【Canon】R Playing vol.03 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.03

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月03日 11時15分]




EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.8 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100


さて R Playing Vol.03
今回はCanonを持っている方であれば誰もが一度は手にするレンズ。
「 EF 50mm F1.8 STM」での撮影です。
「 EF 50mm F1.8 II」から絞り羽根の枚数(5枚→7枚)
接写距離(約36cm→約26cm) 駆動モーターがDCモーターからSTMに。
金属マウントへの改良もされました。

今回もまた曇天から始まります。
ピンポイントで曇る空、翌朝の青い空がぼやけて見えるのは
決して寝ぼけているからだけではないでしょう。


EOS R + EF50mm F1.8 STM


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/4.0 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100

いやぁ、写るなぁ。
と感心してしまいました。
正直曇天でテンションも撮影意欲も低気圧だったんですが
期待値を上回る写りでやかましくも心だけは晴れてきました。
どちらの写真も f/4.0 での撮影です。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/320 ISO感度 100

折角の開放値f/1.8なので。
開放からシャープ、を謳っているわけではないので解像力は十分。
ボケも背景に気を配ればスムースです。
さて、ここで Canonの純正現像ソフト DPP のレンズプロファイルを当ててみたいと思います。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/320 ISO感度 100

こういった光量が乏しい環境ではやはり周辺光量落ちも目立ちますが
御覧いただくと分かるようにかなり改善されます。
気になる方はレンズプロファイルを当てることをおススメいたします。
個人的には周辺減光もレンズの味として見ても面白いかなと思ってます。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.2 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


ガラス越しの被写体も
前ボケもガラスに写ったボケも嫌いではありません。
むしろ好きなほうです。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/8 シャッタースピード 1/60 ISO感度 400


F8まで絞り込みました。
このレンズの良さはコストパフォーマンスが底上げしてるだけだと思っていましたが
単焦点導入のレンズどころか携帯性の良さも考慮すれば
いつでも持ち出してしまいたくなるレンズではないでしょうか。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100

曇りだとふてくされていたら晴れてきたので
あたふたと出掛けてきました。

EOS R + EF50mm F1.8 ST
f/1.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.5 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100



EOS R + EF50mm F1.8 ST
f/4.5 シャッタースピード 1/100 ISO感度 100

このレンズの良いところは F値が明るいということです。
夜になってもこのレンズだけで撮影していける。
低価格で扱いやすい画角、明るいF値に小型軽量。。
先代のレンズが「撒き餌」レンズと呼ばれていました。
「撒き餌」だなんて聞こえが悪いかもしれませんが、むしろそう呼ばれるほどに
多くの人を写真の楽しさに引きずり込んだのかもしれません。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.5 シャッタースピード 1/400 ISO感度 400


ということで、RPLYING Vol.3 は「EF 50mm F1.8 STM」でした。
次回 Vol.4 では中望遠の入門レンズ「 EF 85mm F1.8 USM 」で撮影してきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月03日 11時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]