【Canon】 EOS R で遊んでみた! その2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】 EOS R で遊んでみた! その2

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月20日 22時00分]


その2 ヤシカ/コンタックスレンズでクリスマスを撮ってみた

イメージです

「なんかクリスマスっぽい飾りが欲しい!」
ある日の夕食時、妻がぽつりとこぼした。
いわれてみれば、食卓にはカボチャの置き物が…

ハロウィンではない!!

あ、いや、あくまでカボチャの置き物であって、ハロウィンのしまい残しというわけでは……
「…わかりました。」


横浜の赤レンガ倉庫で「クリスマス マーケット」なる催しをやっているという妻の得た情報で、休みに出掛けることに。
赤レンガ倉庫には「ビール祭り(!)」的なイベントで今年何度か足を運んでいるけれど、クリスマスかぁ… 寒いしなぁ… あ、いや、いいですよ、行きましょう。


今回、アダプターを用いて Canon EOS R に装着するのは、ヤシカ/コンタックス マウントのレンズ。
その中でも、定番中の定番ともいえる カールツァイス プラナー 50mm F1.4 と ディスタゴン 28mm F2.8 の2本。

イメージです

カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

イメージです

カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8 AE

前回のライカMマウントのようなレンジファインダーカメラ用レンズのアダプターと異なり、一眼レフカメラ用レンズのためのアダプターは、少し全長が長くなります。
一眼レフカメラは内部にミラーがあるぶん、レンズ後玉からセンサーまでの距離がレンジファインダーカメラのレンズよりも長いので、ミラーレスカメラと一眼レフレンズをつなぐアダプターもそのぶん長くなるわけです。
大口径標準レンズの中では小柄なプラナー 50mm も、中望遠レンズくらいの長さになります。
でも、深めのグリップが効果を発揮し、EOS R 装着時のバランスはとても良い具合です。

さて、ではクリスマスの雰囲気を味わいに、いざ赤レンガ倉庫へ!
ただ、あいにくの曇り空、そして寒い…

寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

本当に寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
サンタさんもどこか寒々しいです…

ゲートをくぐって、並んでいるお店を見ると… あれ?

「なんか、食べ物屋さんばっかりだね…」と、妻。
確かに、入り口で手に入れたパンフレットを見ても、マーケットの大半は食べ物の屋台…
「なんか食べる?」
「う~ん、でも外だと寒いし、まずクリスマスの飾り見たいし…」
そうですか… ってか、ちゃんと事前に調べてこなきゃ… …まぁ、いいけど…

すごく寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
寒々しいです… でも、背景のボケ方はごく自然。 その中に溶け込むことなく像も浮き上がって見えます。

クルクル

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
絞り開放の被写界深度は非常に浅く、人形がクルクル回るたびにピントを外してしまいました。 粘って何枚か撮ったうちの1枚。

私、写ってます

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE


ずっと外にいるのも寒いので、赤レンガ倉庫内のお店を見にいきました。
でも、中のショップはいわゆる若者向け… ここでもお気に入りは見つからず、再び外へ。

サンタ!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
外は、あっという間に暗くなっていました。

お兄さん!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
マトリョーシカ売ってました。 明るいうちに見たときは、きれいなお姉さんが店番していましたが… 妻がそばにいたので、あとで撮ろうと思ったのに…
まぁ、お兄さんでも絵にはなりますが… ちっ…

マトリョーシカ!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

クルクル2

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
先ほどの人形も、照明が入っただけで全く雰囲気が変わりました。

……そういえば、ここまでずっと50mmで撮影していました。 寒くてレンズ交換を忘れていました。

ツリー!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8

カーン、カーン

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8
ツリーの前に鐘があり、子供たちが盛んに紐を引っ張って鳴らしていました。
カーン、カーン、カーン、カーン、カーン、カーン…… やりすぎです! せっかくのクリスマスの雰囲気が…

カーン、カーン2

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8
見上げれば、雲間から三日月が…
カーン、カーン、カーン…… ええい、やかましい!!

撮影に夢中になり、気が付くと、妻がいません… ……あ、あっちでにらんでる…

吊るしクマ

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
「ク、クマが吊るされてる…」 妻に見せ、機嫌を直してもらいました。

ワンコ!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
結局、帰りにゲート手前のショップで、記念のマグカップを1つ購入してマーケットをあとにしました。
妻が会計している間に、パチリ。 そういえば、小さなワンコいっぱいいました。 みんなインスタ映えを狙っていました。

帰りは、イルミネーションを見ながらブラブラと横浜駅まで歩いてしまいました。

寒い…

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8

寒い…
>
寒い…

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

家での夕食は、クリスマスらしく、おでん……
あったかい!!


おしまい










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月20日 22時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]