Select Language

【Canon】 EOS R で遊んでみた! その2

[ Category: Canon|掲載日時:2018年12月20日 22時00分]

その2 ヤシカ/コンタックスレンズでクリスマスを撮ってみた

イメージです

「なんかクリスマスっぽい飾りが欲しい!」
ある日の夕食時、妻がぽつりとこぼした。
いわれてみれば、食卓にはカボチャの置き物が…

ハロウィンではない!!

あ、いや、あくまでカボチャの置き物であって、ハロウィンのしまい残しというわけでは……
「…わかりました。」


横浜の赤レンガ倉庫で「クリスマス マーケット」なる催しをやっているという妻の得た情報で、休みに出掛けることに。
赤レンガ倉庫には「ビール祭り(!)」的なイベントで今年何度か足を運んでいるけれど、クリスマスかぁ… 寒いしなぁ… あ、いや、いいですよ、行きましょう。


今回、アダプターを用いて Canon EOS R に装着するのは、ヤシカ/コンタックス マウントのレンズ。
その中でも、定番中の定番ともいえる カールツァイス プラナー 50mm F1.4 と ディスタゴン 28mm F2.8 の2本。

イメージです

カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

イメージです

カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8 AE

前回のライカMマウントのようなレンジファインダーカメラ用レンズのアダプターと異なり、一眼レフカメラ用レンズのためのアダプターは、少し全長が長くなります。
一眼レフカメラは内部にミラーがあるぶん、レンズ後玉からセンサーまでの距離がレンジファインダーカメラのレンズよりも長いので、ミラーレスカメラと一眼レフレンズをつなぐアダプターもそのぶん長くなるわけです。
大口径標準レンズの中では小柄なプラナー 50mm も、中望遠レンズくらいの長さになります。
でも、深めのグリップが効果を発揮し、EOS R 装着時のバランスはとても良い具合です。

さて、ではクリスマスの雰囲気を味わいに、いざ赤レンガ倉庫へ!
ただ、あいにくの曇り空、そして寒い…

寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

本当に寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
サンタさんもどこか寒々しいです…

ゲートをくぐって、並んでいるお店を見ると… あれ?

「なんか、食べ物屋さんばっかりだね…」と、妻。
確かに、入り口で手に入れたパンフレットを見ても、マーケットの大半は食べ物の屋台…
「なんか食べる?」
「う~ん、でも外だと寒いし、まずクリスマスの飾り見たいし…」
そうですか… ってか、ちゃんと事前に調べてこなきゃ… …まぁ、いいけど…

すごく寒かったです

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
寒々しいです… でも、背景のボケ方はごく自然。 その中に溶け込むことなく像も浮き上がって見えます。

クルクル

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
絞り開放の被写界深度は非常に浅く、人形がクルクル回るたびにピントを外してしまいました。 粘って何枚か撮ったうちの1枚。

私、写ってます

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE


ずっと外にいるのも寒いので、赤レンガ倉庫内のお店を見にいきました。
でも、中のショップはいわゆる若者向け… ここでもお気に入りは見つからず、再び外へ。

サンタ!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
外は、あっという間に暗くなっていました。

お兄さん!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
マトリョーシカ売ってました。 明るいうちに見たときは、きれいなお姉さんが店番していましたが… 妻がそばにいたので、あとで撮ろうと思ったのに…
まぁ、お兄さんでも絵にはなりますが… ちっ…

マトリョーシカ!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

クルクル2

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
先ほどの人形も、照明が入っただけで全く雰囲気が変わりました。

……そういえば、ここまでずっと50mmで撮影していました。 寒くてレンズ交換を忘れていました。

ツリー!!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8

カーン、カーン

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8
ツリーの前に鐘があり、子供たちが盛んに紐を引っ張って鳴らしていました。
カーン、カーン、カーン、カーン、カーン、カーン…… やりすぎです! せっかくのクリスマスの雰囲気が…

カーン、カーン2

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8
見上げれば、雲間から三日月が…
カーン、カーン、カーン…… ええい、やかましい!!

撮影に夢中になり、気が付くと、妻がいません… ……あ、あっちでにらんでる…

吊るしクマ

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
「ク、クマが吊るされてる…」 妻に見せ、機嫌を直してもらいました。

ワンコ!

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE
結局、帰りにゲート手前のショップで、記念のマグカップを1つ購入してマーケットをあとにしました。
妻が会計している間に、パチリ。 そういえば、小さなワンコいっぱいいました。 みんなインスタ映えを狙っていました。

帰りは、イルミネーションを見ながらブラブラと横浜駅まで歩いてしまいました。

寒い…

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス ディスタゴン 28mm F2.8

寒い…
>
寒い…

Canon EOS R + CONTAX カールツァイス プラナー 50mm F1.4 AE

家での夕食は、クリスマスらしく、おでん……
あったかい!!


おしまい










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category: Canon|掲載日時:2018年12月20日 22時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【E-M1 MarkIII】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【E-M1 MarkIII】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1Xと...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む
Canon + Zoo

【Canon】Canon + Zoo 【EOS 5DsR】[2020年02月14日]

皆様は、普段どれくらい動物園に足を運びますか。 大人になってみると、なかなか縁がないという方も多いかもしれません。 動物園は家族や親しい人と行く場所…そういった認識は、カメラと望遠レンズさえあれば覆すことが可能です。 敢えて申し上げるのであれば、カメラを持っているなら、望遠レンズを持っているなら、ぜひ動物園へ行きましょう。 ・動物園で望遠レンズ? 動物園のように...
続きを読む