【Canon】R Playing vol.03 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.03

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月03日 11時15分]




EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.8 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100


さて R Playing Vol.03
今回はCanonを持っている方であれば誰もが一度は手にするレンズ。
「 EF 50mm F1.8 STM」での撮影です。
「 EF 50mm F1.8 II」から絞り羽根の枚数(5枚→7枚)
接写距離(約36cm→約26cm) 駆動モーターがDCモーターからSTMに。
金属マウントへの改良もされました。

今回もまた曇天から始まります。
ピンポイントで曇る空、翌朝の青い空がぼやけて見えるのは
決して寝ぼけているからだけではないでしょう。


EOS R + EF50mm F1.8 STM


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/4.0 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100

いやぁ、写るなぁ。
と感心してしまいました。
正直曇天でテンションも撮影意欲も低気圧だったんですが
期待値を上回る写りでやかましくも心だけは晴れてきました。
どちらの写真も f/4.0 での撮影です。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/320 ISO感度 100

折角の開放値f/1.8なので。
開放からシャープ、を謳っているわけではないので解像力は十分。
ボケも背景に気を配ればスムースです。
さて、ここで Canonの純正現像ソフト DPP のレンズプロファイルを当ててみたいと思います。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/320 ISO感度 100

こういった光量が乏しい環境ではやはり周辺光量落ちも目立ちますが
御覧いただくと分かるようにかなり改善されます。
気になる方はレンズプロファイルを当てることをおススメいたします。
個人的には周辺減光もレンズの味として見ても面白いかなと思ってます。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.2 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


ガラス越しの被写体も
前ボケもガラスに写ったボケも嫌いではありません。
むしろ好きなほうです。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/8 シャッタースピード 1/60 ISO感度 400


F8まで絞り込みました。
このレンズの良さはコストパフォーマンスが底上げしてるだけだと思っていましたが
単焦点導入のレンズどころか携帯性の良さも考慮すれば
いつでも持ち出してしまいたくなるレンズではないでしょうか。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100

曇りだとふてくされていたら晴れてきたので
あたふたと出掛けてきました。

EOS R + EF50mm F1.8 ST
f/1.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.5 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100



EOS R + EF50mm F1.8 ST
f/4.5 シャッタースピード 1/100 ISO感度 100

このレンズの良いところは F値が明るいということです。
夜になってもこのレンズだけで撮影していける。
低価格で扱いやすい画角、明るいF値に小型軽量。。
先代のレンズが「撒き餌」レンズと呼ばれていました。
「撒き餌」だなんて聞こえが悪いかもしれませんが、むしろそう呼ばれるほどに
多くの人を写真の楽しさに引きずり込んだのかもしれません。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.5 シャッタースピード 1/400 ISO感度 400


ということで、RPLYING Vol.3 は「EF 50mm F1.8 STM」でした。
次回 Vol.4 では中望遠の入門レンズ「 EF 85mm F1.8 USM 」で撮影してきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月03日 11時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 2019年03月13日
EOS RPの発売までいよいよあと1日!! サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。 前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、 「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」 マウント:ライカ R レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚) 最短撮影距離:0.5m フィルター径:シリーズ6 質量:約330g (KIPON製レンズマウントアダプター使用) ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発...
続きを読む
null 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 3 2019年03月12日
 EOS RPの発売までいよいよあと2日! 『EOS R で遊んでみた!』というブログで、レンズマウントアダプターを介してオールドレンズでの撮影を紹介しているのですが、今回もその流れで遊んでみました。 「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」 マウント:ヤシカ/コンタックス レンズ構成:6群7枚(絞り羽根:6枚) 最短撮影距離:0.45m フィルター径:55mm 質量:約275g (KIPON製レンズマウントアダプター使用) かつて、カメラ小僧たちが一度は使ってみたいと憧れたカールツァイスの銘玉。 ...
続きを読む
Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM 雨の日でも旅行気分 2019年03月10日
今日は休日ですが、あいにくの雨。 気になっていた近所のトルコランプ屋さんに行って参りました。 天井は一面ランプだらけ。 こちらは煌びやかな香水瓶。 店内では写真を取り損ねてしまいましたが、こちらは衝動買いしてしまったチャイグラス。 この特徴的な模様はナザールボンジュウというもので、トルコでは神様、メドゥーサの眼をモチーフにしているそう。 メドゥーサの眼は悪意を持った者を石にしてしまう伝承があり、そこから転じて厄除けのお守りとして親しまれているそ...
続きを読む
【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 2019年03月09日
EOS RPの発売まであと5日となりました。 今回はEF-EOS Rアダプタを介してサードパーティーレンズ 「TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD」 レンズ構成:9群10枚 (絞り羽根:9枚) 最短撮影距離:0.2m(最大撮影倍率:2.5) フィルター径:67mm 質量:約480g こちらを使ってちょっとした街角スナップを楽しんできました。 撮影場所はオシャレな街「原宿」 f/1.8 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100 山手線、渋谷への道 隠しきれてないフェンスが不規則な明暗のコントラストを作り上げています。...
続きを読む
鉄板とM 【Canon】鉄板とM 2019年03月08日
まだまだ肌寒いですが、時折見せる春らしい日にわくわくしています。 そんな某日、私はKiss Mを持ってお好み焼きを食べに行きました。 非常に暗い店内でしたが、ブレずに撮影が出来ました。 手振れ補正が結構効いているのを実感しました。 鉄板と向き合い、グッと被写体に近づけたので 飛び跳ねる油に、レンズが汚れないか心配しました。 私事ですが、マヨラーなので焼きそばにもマヨネーズをかけます。 お好み焼きをひっくり返すのがうまくいくと、楽しいですね。 背面の液...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]