2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2018年12月12日 11時30分]






新品デジカメ11月ランキング
1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ
5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ
6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ
7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ
8位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
9位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II ミラーレス一眼カメラ

Canon EOS R


Canon EOS R 強し!
11月の目玉と目されていた23日発売の Nikon Z6 だけでなく、最大のライバル SONY α7III も抑えて、堂々2ヶ月連続の1位を獲得です。
このまま勢いを保持し、SONYをフルサイズミラーレス規格の王座から引きずり下ろすことが出来るのか、年末・年始の攻防が楽しみです。

対して Nikonは、9月の Z7、そして今回の Z6 ともに初登場1位の座を獲得することが出来ませんでした。
事前の注目度が高かっただけに、意外な結果です。
思えば Nikonはこれまでフィルムカメラ時代から Fマウントを頑なに守り続けてきました。今回のフルサイズミラーレス Zシリーズで、ついに主力機の Fマウント離れが起こったわけですが、昔から受け継がれてきた伝統を重んじる Nikonユーザーの気質が影響したのでしょうか。とはいえ、早い段階でスタンダード機と高画質機の2機種が揃ったわけですから、今後ユーザーへの浸透が進めば、SONY・Canonを上回る成績も十分期待できます。

上位3機種と売り上げ台数的には大きく差がついていますが、FUJIFILM X-T3 も4位と健闘。
外観・サイズは変えずに、中身の機能面を着実に進化させるという FUJIFILM の堅実な姿勢は、ユーザーの支持も厚く、フルサイズ機へ浮気することなく前モデルから買い換えた方も多かったようです。

コンパクト機の分野でも強い SONY。
Cyber-shot DSC-RX100M6 は、そのあまりのハイスペックに「もう重い一眼カメラは必要ない」という方までいるくらい。人気ぶりは衰えを知りません。

同じく根強い人気を誇る OLYMPUS TG-5、前回のランク落ちからすぐに復活です。
ウィンターシーズンに突入で、さらに需要が高まるか?

9月同様、一眼レフ機唯一のランクインとなった Nikon D850。ただ、販売台数的には中古のほうが新品よりも上なので、今後も新品部門でランクインを維持するのはなかなか難しそうです。

ランク外に目を向けると、話題の中判機 FUJIFILM GFX 50R が、13位にランキング。高画素・高画質を求める方にとって、機能面では勿論、レンズラインナップの豊富さも魅力の1台。今後10位以内に入ってくる可能性も十分ありうる、注目機です。

さてさて、次回はついに平成最後の師走となります。
ついに新品部門で、一眼レフ機ランクインゼロの時がやってくるのか?
カメラ業界にとっても大きな変動を予感させる年末となりそうです。






中古デジカメ11月ランキング
1位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメララ
2位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
3位 Nikon D810 デジタル一眼レフカメラ
4位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
5位 FUJIFILM X-T2 ミラーレス一眼カメラ
6位 Nikon D500 デジタル一眼レフカメラ
7位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
8位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
9位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
10位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ



Nikonが、1位から3位までを独占!
計4機種を10位以内に送り込んできたのは前回と同じですが、まさか上位独占とは…
新品部門で初登場1位の座を逃したものの、Z7・Z6 の登場は中古部門での商品の動きを活性化しているようです。

同様に EOS R が好調の Canonも3機種が入り、なんと一眼レフ機が10位以内に7機種も。

店頭でもこれらの機種をご購入のお客様からは「Nikon・Canonのフルサイズミラーレス機に手を出すのは、もう少しシステムが充実してから。それまでの間は一眼レフ機を使い倒す。」なんていう声も聞かれました。なるほど、買い換えで中古の品数が豊富な今、確かに狙い目ともいえます。

そのあおりをもろに受けた感のある SONY。
α7II 1機種が、それも同じミラーレス機の FUJIFILM X-T2 の後塵を拝し8位という、最近では考えられない低調ぶりでした。
とはいえ、このまま沈みっぱなしということはないでしょう。逆境も簡単に押し返す底力が、SONYにはあります。今回販売台数が伸び悩んだ分は、次回に持ち越しということも十分に考えられます。新たな局面に突入した3強が、はたしてどんな熾烈な戦いを繰り広げるのか、正直なところ全く予測がつきません。

さてさて、いよいよクリスマス・年末・年始と、身の回りも慌ただしくなってまいりました。
勿論、マップカメラも皆様に楽しんでいただけるよう、さまざまな企画を進行中です!
話題の新製品を手に入れるも良し、豊富な中古から掘り出し物の1台を見つけ出すも良し。
貴方の選んだ1台が、ランキングに波乱を起こすかも!!




[ Category:etc.|掲載日時:2018年12月12日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
緑の恵み 【PENTAX】緑の恵み 2019年05月15日
『PENTAX K-1MarkⅡ +FA77mm F1.8 Limited』 1/125 f/8 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- "ひとつ、またひとつ心を優しくするために" 1/100 f/6.3 ISO800 WB AUTO 今回は新緑の緑を感じにフルサイズボディPENTAXK-1と 独特な描写で人気のLimitedレンズ・FA77mmの組み合わせでお出掛けしました。 1/160 f/5.6 ISO800 WB AUTO PENTAXは緑の発色が本当に綺麗だと、心から思います。 JPEGで撮ってだし、WBをボディ内で調整せず、 AUTOでこの緑の発色が出せ、さらにこの表現力は このメーカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]