【Leica】新卒社員とLeica Vol.1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】新卒社員とLeica Vol.1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月20日 20時00分]



みなさまこんにちは。
新宿も少し寒くなってきたなぁと思っていたらあっという間に冬将軍の到来。
冬らしい厳しい寒さがやってきました。

今年はみなさまどのような一年でしたか?
弊社としては初めての新卒採用を行なった年でした。
4月に入社した新卒一期生たちも12月までの8ヶ月間、MapCamera店頭をはじめとする様々な部署で働いています。

入社するまで、あまりカメラを触ったことがなかったスタッフもいた新卒一期生。
そんな新卒一期生たちが今回Leicaを使って写真を撮ってきました!

個性豊かな新卒一期生たちは数多くのカメラの中でも特に著名な写真家に愛された
Leicaというカメラでどのような写真を撮ってきたのでしょうか。

今回をVol.1として4回に分けて更新していきます。
それでは、早速スタートです!

Leica Mモノクローム + Leica ズマレックス L85mm F1.5

みなさまこんにちは。
今回はLeica Mモノクローム(CCDセンサー)を使って撮影をしてきました。
CCDセンサーを採用しているもののカラーフィルターを搭載していません。
世にも珍しいモノクロしか撮影することができないカメラです。
「Leicaといえばモノクロ!」と思われる方も多いはず。私もそう思いこの機種を選びました。
そして、CCDセンサー特有の濃厚な描写も好きです。

Leica Mモノクローム + Leica ズマレックス L85mm F1.5

こちらはズマレックス L85mm F1.5にて撮影。
バルナックライカ時代のスクリューマウント(L39マウント)のレンズで、
開放ではふわっとしたハイライトの描写、そして少し絞ればシャープな写りをするレンズ。
一段絞ると少しハイライトが残りつつもキリッとした描写が楽しめます。

LマウントからMマウントへと変換して使用しました。
M型ライカには85mmのブライトフレームが無いので、28/90mm用のリングで変換。
シルバーの外観が何とも渋く、ちょっとマニアックなチョイスです。

ズマレックス。見た目のインパクトもさることながら、なんだか恐竜みたいな強そうな名前です。
…さて、写真にもどります。

Leica Mモノクローム + Leica ズマレックス L85mm F1.5

開放絞りの立体感も素晴らしいです。
85mmという中望遠なのも一役買っています。


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

続いてのレンズはズミルックス M35mm F1.4 2ndです。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

開放で撮影したのですが、この解像感。
そしてハイライトの少しふわっとした雰囲気がとても独特です。


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

いかがでしょう。解像力が高いだけでなく、その空気感も伝わってきます。
我が家の窓の汚れまで写っています…。驚きの解像力です。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd

モノクロなので、黒猫を…と思い撮ってみました。
動き回る被写体には向きませんが、撮りたい!と思った瞬間にサッと構えて撮れるのはレンジファインダーの強みなのではないでしょうか。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Leicaというカメラは、高級なカメラで少し敷居が高いというのが第一印象でした。
しかし実際に使ってみると、とてもフィーリングがよく
自分の周りで気になったものを素直に撮れ、日常に溶け込んで「瞬間」を切り取れるカメラだと感じました。

…それでは今回はこのあたりで終わりたいと思います。
最後に我が家の猫ちゃんで。

Leica Mモノクローム + Leica ズミルックスM35m F1.4 2nd


Vol.2も楽しみにお待ちください!





〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年12月20日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]