【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート | THE MAP TIMES 
Select Language



【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月10日 13時00分]





SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-200


SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/200 ISO-8000

先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」
ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」
この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。
冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。

今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-125

手前と奥行のボケを意識し、少し下からあおって足を長くみせる工夫をしています。
50mmより少し広角になるので、
ポートレートで全身を切り取る時には手足が長く見え、ボケも程よくあるのでとても使いやすいレンズでした。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/80 ISO-8000

続いて135mm。
奥のボケ具合をみると、少しだけ円径に滑らかにボケていました。
深く強くボケるのでモデルを惹き立てます。
α7IIIは暗くても瞳AFがきちんと反応し、
ISO感度を大きくあげてもノイズ感は気にならなく、
とても素晴らしい性能を発揮してくれました。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/320 ISO-10000




SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F3.2 1/30 ISO-12800

気が付けば辺りがすっかり暗くなり、イルミネーション撮影へ。
いつもモデルでお願いしている彼女はクールな表情が多いのですが、
この日は柔らかい表情や素敵な笑顔も見せてくれました。

135mmレンズの難しいところは、なによりモデルとの距離感。
普通のOLの友達にモデルをお願いしているため、いつも世間話をして表情作りをしながら撮影するのですが、
135mmは距離が遠い為に中々会話が出来ません。
でもα7IIIはファインダーから顔を離してモニターを見ながらスムーズに撮影出来るので、
ジェスチャーを出しやすく、カメラから顔を離すので声がよく届きます。
135mmのレンズでも充分モデルと会話が可能です。
長年キヤノンのカメラでファインダーを覗きながらの撮影をしていたので、とても新鮮で使い易かったです!



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2.8 1/40 ISO-6400



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-2000

モデルに近づいて撮影すると、背景ボケの具合も大分変わります。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-6400



CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
CarlZeiss Batis 40mm F2 CF
F2 1/40 ISO-1250



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/160 ISO-10000

最後2枚のモデル写真は少し似た雰囲気のものを掲載したので見比べて頂ければと思います。

イルミネーション撮影時はかなり暗い環境での撮影でしたが、
Batisレンズは40mmと135mmどちらもAF反応に違和感がなくスムーズな撮影が可能です。
瞳AFもどちらもあまり迷うことが無く優秀なものでした。

Batis40mmは非常に自然で滑らかなボケ味なので、
背景ボケが煩くなりすぎず、モデルを上品に惹き立たせます。
Batis135mmのボケ味はウェディングや広告で使われるような、
かなり強いボケ味で、モデルを美しく浮かび上がらせます。

どちらも特徴がしっかり分かれていて使い易いレンズですので、2本ともおすすめです。

しかもBatis40mmが361g、Batis135mmが614gと、とても軽量!!
女性の私が2本持っていても、重くなく苦痛のない撮影が出来ました!
α7IIIも650gという軽量さなので、レンズ2本と合わせても2kg届かないのです。
キヤノンユーザーだった私としては、
信じられない軽量感、夜間でISO感度を上げてもとても美しいこの高画質。
ISO12800に上げて撮影した写真を原寸大で見ても、今までの機材に比べかなりノイズが少なかったことに驚きです。



SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8
CarlZeiss Batis 135mm F2.8
F2.8 1/160 ISO-10000

今回のイルミネーション撮影はほとんど後楽園での撮影でした。
冬のポートレート撮影にとてもおすすめです。ぜひ行ってみて下さい。



↓今回使用した機材はコチラ!↓













〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月10日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 2019年04月09日
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 1/2000 F2.5 ISO100 マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか? やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。 どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなとこ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 2019年04月08日
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100 あと、数週間で平成が終わる。 約31年間、数多のカメラが登場しました。 その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」 小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。 解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。 有効約2430万画素。 カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。 フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み...
続きを読む
SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました 【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました 2019年04月05日
平成を振り返ること30年前、 思うのは社会人となった年(歳がバレた)に元年4月1日消費税が始まった年であります。 3%の課税により市場が大混乱しました。 カメラの価格だけで言えば、 物品税(主にぜいたく品につけられた税)が廃止され消費税に統一されて安くなったはずです。 平成の次の元号「令和」が決まって、平成元年に起きた出来事を思い出しました。 話は変わります。 4月なのにまだまだ、寒い日が続きますが、昆虫もそろそろ出てきてもいいと思うので・・・・。 愛機のSONY α77IIボディI...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]