【Nikon】感謝を伝えるきっかけ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】感謝を伝えるきっかけ

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年12月19日 10時30分]



『Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2』
-言葉を写真に-

Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/200 ISO1600 WB AUTO


"あなただけの「ありがとう」を見つける"


クリスマスの音楽が街で流れる毎日…
理由となく心がワクワクしたり、ドキドキしたり、
逆に理由となく憂鬱になったり、複雑な気持ちになったり…

人それぞれ色々な気持ちにさせられる季節ですが、
いつもお世話になっている人へ、カタチで感謝を伝えるきっかけの1つだと感じております。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/320 ISO640 WB AUTO


今回は話題のNikonフルサイズミラーレス・有効画素数4575万画素のZ7と
ポートレートとして使われることの多い焦点距離・Milvus135mmのセットで撮影してきました。

Z7のグリップの握りやすさとZeissの持った時の質感が非常に私好みで、
装着した見た目もNikonらしさとZeissのクールさがマッチしていてかっこいいセットです。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2.2 1/500 ISO64 WB AUTO


レンズは重量が1kgもあるうえにピントリングがかなり重たく回しずらく…
繊細なピント合わせが可能なものの、
実際に合わせたいピンポイントのピント合わせが難しいこのレンズ。

ですが、驚くほど見やすいZ7のEVFとピーキングを使用することによって、
かなりピントが合わせやすくなりました。
ピントリングの太さを生かし、ヘリコイドリングの回転の絶妙な力加減を操って撮影するのが非常に楽しかったです。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/250 ISO1600 WB AUTO

そしてこのとろけるような自然なボケ感…
キレキレの箇所から徐々に広がってゆくボケの世界観がとても魅力的です。

Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/320 ISO800 WB AUTO

こちらの写真はチルト式のモニター画面をローアングルに動かし、
ピント合わせは画面モニターを拡大して撮影してみました。
この解像力に息を潜めてしまいそうです。

肉眼では見ることができない部分までこだわることができます…
操作系も迷うことなく親指で操作することができました。

Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/320 ISO64 WB AUTO


ピントの繊細さも自分でコントロールすることができること、
まさにMFの楽しさの醍醐味だと今回の撮影で痛感しました。
AFでは味わえないこの感覚…

また、あまりストレスを感じることなくピント合わせを
工夫しながら楽しむことができたのはZ7を使用したからでしょう…
創作しながら写真を撮ること、非常に楽しかったです。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/200 ISO1600 WB AUTO


毎日が当たり前すぎて、幸せすら幸せと感じなくなってしまう…
そんな当たり前の幸せを、たまには想い、"クリスマス"に甘えて、
「いつもありがとう」を伝えてみてはいかがでしょうか。



▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年12月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]