【Voigtlander】フィルム探究道ながし | THE MAP TIMES 
Select Language



【Voigtlander】フィルム探究道ながし

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月19日 10時30分]



Voigtlander





冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いいたします。


Voigtlander



さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。
私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。
ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も未だにうまくならずじまい。
まさに水難の相ですね。皆様もお手を滑らせぬよう、暖かくして十分にご注意くださいませ。


さて余談となりましたが、僭越ながら今回から私の写真は現像したフィルムを自家スキャンしたものとなります。
仕上がりにムラがあり拙作ばかりではございますが、またお付き合いいただけましたら幸いです。



Voigtlander



近所の散歩道です。
煉瓦と鉄橋。夏場お子様方がここで釣りをしたり水遊びをしている姿をみると、すごく懐かしく感じます。
かくいう私もここで自転車を一台ダメにするほど遊んでいました。
よい子は三人乗りしようなんて思わないように。0.7mすら進めませんよ。




Voigtlander



水の縦走りシャッター。

前回のファインダー然り、どうしてもそういう風にしかみえなくて仕方なくなってしまいました。
私、どうにかなってしまっているんでしょうか。
さて次回作やいかに。



Voigtlander


Voigtlander




ばん、ばばーん。

成人してから余年。今年は特にワインを飲む機会が増えましたが、これだけ飲んだらきっと三日寝過ごし七日酔い、ですね。
ちなみに私は赤が好きです。



Voigtlander




北風のにおい。

窓のむこう側の明かりが暖かそうでさっと1枚。寒色に差し込む暖色がこの季節特有のにおいを感じさせてくれます。




Voigtlander




Voigtlander




Voigtlander



帰り道。

冬の夕刻っていいですよね。
空気が澄んでいる分切れ味のある写真が撮れるような気になっています。
その分日が落ちるのが早いので、お休みの日のこの時間帯はいい撮影場所を探すことに必死でいつも息を切らしてしております。







Voigtlander





空に溶ける。

以前は曇り空の下の花でしたが、今回はお天気の日の花です。
最高速で絞り全開はやはり撮っていて清々しいですね。
この色の滲みもまた味です、と言い張っておきます。





この度はここまで。
今回初の自家スキャニングとなりましたが、上手に読み込めていますでしょうか。

そして気付いたことがひとつ。
現像およびスキャンをお仕事とされている業者さんは大変なんだなあと。
慣れないことも相まって、私は36枚撮り1本読み込むのに1日中パソコンにつきっきりになってしまうこともあります。
中には無論、読み込んだはいいけれどやはりニュアンスが違うな、と後日読み直すネガも何枚かある訳でございまして。
そんな中誰が見ても納得する仕上がりに出来るのはやはり経験や才能なんだろうな、などと思っております。

次の機会までには撮影共々もう少し腕を磨いておきますので、またお付き合いいただけましたら大変幸いでございます。


それではこれにて、またの機会に。



Voigtlander




今回使用したのはこのレンズ
【NOKTON Classic 35mm F1.4 SC VM】
【Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM】












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]