【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート | THE MAP TIMES 
Select Language



【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月10日 13時00分]





SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-200


SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/200 ISO-8000

先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」
ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」
この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。
冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。

今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-125

手前と奥行のボケを意識し、少し下からあおって足を長くみせる工夫をしています。
50mmより少し広角になるので、
ポートレートで全身を切り取る時には手足が長く見え、ボケも程よくあるのでとても使いやすいレンズでした。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/80 ISO-8000

続いて135mm。
奥のボケ具合をみると、少しだけ円径に滑らかにボケていました。
深く強くボケるのでモデルを惹き立てます。
α7IIIは暗くても瞳AFがきちんと反応し、
ISO感度を大きくあげてもノイズ感は気にならなく、
とても素晴らしい性能を発揮してくれました。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/320 ISO-10000




SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F3.2 1/30 ISO-12800

気が付けば辺りがすっかり暗くなり、イルミネーション撮影へ。
いつもモデルでお願いしている彼女はクールな表情が多いのですが、
この日は柔らかい表情や素敵な笑顔も見せてくれました。

135mmレンズの難しいところは、なによりモデルとの距離感。
普通のOLの友達にモデルをお願いしているため、いつも世間話をして表情作りをしながら撮影するのですが、
135mmは距離が遠い為に中々会話が出来ません。
でもα7IIIはファインダーから顔を離してモニターを見ながらスムーズに撮影出来るので、
ジェスチャーを出しやすく、カメラから顔を離すので声がよく届きます。
135mmのレンズでも充分モデルと会話が可能です。
長年キヤノンのカメラでファインダーを覗きながらの撮影をしていたので、とても新鮮で使い易かったです!



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2.8 1/40 ISO-6400



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-2000

モデルに近づいて撮影すると、背景ボケの具合も大分変わります。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-6400



CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-1250



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/160 ISO-10000

最後2枚のモデル写真は少し似た雰囲気のものを掲載したので見比べて頂ければと思います。

イルミネーション撮影時はかなり暗い環境での撮影でしたが、
Batisレンズは40mmと135mmどちらもAF反応に違和感がなくスムーズな撮影が可能です。
瞳AFもどちらもあまり迷うことが無く優秀なものでした。

Batis40mmは非常に自然で滑らかなボケ味なので、
背景ボケが煩くなりすぎず、モデルを上品に惹き立たせます。
Batis135mmのボケ味はウェディングや広告で使われるような、
かなり強いボケ味で、モデルを美しく浮かび上がらせます。

どちらも特徴がしっかり分かれていて使い易いレンズですので、2本ともおすすめです。

しかもBatis40mmが361g、Batis135mmが614gと、とても軽量!!
女性の私が2本持っていても、重くなく苦痛のない撮影が出来ました!
α7IIIも650gという軽量さなので、レンズ2本と合わせても2kg届かないのです。
キヤノンユーザーだった私としては、
信じられない軽量感、夜間でISO感度を上げてもとても美しいこの高画質。
ISO12800に上げて撮影した写真を原寸大で見ても、今までの機材に比べかなりノイズが少なかったことに驚きです。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/160 ISO-10000

今回のイルミネーション撮影はほとんど後楽園での撮影でした。
冬のポートレート撮影にとてもおすすめです。ぜひ行ってみて下さい。



↓今回使用した機材はコチラ!↓













〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月10日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]