【Nikon】感謝を伝えるきっかけ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】感謝を伝えるきっかけ

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年12月19日 10時30分]



『Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2』
-言葉を写真に-

Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/200 ISO1600 WB AUTO


"あなただけの「ありがとう」を見つける"


クリスマスの音楽が街で流れる毎日…
理由となく心がワクワクしたり、ドキドキしたり、
逆に理由となく憂鬱になったり、複雑な気持ちになったり…

人それぞれ色々な気持ちにさせられる季節ですが、
いつもお世話になっている人へ、カタチで感謝を伝えるきっかけの1つだと感じております。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/320 ISO640 WB AUTO


今回は話題のNikonフルサイズミラーレス・有効画素数4575万画素のZ7と
ポートレートとして使われることの多い焦点距離・Milvus135mmのセットで撮影してきました。

Z7のグリップの握りやすさとZeissの持った時の質感が非常に私好みで、
装着した見た目もNikonらしさとZeissのクールさがマッチしていてかっこいいセットです。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2.2 1/500 ISO64 WB AUTO


レンズは重量が1kgもあるうえにピントリングがかなり重たく回しずらく…
繊細なピント合わせが可能なものの、
実際に合わせたいピンポイントのピント合わせが難しいこのレンズ。

ですが、驚くほど見やすいZ7のEVFとピーキングを使用することによって、
かなりピントが合わせやすくなりました。
ピントリングの太さを生かし、ヘリコイドリングの回転の絶妙な力加減を操って撮影するのが非常に楽しかったです。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/250 ISO1600 WB AUTO

そしてこのとろけるような自然なボケ感…
キレキレの箇所から徐々に広がってゆくボケの世界観がとても魅力的です。

Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/320 ISO800 WB AUTO

こちらの写真はチルト式のモニター画面をローアングルに動かし、
ピント合わせは画面モニターを拡大して撮影してみました。
この解像力に息を潜めてしまいそうです。

肉眼では見ることができない部分までこだわることができます…
操作系も迷うことなく親指で操作することができました。

Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/320 ISO64 WB AUTO


ピントの繊細さも自分でコントロールすることができること、
まさにMFの楽しさの醍醐味だと今回の撮影で痛感しました。
AFでは味わえないこの感覚…

また、あまりストレスを感じることなくピント合わせを
工夫しながら楽しむことができたのはZ7を使用したからでしょう…
創作しながら写真を撮ること、非常に楽しかったです。


Nikon Z7 + FTZ + Carl Zeiss Milvus 135mm F2 ZF.2
f/2 1/200 ISO1600 WB AUTO


毎日が当たり前すぎて、幸せすら幸せと感じなくなってしまう…
そんな当たり前の幸せを、たまには想い、"クリスマス"に甘えて、
「いつもありがとう」を伝えてみてはいかがでしょうか。



▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年12月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]