【Canon】私だけの色で~Picture Style Editor~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】私だけの色で~Picture Style Editor~

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月18日 10時30分]


Canonのカメラには、様々な被写体、シーンに対応できるように
数種類のピクチャースタイルがプリセットされています。
私もCanonユーザーになってしばらくは「スタンダード」で撮影を楽しんでおりました。

ですがある程度自分の撮影スタイルや画の好みが確立されてくると、
「もうちょっと青空を深く出したい」
「イチョウの黄色だけ彩度を上げられないだろうか」
といった望みが出てきます。
通常であれば撮影後にPhotoshop等で現像処理をするかと思いますが、
私が目を付けたのはCanonの純正ソフトウェアPicture Style Editorです。
その名の通り自分でピクチャースタイルを作れる素晴らしいソフトウェアです。
作成したピクチャースタイルはカメラに登録し、撮影段階で適用することが可能です!

今回の作例は、全て筆者が作成したオリジナルのピクチャースタイルを使用しております。
また、RAW現像はCanon純正現像ソフトウェアのDigital Photo Professionalで行い、
ホワイトバランスを変更する程度の処理に留めています。
使用したカメラはCanon EOS 60Dです。


こちらは伊豆大島の元町港です。
本土では決して味わえない圧倒的な青!
この島に赴くたび、今日よりも鮮やかに明日を生きるための力を貰っている気がします。
青空と海の深みが特徴的な仕上がりになりました。



枝ぶりも見事なこのイチョウは、茨城県の西連寺にある樹齢1000年の巨木。
この黄色は通常のJEPG撮って出しではなかなか出せないのですが、
自作のピクチャースタイルなら簡単に楽しめます。



山手西洋館でのテーブルフォト。
破綻しないぎりぎりまでマゼンダを持ち上げてあります。
透明感を出すために、ハイライト側の各色域にも一工夫。



今までとは打って変わり、重苦しい威圧感のあるスナップ。
こちらのスタイルは破綻してしまうこともままあるのですが、
うまくはまった時にはゾクゾクするような描写になります。



黄金色の稲穂がゆれる田園風景の中で、大好きな愛車のインテリアを。
車外との輝度差でゴーストが出ていますが、
暖かな午後の光が持つ優しさを再現できたと思います。



最後は千葉県の鵜原理想郷です。
純正色ではありえない水色の出方をしていますが、輝きと華やぎが表現できたでしょうか?



最後にPicture Style Editorの編集画面をご覧いただきましょう。
編集元にしたいRAWデータを読み込み、基準となるピクチャースタイルを決めたら、
カラーホイールにて各色をHSLで編集できます。
HSLとは、H(色相)、S(彩度)、L(輝度)の事で、画面を見ながら直観的に色の編集が可能です。




その後はスポイトツールで画面上の特定色を抽出し、同じくHSLを使用して色に対する反応の強さ等を決めていきます。

こちらでの編集は、ひとつ前のカラーホイールでの編集に較べて非常に破綻しやすいので、
あまりいじりすぎないのがコツです。とりわけ注意すべきは彩度。持ち上げる場合は、+2程度までに抑えるのが
オススメです。



如何でしたでしょうか。
自分で色を作るということは、自分だけの世界を作るということ。
写真という極めてパーソナルな趣味の醍醐味とも言えるでしょう。


Picture Style Editorの操作自体はとても簡単ですので、
皆様も是非オリジナルのスタイルを作ってみてはいかがでしょうか。
きっと、色を育てる楽しみが待っています!








〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月18日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]