【Canon】R Playing vol.03 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.03

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月03日 11時15分]




EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.8 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100


さて R Playing Vol.03
今回はCanonを持っている方であれば誰もが一度は手にするレンズ。
「 EF 50mm F1.8 STM」での撮影です。
「 EF 50mm F1.8 II」から絞り羽根の枚数(5枚→7枚)
接写距離(約36cm→約26cm) 駆動モーターがDCモーターからSTMに。
金属マウントへの改良もされました。

今回もまた曇天から始まります。
ピンポイントで曇る空、翌朝の青い空がぼやけて見えるのは
決して寝ぼけているからだけではないでしょう。


EOS R + EF50mm F1.8 STM


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/4.0 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100

いやぁ、写るなぁ。
と感心してしまいました。
正直曇天でテンションも撮影意欲も低気圧だったんですが
期待値を上回る写りでやかましくも心だけは晴れてきました。
どちらの写真も f/4.0 での撮影です。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/320 ISO感度 100

折角の開放値f/1.8なので。
開放からシャープ、を謳っているわけではないので解像力は十分。
ボケも背景に気を配ればスムースです。
さて、ここで Canonの純正現像ソフト DPP のレンズプロファイルを当ててみたいと思います。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/320 ISO感度 100

こういった光量が乏しい環境ではやはり周辺光量落ちも目立ちますが
御覧いただくと分かるようにかなり改善されます。
気になる方はレンズプロファイルを当てることをおススメいたします。
個人的には周辺減光もレンズの味として見ても面白いかなと思ってます。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.2 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100


ガラス越しの被写体も
前ボケもガラスに写ったボケも嫌いではありません。
むしろ好きなほうです。


EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/8 シャッタースピード 1/60 ISO感度 400


F8まで絞り込みました。
このレンズの良さはコストパフォーマンスが底上げしてるだけだと思っていましたが
単焦点導入のレンズどころか携帯性の良さも考慮すれば
いつでも持ち出してしまいたくなるレンズではないでしょうか。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/1.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100

曇りだとふてくされていたら晴れてきたので
あたふたと出掛けてきました。

EOS R + EF50mm F1.8 ST
f/1.8 シャッタースピード 1/2500 ISO感度 100

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.5 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100



EOS R + EF50mm F1.8 ST
f/4.5 シャッタースピード 1/100 ISO感度 100

このレンズの良いところは F値が明るいということです。
夜になってもこのレンズだけで撮影していける。
低価格で扱いやすい画角、明るいF値に小型軽量。。
先代のレンズが「撒き餌」レンズと呼ばれていました。
「撒き餌」だなんて聞こえが悪いかもしれませんが、むしろそう呼ばれるほどに
多くの人を写真の楽しさに引きずり込んだのかもしれません。

EOS R + EF50mm F1.8 STM
f/2.5 シャッタースピード 1/400 ISO感度 400


ということで、RPLYING Vol.3 は「EF 50mm F1.8 STM」でした。
次回 Vol.4 では中望遠の入門レンズ「 EF 85mm F1.8 USM 」で撮影してきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年01月03日 11時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】R Playing  vol.04 【Canon】R Playing vol.04 2019年01月16日
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100 今回はプライベートでも最も愛用している画角、 中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。 レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13) フィルター径:58mm  重量:約425g 1992年生まれなので27歳。 今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。 持ってみるととにかく軽い。 ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。 毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので シテ...
続きを読む
【はじまる410 Graduation】体感型フォトムービー08『Hikari no Mori』 【はじまる410 Graduation】体感型フォトムービー08『Hikari no Mori』 2019年01月10日
【はじまる410ラストムービー】 まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』。 『はじまるトリップ ~ Hikari no Mori イルミネーションの森 ~』 今回の『はじまるトリッ...
続きを読む
【Canon】EOS Kiss Mと小さな相棒 【Canon】EOS Kiss Mと小さな相棒 2019年01月10日
Canon (キヤノン) EOS Kiss M +EF-M32mm F1.4 STM 焦点距離:32mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/800秒 ISO:100 あっという間にお正月が過ぎ、つぎは成人式が近づいてまいりました。 年末年始、みなさんはいかがお過ごしでしたか? わたしは三が日に一日休暇があったので、早朝に近所のとあるお稲荷さま、お地蔵さまを巡りました。 お共にしたカメラはエントリーミラーレス機 EOS Kiss Mと、明るい単焦点のEF-M32mm F1.4 STMです。 35mm判換算で51mmという人間の視野角に近い標準域なので、 ...
続きを読む
恋ごころ 【Canon】恋ごころ  2019年01月08日
今回はCanon EOS 6D MarkⅡのご紹介です。 なぜ写真を撮るのか。この問いに対する答えは、きっと数えきれないほどあるでしょう。 なぜ写真を撮るのか。私の答えは、「恋ごころ」だと思います。 例えば美しい海を撮りたいと考えたら、撮影に行く日が晴れなのか曇りなのかとそわそわし、 頭の中で理想の海を思い描きます。撮影自体も楽しみですが、その景色に出会うことも待ちきれない。 実際に撮影に赴けば、最高のスポットを探して歩き回り、「自分だけの場所」が見つかればとても嬉し...
続きを読む
null 【Canon】R Playing vol.03 2019年01月03日
f/2.8 シャッタースピード 1/80 ISO感度 100 さて R Playing Vol.03 今回はCanonを持っている方であれば誰もが一度は手にするレンズ。 「 EF 50mm F1.8 STM」での撮影です。 「 EF 50mm F1.8 II」から絞り羽根の枚数(5枚→7枚) 接写距離(約36cm→約26cm) 駆動モーターがDCモーターからSTMに。 金属マウントへの改良もされました。 今回もまた曇天から始まります。 ピンポイントで曇る空、翌朝の青い空がぼやけて見えるのは 決して寝ぼけているからだけではないでしょう。 f...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]