【SONY】α77II 虫撮りその2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α77II 虫撮りその2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月15日 11時45分]


前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。
さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。
愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、
近くの公園に虫撮りに行ってきました。
TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。
なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。
探したのですが、一向に見つからず探す手掛かりは、花や実(果実)を宛に探ってみました。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


下をみるとツワブキ、この花は10月から12月位に咲いて子バエなど引き付けるが、なにも来ない。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


ハナゾノツクバネウツギ(公園でお馴染みの植物です。前回紹介いたしました。)このまえは蝶を引き付けていましたが、なにも来ない。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


上を見ると桜が咲いていました。冬に咲くから冬桜?
調べると冬桜は一重の花びら、これはコブクザクラ(子福桜)、
八重の花びら萼片の形から判別しました。
ここにもいない。
もう、この寒さでは無理なのかと歩いていると・・・・・。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


嫌いな人、ごめんなさい。
こんな時は普段取り上げない嫌な虫でも有り難い、銀バエの一種です。普段は動いて全く撮れるような虫ではないのですが、
寒くて止まって動かない状態でした。あと、もう一匹くらい・・。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


公園や街路樹、生垣でお馴染みのネズミモチの木の実です。
名前の由来は、ネズミから出るものに似ていることです。
よく見てみると、「あっいた」

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD


チャバネアオカメムシです。これも、嫌な虫に入るでしょう、
ただ寒さには強いようです。
そう考えると、嫌な虫は寒さに強いとなります。家の中にいて越冬する蚊もその部類に入ります。

今回感じたことは、冬は昆虫類の撮影にあまり向かないこと、生物類は撮る時期、最盛期を逃さないことです。
 ただ、見つかると今回はなんでも嬉しかったです。

番外編

これからは、俺たちを撮ってくれと、毎年、公園の池に渡ってくる冬鳥のオナガガモが寄って来てくれました。

TAMRON SP 180mm F3.5 Di LD




【参考文献】

フィールドガイド 日本のチョウ株式会社誠文堂新光社

フィールドベスト図鑑 4巻 花木・庭木 学研

見つけよう信州の昆虫たち 身近な自然の昆虫図鑑 信濃毎日新聞社

サクラハンドブック大原 隆明 文一総合出版

草花 雑草図鑑 三省堂

日本の鳥300 改訂版 (ポケット図鑑)文一総合出版

フィールド図鑑 淡水魚 東海大学出版部










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年12月15日 11時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]