【Canon】R Playing vol.02 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.02

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時05分]



EOS R + EF35mm F1.4L II USM

という訳で晴れた日の撮影。
と言っても、陽がすでに落ち始め、、
秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。
さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」
どちらも本当に良いレンズです。
一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。
このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。

線が細く、丁寧な描写をします。
基本的に解像が良くなれば良くなるほど、
レンズは真面目な性格になると思っていたのですが
このレンズでその考えを覆されました。
とても高い水準の解像力と芸術性を兼ね備えています。

EOS R + EF135mm F2L USM

かたやこの135mm。
数多の作例を見て、使いこなせかどうかまでの考えはなしに
購入したお気に入りのレンズです。
最新設計の35mmに比べれば開放もやや甘く
線も太めですが、解像よりも芸術的な写りが癖になります。
レンズとしてはもう20年選手です。正確には22年。

EOS R + EF135mm F2L USMl

風景を切り取る楽しさ。
楽しさだけではなく、苦しみ悩みもありますが。
そしてトリミングでは得られない圧縮効果。
望遠であればあるほど難易度が上がり、そして
その効果は上がっていきます。
200mmが一本,300mmが一本,400mmが一本。
いやぁレンズ怖いです。


null

引きのピックアップ。


EOS R + EF135mm F2L USM

寄りの寄り。
主題を引き立てます。
135mmは望遠レンズとしては最も撮影の幅が広いといえるでしょう。
85mmも好きな私としてはどちらを持ち運ぶのか悩む時があります。
悩んだ結果どっちも持っていくことがほとんどですが。

EOS R + EF135mm F2L USM

135mmは旧設計であることがメリットの一つでもあります。
逆光の光をとても豊かに取り込むからです。
35mmがバランスプレイヤーならば135mmは特化型プレイヤー。
何か一つ尖ってる。浪漫です。


EOS R + EF135mm F2L USM

レンズの話ばかりになってしまったので撮影中の話を。

この写真、静寂に浮かぶ波紋が綺麗で、、、

というわけではなく
何度も何度も浮いてる鳥を撮ろうとしたらなぜか
レンズを向けるタイミングでいつも潜られる。
でも結果的には良くなりました。
写真ってたまにそんなもんです。


EOS R + EF135mm F2L USM

というわけで
R Playing Vol.1,2となりました。

基本的にはアダプターで撮ることをメインに考えて
撮っていこうと思っております。
なるべく違うレンズで、と思っていますが
同じレンズでもまた撮ると思います。好きなので。
もし、またお見かけした時は暇の潰しにでも。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]