Select Language

【Canon】R Playing vol.02

[ Category: Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時05分]


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

という訳で晴れた日の撮影。
と言っても、陽がすでに落ち始め、、
秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。
さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」
どちらも本当に良いレンズです。
一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。
このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。

線が細く、丁寧な描写をします。
基本的に解像が良くなれば良くなるほど、
レンズは真面目な性格になると思っていたのですが
このレンズでその考えを覆されました。
とても高い水準の解像力と芸術性を兼ね備えています。

EOS R + EF135mm F2L USM

かたやこの135mm。
数多の作例を見て、使いこなせかどうかまでの考えはなしに
購入したお気に入りのレンズです。
最新設計の35mmに比べれば開放もやや甘く
線も太めですが、解像よりも芸術的な写りが癖になります。
レンズとしてはもう20年選手です。正確には22年。

EOS R + EF135mm F2L USMl

風景を切り取る楽しさ。
楽しさだけではなく、苦しみ悩みもありますが。
そしてトリミングでは得られない圧縮効果。
望遠であればあるほど難易度が上がり、そして
その効果は上がっていきます。
200mmが一本,300mmが一本,400mmが一本。
いやぁレンズ怖いです。


null

引きのピックアップ。


EOS R + EF135mm F2L USM

寄りの寄り。
主題を引き立てます。
135mmは望遠レンズとしては最も撮影の幅が広いといえるでしょう。
85mmも好きな私としてはどちらを持ち運ぶのか悩む時があります。
悩んだ結果どっちも持っていくことがほとんどですが。

EOS R + EF135mm F2L USM

135mmは旧設計であることがメリットの一つでもあります。
逆光の光をとても豊かに取り込むからです。
35mmがバランスプレイヤーならば135mmは特化型プレイヤー。
何か一つ尖ってる。浪漫です。


EOS R + EF135mm F2L USM

レンズの話ばかりになってしまったので撮影中の話を。

この写真、静寂に浮かぶ波紋が綺麗で、、、

というわけではなく
何度も何度も浮いてる鳥を撮ろうとしたらなぜか
レンズを向けるタイミングでいつも潜られる。
でも結果的には良くなりました。
写真ってたまにそんなもんです。


EOS R + EF135mm F2L USM

というわけで
R Playing Vol.1,2となりました。

基本的にはアダプターで撮ることをメインに考えて
撮っていこうと思っております。
なるべく違うレンズで、と思っていますが
同じレンズでもまた撮ると思います。好きなので。
もし、またお見かけした時は暇の潰しにでも。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時05分]

面白いと思ったらコチラをClick!38票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6.5段...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む