【SONY】α77II 虫撮りその2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α77II 虫撮りその2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月15日 11時45分]


前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。
さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。
愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、
近くの公園に虫撮りに行ってきました。
TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。
なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。
探したのですが、一向に見つからず探す手掛かりは、花や実(果実)を宛に探ってみました。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


下をみるとツワブキ、この花は10月から12月位に咲いて子バエなど引き付けるが、なにも来ない。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


ハナゾノツクバネウツギ(公園でお馴染みの植物です。前回紹介いたしました。)このまえは蝶を引き付けていましたが、なにも来ない。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


上を見ると桜が咲いていました。冬に咲くから冬桜?
調べると冬桜は一重の花びら、これはコブクザクラ(子福桜)、
八重の花びら萼片の形から判別しました。
ここにもいない。
もう、この寒さでは無理なのかと歩いていると・・・・・。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


嫌いな人、ごめんなさい。
こんな時は普段取り上げない嫌な虫でも有り難い、銀バエの一種です。普段は動いて全く撮れるような虫ではないのですが、
寒くて止まって動かない状態でした。あと、もう一匹くらい・・。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


公園や街路樹、生垣でお馴染みのネズミモチの木の実です。
名前の由来は、ネズミから出るものに似ていることです。
よく見てみると、「あっいた」

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


チャバネアオカメムシです。これも、嫌な虫に入るでしょう、
ただ寒さには強いようです。
そう考えると、嫌な虫は寒さに強いとなります。家の中にいて越冬する蚊もその部類に入ります。

今回感じたことは、冬は昆虫類の撮影にあまり向かないこと、生物類は撮る時期、最盛期を逃さないことです。
 ただ、見つかると今回はなんでも嬉しかったです。

番外編

これからは、俺たちを撮ってくれと、毎年、公園の池に渡ってくる冬鳥のオナガガモが寄って来てくれました。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD




【参考文献】

フィールドガイド 日本のチョウ株式会社誠文堂新光社

フィールドベスト図鑑 4巻 花木・庭木 学研

見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑 信濃毎日新聞社

サクラハンドブック大原 隆明 文一総合出版

草花 雑草図鑑 三省堂

日本の鳥300 改訂版 (ポケット図鑑)文一総合出版

フィールド図鑑 淡水魚 東海大学出版部










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月15日 11時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]