと比較すると物足りなさを感じますが、
ピント位置を最短付近に設定することで玉ボケを容易に作ることができるので、ぜひお試しください。


null
OLYMPUS PEN E-P3 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200



null
OLYMPUS PEN E-P3 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
アートフィルター:ポップアートI
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:640


アートフィルターのポップアートにはまっていた頃、複合施設のクリスマスイルミネーションを撮ってみると面白いかもと思い、撮ってみたのがこちらの写真。
年を重ねたからなのか、今思えば控えめな色合いでも良かったかなと思います。
右下に女性二人が写っていたので、位置を微調整しながら玉ボケを探していたら、納得の収まり方を見つけることができました。


今年の冬は、暖かかったり寒かったりと不安定で大変ですが、
カメラをたくさん持ちだして、自分だけの一枚を見つけてみてください。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年12月07日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]