【Canon】EOS Rと「ヨンニッパ」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】EOS Rと「ヨンニッパ」

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月28日 21時20分]





羽田空港第二旅客ターミナルより
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F8.0 | 1/1250 | ISO320

EOS R と「ヨンニッパ」



人気のキヤノン EOS R、これまでいくつかの記事を書いてきましたが、
今回は純正の超望遠レンズとの組み合わせを試したいと思い、「EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM」を選びました。
通称「ヨンニッパ」で親しまれている同レンズですが、
IS3型が発売された今、IS2型の価格が下がってきたことから、おすすめのアイテムです。
以前所有していた事があって、久しぶりに手にした「ヨンニッパ」に懐かしさを感じながら撮影に出かけます。


羽田空港第一旅客ターミナルより
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F2.8 | 1/800 | ISO400

最初に選んだ被写体は航空機。手軽に撮影が楽しめるのは旅客機です。
東京の玄関口、羽田空港を撮影地に選びました。
外周の殆どが東京湾と河川に囲まれた羽田空港ですが、意外と撮影地が多く画が単調にならないのが魅力的です。
また、離着陸が多く常に撮影を楽しめます。写真は第一ターミナル展望デッキから。


羽田空港第一旅客ターミナルより
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F5.6 | 1/640 | ISO100

早朝の羽田空港、最大3便のみ運用されている珍しい離陸方法。通称「ハミングバードデパーチャー」。
34L(A滑走路)から離陸後、上昇しながら左旋回をして、大田区の上空を通過して西日本方面へ向かう飛行ルートです。
住宅などの上空を通過するから、騒音や安全性への考慮の為、2019年3月をもってその運用は終了。
現在はラッシュ時に限り例外的に認められているというもので、こんな構図で撮影できるのもあと少し・・・


羽田空港第一旅客ターミナルより
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F5.6 | 1/2000 | ISO640


A滑走路に着陸するANAの特別塗装機「C-3PO ANA JET」
朝陽を浴びる機体と川崎市の工場地帯を絡めて撮ることが出来ます。


羽田空港第二旅客ターミナルより
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F2.8 | 1/80 | ISO8000

雨の空港では撮影をしている人は疎らです。そんな雨の日にこそ・・・ 機体に付いた水滴が美しいです。

葛西臨海公園にて
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F2.8 | 1/800 | ISO500

次は筆者初の試み、「野鳥」の撮影に挑んでまいりました。
「野鳥」といっても都心部では撮影地が乏しく被写体を探すのが難しいですが、
葛西臨海公園や東京港野鳥公園がそれを解決してくれました。
淡水エリアと、淡水、海水が混ざったエリアがある為、多くの種類の野鳥に出会えます。


東京港野鳥公園にて
Canon EOS R + EF-EOSR + EF1.4×Ⅲ + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
640mm | F4.0 | 1/1000 | ISO200

EFレンズにはたくさんの望遠レンズのラインアップがありますが、その多くにテレコンバーターを使うことが可能です。
今回はテレコンバーターのうち、「エクステンダー EF1.4×Ⅲ」を使用。
簡単に焦点距離を1.4倍に変更することが出来ます。伴ってF値は1段下がります。
EOS Rにつけると2つのアダプターを付けることになりますが、問題なく動作しました。
※エクステンダーには対応レンズ、対応機種が細かく設定されています。


東京港野鳥公園にて
Canon EOS R + EF-EOSR + EF1.4×Ⅲ + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
560mm | F4.0 | 1/1000 | ISO100

遠く、小さな被写体でも、EOSRの細かい測距点を活かし俊敏なピント合わせができます。
AFエリア任意選択時は、横87×縦65の5655ポジションのAFフレーム選択可能ポジションから任意の位置を指定できます。
これにより、よりきめ細かいピッチで滑らかに測距点の移動が可能です。


葛西臨海公園にて
Canon EOS R + EF-EOSR + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
400mm | F2.8 | 1/200 | ISO400

雨の日は野鳥との距離が近いといいます。木の実を加えるヒヨドリをトリミングで更に寄ってみました。


東京港野鳥公園にて
Canon EOS R + EF-EOSR + EF1.4×Ⅲ + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
560mm | F4.0 | 1/500 | ISO250



東京港野鳥公園にて
Canon EOS R + EF-EOSR + EF1.4×Ⅲ + EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
560mm | F4.0 | 1/800 | ISO160

今回EOS Rで長望遠レンズを使って撮影するのにあたり、AFやファインダーの面がないか心配でした。
ファインダーに関して、単写であれば問題はありませんが、連写をするとラグが非常に気になります。
この様なラグがあると遠い被写体をファインダーに収めて撮影するのが難しく、慣れ必要です。
ファームアップ等で対策がなされると、更に撮りやすくなると筆者は思いました。
しかしながら、AFの面では多数の選択可能な測距ポジションにより、
被写体をピンポイントに測距しやすくなるため、狙い通りにピントが合わせられます。



▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月28日 21時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
null 【Canon】 日本で一番高い山 ~いい写真の予感がする。vol.6~ 2019年03月31日
f/6.3 シャッタースピード 1/1600 ISO感度 100 今回はCarl Zeiss の新型レンズ。 鳥の名を冠したシリーズから 「Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 ZE」です。 レンズ構成:11群14枚 (絞り羽根:9枚) 最短撮影距離:0.3m(最大撮影倍率:0.18) フィルター径:72mm  重量:1080g さて、日本で一番高い山が間近に見える遊園地です。 冬の遊園地は人がまばらでアトラクションに乗りたい方はおすすめです。 とこれを書いたのは冬のある日ですが 今はもう春、桜が咲き始めました。 f/1...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]