【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート | THE MAP TIMES 
Select Language



【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月10日 13時00分]





SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-200


SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/200 ISO-8000

先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」
ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」
この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。
冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。

今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-125

手前と奥行のボケを意識し、少し下からあおって足を長くみせる工夫をしています。
50mmより少し広角になるので、
ポートレートで全身を切り取る時には手足が長く見え、ボケも程よくあるのでとても使いやすいレンズでした。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/80 ISO-8000

続いて135mm。
奥のボケ具合をみると、少しだけ円径に滑らかにボケていました。
深く強くボケるのでモデルを惹き立てます。
α7IIIは暗くても瞳AFがきちんと反応し、
ISO感度を大きくあげてもノイズ感は気にならなく、
とても素晴らしい性能を発揮してくれました。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/320 ISO-10000




SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F3.2 1/30 ISO-12800

気が付けば辺りがすっかり暗くなり、イルミネーション撮影へ。
いつもモデルでお願いしている彼女はクールな表情が多いのですが、
この日は柔らかい表情や素敵な笑顔も見せてくれました。

135mmレンズの難しいところは、なによりモデルとの距離感。
普通のOLの友達にモデルをお願いしているため、いつも世間話をして表情作りをしながら撮影するのですが、
135mmは距離が遠い為に中々会話が出来ません。
でもα7IIIはファインダーから顔を離してモニターを見ながらスムーズに撮影出来るので、
ジェスチャーを出しやすく、カメラから顔を離すので声がよく届きます。
135mmのレンズでも充分モデルと会話が可能です。
長年キヤノンのカメラでファインダーを覗きながらの撮影をしていたので、とても新鮮で使い易かったです!



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2.8 1/40 ISO-6400



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-2000

モデルに近づいて撮影すると、背景ボケの具合も大分変わります。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-6400



CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-1250



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/160 ISO-10000

最後2枚のモデル写真は少し似た雰囲気のものを掲載したので見比べて頂ければと思います。

イルミネーション撮影時はかなり暗い環境での撮影でしたが、
Batisレンズは40mmと135mmどちらもAF反応に違和感がなくスムーズな撮影が可能です。
瞳AFもどちらもあまり迷うことが無く優秀なものでした。

Batis40mmは非常に自然で滑らかなボケ味なので、
背景ボケが煩くなりすぎず、モデルを上品に惹き立たせます。
Batis135mmのボケ味はウェディングや広告で使われるような、
かなり強いボケ味で、モデルを美しく浮かび上がらせます。

どちらも特徴がしっかり分かれていて使い易いレンズですので、2本ともおすすめです。

しかもBatis40mmが361g、Batis135mmが614gと、とても軽量!!
女性の私が2本持っていても、重くなく苦痛のない撮影が出来ました!
α7IIIも650gという軽量さなので、レンズ2本と合わせても2kg届かないのです。
キヤノンユーザーだった私としては、
信じられない軽量感、夜間でISO感度を上げてもとても美しいこの高画質。
ISO12800に上げて撮影した写真を原寸大で見ても、今までの機材に比べかなりノイズが少なかったことに驚きです。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/160 ISO-10000

今回のイルミネーション撮影はほとんど後楽園での撮影でした。
冬のポートレート撮影にとてもおすすめです。ぜひ行ってみて下さい。



↓今回使用した機材はコチラ!↓













〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月10日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む
null Beautiful Harmonyフォトコンテスト 受賞作品のご紹介 2019年06月22日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! Beautiful Harmony フォトコンテストにたくさんのお写真 ありがとうございました!
続きを読む
水無月の古都 【写真を楽しむ6月】水無月の古都 2019年06月21日
6月某日。 バスは定刻通りターミナルを出発しました。 カバンの中に 【Leica CL】と【エルマリート TL18mm F2.8 ASPH.】 を忍ばせ、 週末の繁華な新宿を抜けて西へ向かいます。 西の都といえば京都を連想するかもしれませんが、今日行く都はこちら。 どこだと思われましたか。 奈良です。 まほろば、ロマン溢れる古代の都。 青々とした緑に初夏を感じます。 木、水、石、様々な質感を表現する描写力はさすがライカ。 身軽な見た目と侮れません。 【ササユリ】は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]