【Leica】聖なる夜の、少し前 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】聖なる夜の、少し前

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月25日 12時00分]



気が付けば12月。聖なる夜の、少し前。
1年という時間の早さが年々早く感じるようになり
街を歩くと目まぐるしく変わる季節に圧倒される日々。


Leica M Monochrom(typ246)+Summicron M35mm F2(6枚玉)


「この時期がやってきたんだ」と感じるシーズンがクリスマス。
多くの光に彩られたイルミネーション。大切な人や子供達への
プレゼントを探して歩く人、その表情も明るい。


Leica M Monochrom(typ246)+Summilux M50mm F1.4初期型


冬がやってきて寒くなったけれど、師走の喧噪と高揚感が
一人歩いていく中ですれ違う。間近で擦過する明るさに
ちょっとした眩暈を感じながら、身体的にその幻影を追う。
ほんの少し、暖かい。けれど気が付けばまた寒くなる。


Leica M Monochrom(typ246)+Summicron M35mm F2(6枚玉)


ショーウィンドウを見ると、なぜだかホッとするのは
「そこだけは誰にでも平等に与えられたクリスマス」だから。
目の前の窓の中には、幸せな、ファンタジー映画のような世界。
束の間の異世界は思わず眺め「今年の記録」と胸に一言呟く。


Leica M Monochrom(typ246)+Summilux M50mm F1.4初期型


ディケンズの「クリスマスキャロル」では
一人の男が、過去・現在・未来の3つの幽霊に出会う。

写真を撮るまでの行為も、撮るまでが未来、撮った時の一瞬が現在、
そして家で帰って見る時は過去。3つの幽霊に出会うような気もする。
片手で握りしめたライカは、それを自然と想起させてくれる。


Leica M Monochrom(typ246)+Summilux M50mm F1.4初期型


「クリスマスなんだから、カラーで綺麗なイルミネーションを」
確かにそう思う。ただカラーで撮れば「答え」が出てしまう。
モノクロームで彩られた色を見て「これは何色なんだろう?」と少し、
想像しながら後で見返せるのは、「過去という"想像の未来"」に
出会う事の楽しさも無意識に感じているのかもしれない。


Leica M Monochrom(typ246)+Summillux M50mm F1.4初期型


歩いてて今まで見過ごしてきたものを見つけ、集めていく。
少し神経のアンテナを立てて歩くだけでも、
そこには思いがけないものが時を過ぎ現れる。


Leica M Monochrom(typ246)+Summicron M90mm F2ブラッククローム


思索に耽りながら、身体が反応したらそっと撮影する。
求めるのは「カメラ」ではなく「眼」である事。
ライカの良さはそんなところにある。

聖なる夜の、少し前。
外套を羽織って、掌にある「眼」と共に今日も街を歩く。
クリスマスのあとはお正月。師走の駆け足は、まだまだ続く。











〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月25日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】カラーフィルターを外して 2019年06月04日
シンプルにいたい今日この頃。 人は視覚からの色彩だけでなく 日々の言葉や経験から蓄積されていく色を介して また外の世界を見ていくのだと、思います。 summicron M90mm F2 グラスとコーラが別々で出てくるタイプの喫茶店にいました。 6月です。 早いもので入社して3ヶ月目に突入して、 めまぐるしく時が過ぎ去っていくのを感じます。 このままでは浦島太郎状態になるのではないかと不安になります。 summicron M90mm F2 Elmer L50mm F3.5 写りこみも、モノクロなら...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]