【Canon】 EOS R で遊んでみた! その2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】 EOS R で遊んでみた! その2

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月20日 22時00分]


その2 ヤシカ/コンタックスレンズでクリスマスを撮ってみた

イメージです

「なんかクリスマスっぽい飾りが欲しい!」
ある日の夕食時、妻がぽつりとこぼした。
いわれてみれば、食卓にはカボチャの置き物が…

ハロウィンではない!!

あ、いや、あくまでカボチャの置き物であって、ハロウィンのしまい残しというわけでは……
「…わかりました。」


横浜の赤レンガ倉庫で「クリスマス マーケット」なる催しをやっているという妻の得た情報で、休みに出掛けることに。
赤レンガ倉庫には「ビール祭り(!)」的なイベントで今年何度か足を運んでいるけれど、クリスマスかぁ… 寒いしなぁ… あ、いや、いいですよ、行きましょう。


今回、アダプターを用いて Canon EOS R に装着するのは、ヤシカ/コンタックス マウントのレンズ。
その中でも、定番中の定番ともいえる カールツァイス プラナー 50mm F1.4 と ディスタゴン 28mm F2.8 の2本。

イメージです

カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

イメージです

カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8 AE

前回のライカMマウントのようなレンジファインダーカメラ用レンズのアダプターと異なり、一眼レフカメラ用レンズのためのアダプターは、少し全長が長くなります。
一眼レフカメラは内部にミラーがあるぶん、レンズ後玉からセンサーまでの距離がレンジファインダーカメラのレンズよりも長いので、ミラーレスカメラと一眼レフレンズをつなぐアダプターもそのぶん長くなるわけです。
大口径標準レンズの中では小柄なプラナー 50mm も、中望遠レンズくらいの長さになります。
でも、深めのグリップが効果を発揮し、EOS R 装着時のバランスはとても良い具合です。

さて、ではクリスマスの雰囲気を味わいに、いざ赤レンガ倉庫へ!
ただ、あいにくの曇り空、そして寒い…

寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

本当に寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
サンタさんもどこか寒々しいです…

ゲートをくぐって、並んでいるお店を見ると… あれ?

「なんか、食べ物屋さんばっかりだね…」と、妻。
確かに、入り口で手に入れたパンフレットを見ても、マーケットの大半は食べ物の屋台…
「なんか食べる?」
「う~ん、でも外だと寒いし、まずクリスマスの飾り見たいし…」
そうですか… ってか、ちゃんと事前に調べてこなきゃ… …まぁ、いいけど…

すごく寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
寒々しいです… でも、背景のボケ方はごく自然。 その中に溶け込むことなく像も浮き上がって見えます。

クルクル

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
絞り開放の被写界深度は非常に浅く、人形がクルクル回るたびにピントを外してしまいました。 粘って何枚か撮ったうちの1枚。

私、写ってます

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE


ずっと外にいるのも寒いので、赤レンガ倉庫内のお店を見にいきました。
でも、中のショップはいわゆる若者向け… ここでもお気に入りは見つからず、再び外へ。

サンタ!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
外は、あっという間に暗くなっていました。

お兄さん!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
マトリョーシカ売ってました。 明るいうちに見たときは、きれいなお姉さんが店番していましたが… 妻がそばにいたので、あとで撮ろうと思ったのに…
まぁ、お兄さんでも絵にはなりますが… ちっ…

マトリョーシカ!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

クルクル2

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
先ほどの人形も、照明が入っただけで全く雰囲気が変わりました。

……そういえば、ここまでずっと50mmで撮影していました。 寒くてレンズ交換を忘れていました。

ツリー!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8

カーン、カーン

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8
ツリーの前に鐘があり、子供たちが盛んに紐を引っ張って鳴らしていました。
カーン、カーン、カーン、カーン、カーン、カーン…… やりすぎです! せっかくのクリスマスの雰囲気が…

カーン、カーン2

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8
見上げれば、雲間から三日月が…
カーン、カーン、カーン…… ええい、やかましい!!

撮影に夢中になり、気が付くと、妻がいません… ……あ、あっちでにらんでる…

吊るしクマ

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
「ク、クマが吊るされてる…」 妻に見せ、機嫌を直してもらいました。

ワンコ!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
結局、帰りにゲート手前のショップで、記念のマグカップを1つ購入してマーケットをあとにしました。
妻が会計している間に、パチリ。 そういえば、小さなワンコいっぱいいました。 みんなインスタ映えを狙っていました。

帰りは、イルミネーションを見ながらブラブラと横浜駅まで歩いてしまいました。

寒い…

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8

寒い…
>
寒い…

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

家での夕食は、クリスマスらしく、おでん……
あったかい!!


おしまい










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月20日 22時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]