【Leica】新卒社員とLeica Vol.1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月20日 20時00分]



みなさまこんにちは。
新宿も少し寒くなってきたなぁと思っていたらあっという間に冬将軍の到来。
冬らしい厳しい寒さがやってきました。

今年はみなさまどのような一年でしたか?
弊社としては初めての新卒採用を行なった年でした。
4月に入社した新卒一期生たちも12月までの8ヶ月間、MapCamera店頭をはじめとする様々な部署で働いています。

入社するまで、あまりカメラを触ったことがなかったスタッフもいた新卒一期生。
そんな新卒一期生たちが今回Leicaを使って写真を撮ってきました!

個性豊かな新卒一期生たちは数多くのカメラの中でも特に著名な写真家に愛された
Leicaというカメラでどのような写真を撮ってきたのでしょうか。

今回をVol.1として4回に分けて更新していきます。
それでは、早速スタートです!

Leica Mモノクローム + Leica ズマレックス L85mm F1.5

みなさまこんにちは。
今回はLeica Mモノクローム(CCDセンサー)を使って撮影をしてきました。
CCDセンサーを採用しているもののカラーフィルターを搭載していません。
世にも珍しいモノクロしか撮影することができないカメラです。
「Leicaといえばモノクロ!」と思われる方も多いはず。私もそう思いこの機種を選びました。
そして、CCDセンサー特有の濃厚な描写も好きです。

Leica Mモノクローム + Leica ズマレックス L85mm F1.5

こちらはズマレックス L85mm F1.5にて撮影。
バルナックライカ時代のスクリューマウント(L39マウント)のレンズで、
開放ではふわっとしたハイライトの描写、そして少し絞ればシャープな写りをするレンズ。
一段絞ると少しハイライトが残りつつもキリッとした描写が楽しめます。

LマウントからMマウントへと変換して使用しました。
M型ライカには85mmのブライトフレームが無いので、28/90mm用のリングで変換。
シルバーの外観が何とも渋く、ちょっとマニアックなチョイスです。

ズマレックス。見た目のインパクトもさることながら、なんだか恐竜みたいな強そうな名前です。
…さて、写真にもどります。

Leica Mモノクローム + Leica ズマレックス L85mm F1.5

開放絞りの立体感も素晴らしいです。
85mmという中望遠なのも一役買っています。


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

続いてのレンズはズミルックス M35mm F1.4 2ndです。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

開放で撮影したのですが、この解像感。
そしてハイライトの少しふわっとした雰囲気がとても独特です。


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

いかがでしょう。解像力が高いだけでなく、その空気感も伝わってきます。
我が家の窓の汚れまで写っています…。驚きの解像力です。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

モノクロなので、黒猫を…と思い撮ってみました。
動き回る被写体には向きませんが、撮りたい!と思った瞬間にサッと構えて撮れるのはレンジファインダーの強みなのではないでしょうか。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leicaというカメラは、高級なカメラで少し敷居が高いというのが第一印象でした。
しかし実際に使ってみると、とてもフィーリングがよく
自分の周りで気になったものを素直に撮れ、日常に溶け込んで「瞬間」を切り取れるカメラだと感じました。

…それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後に我が家の猫ちゃんで。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Vol.2も楽しみにお待ちください!





〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月20日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]