Select Language

2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category: etc.|掲載日時:2018年12月12日 11時30分]





新品デジカメ11月ランキング
1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ
6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ
8位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
9位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II ミラーレス一眼カメラ

Canon EOS R


Canon EOS R 強し!
11月の目玉と目されていた23日発売の Nikon Z6 だけでなく、最大のライバル SONY α7III も抑えて、堂々2ヶ月連続の1位を獲得です。
このまま勢いを保持し、SONYをフルサイズミラーレス規格の王座から引きずり下ろすことが出来るのか、年末・年始の攻防が楽しみです。

対して Nikonは、9月の Z7、そして今回の Z6 ともに初登場1位の座を獲得することが出来ませんでした。
事前の注目度が高かっただけに、意外な結果です。
思えば Nikonはこれまでフィルムカメラ時代から Fマウントを頑なに守り続けてきました。今回のフルサイズミラーレス Zシリーズで、ついに主力機の Fマウント離れが起こったわけですが、昔から受け継がれてきた伝統を重んじる Nikonユーザーの気質が影響したのでしょうか。とはいえ、早い段階でスタンダード機と高画質機の2機種が揃ったわけですから、今後ユーザーへの浸透が進めば、SONY・Canonを上回る成績も十分期待できます。

上位3機種と売り上げ台数的には大きく差がついていますが、FUJIFILM X-T3 も4位と健闘。
外観・サイズは変えずに、中身の機能面を着実に進化させるという FUJIFILM の堅実な姿勢は、ユーザーの支持も厚く、フルサイズ機へ浮気することなく前モデルから買い換えた方も多かったようです。

コンパクト機の分野でも強い SONY。
Cyber-shot DSC-RX100M6 は、そのあまりのハイスペックに「もう重い一眼カメラは必要ない」という方までいるくらい。人気ぶりは衰えを知りません。

同じく根強い人気を誇る OLYMPUS TG-5、前回のランク落ちからすぐに復活です。
ウィンターシーズンに突入で、さらに需要が高まるか?

9月同様、一眼レフ機唯一のランクインとなった Nikon D850。ただ、販売台数的には中古のほうが新品よりも上なので、今後も新品部門でランクインを維持するのはなかなか難しそうです。

ランク外に目を向けると、話題の中判機 FUJIFILM GFX 50R が、13位にランキング。高画素・高画質を求める方にとって、機能面では勿論、レンズラインナップの豊富さも魅力の1台。今後10位以内に入ってくる可能性も十分ありうる、注目機です。

さてさて、次回はついに平成最後の師走となります。
ついに新品部門で、一眼レフ機ランクインゼロの時がやってくるのか?
カメラ業界にとっても大きな変動を予感させる年末となりそうです。






中古デジカメ11月ランキング
1位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメララ
2位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
3位 Nikon D810 デジタル一眼レフカメラ
4位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
5位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
6位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
7位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
8位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
9位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
10位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ



Nikonが、1位から3位までを独占!
計4機種を10位以内に送り込んできたのは前回と同じですが、まさか上位独占とは…
新品部門で初登場1位の座を逃したものの、Z7・Z6 の登場は中古部門での商品の動きを活性化しているようです。

同様に EOS R が好調の Canonも3機種が入り、なんと一眼レフ機が10位以内に7機種も。

店頭でもこれらの機種をご購入のお客様からは「Nikon・Canonのフルサイズミラーレス機に手を出すのは、もう少しシステムが充実してから。それまでの間は一眼レフ機を使い倒す。」なんていう声も聞かれました。なるほど、買い換えで中古の品数が豊富な今、確かに狙い目ともいえます。

そのあおりをもろに受けた感のある SONY。
α7II 1機種が、それも同じミラーレス機の FUJIFILM X-T2 の後塵を拝し8位という、最近では考えられない低調ぶりでした。
とはいえ、このまま沈みっぱなしということはないでしょう。逆境も簡単に押し返す底力が、SONYにはあります。今回販売台数が伸び悩んだ分は、次回に持ち越しということも十分に考えられます。新たな局面に突入した3強が、はたしてどんな熾烈な戦いを繰り広げるのか、正直なところ全く予測がつきません。

さてさて、いよいよクリスマス・年末・年始と、身の回りも慌ただしくなってまいりました。
勿論、マップカメラも皆様に楽しんでいただけるよう、さまざまな企画を進行中です!
話題の新製品を手に入れるも良し、豊富な中古から掘り出し物の1台を見つけ出すも良し。
貴方の選んだ1台が、ランキングに波乱を起こすかも!!




[ Category: etc.|掲載日時:2018年12月12日 11時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!52票


秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む
X-Pro3&XF35mmF1.4

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅[2019年11月12日]

テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。 ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。 相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。 まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。 ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、 愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。 まずは「湯...
続きを読む
写真展のご案内 〜『AboxPhotoClub Toyama 2019』写真展

写真展のご案内 〜写真展『AboxPhotoClub Toyama 2019』~[2019年11月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『AboxPhotoClub Toyama 2019』 です。 是非足をお運び下さい。 会場:富山市ガラス美術館5F ギャラリー1・2(入場無料) 会期:2019 年11 月15 日(金)~17 日(日) 開場:10時~19時(最終日17時まで) 出品作家:高崎 勉(塾長)/阿閉 みゆき/池田 真理/碓井 勇一郎/岡本 和宏/奥沢 翔平/粕谷 千春/金川 はるみ/金田 めぐみ/亀井 栄二/川村 浩一/行天 琴美/黒谷 さおり/澤田 修平...
続きを読む
X-PRO3×Voigtlander

【FUJIFILM】X-PRO3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る【カメラを愉しむ vol.1】[2019年11月11日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」で早速夜の新宿を撮影! 組み合わせるレンズは「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM (ライカM用)」と接写撮影を可能にするアダプター「Voigtlander マウントアダプター ライカMレンズ/フジXボディ用(VM-X クローズフォーカスアダプター)」。 純正レンズの性能が高く、魅力的なレンズばかりなのは言うまでもないがなぜ私がこのレンズをセレクトしたのか。 「写真と言う原点」をフィルム時代のように楽しみたい。 と言う思いからだ。 液晶モニター部分に「フィルムホ...
続きを読む